温度調節でお悩みの妊婦さん必見!気温別マタニティコーデをご紹介♪

秋に入ってから急に寒い日が続いたり、かと思えば暖かい日があったりして、毎日の服装に悩むことがあります。特に、妊娠中はお腹をはじめ身体を冷やすのはよくありませんから、冷え対策をしっかりしたコーデにしたいですよね。でも、その日の気温によってコーデを考えるとなるとちょっと大変。そこで、今回は気温別のおすすめマタニティコーデをご紹介したいと思います。是非、毎日の天気予報と合わせてコーデの参考にしてみてくださいね。

毎日のコーデの参考に!気温別マタニティーコーデをご紹介♡

秋になってから急に寒くなって、本格的な冬を前に毎日何を着ようか悩むことが多くなりました。特に、妊婦さんにとっては冷えは大敵ですから、ことさら毎日のコーディネートは考えちゃいますよね。筆者も真冬の時期での出産だったので、ちょうど今頃の時期は大きなお腹を抱えて、毎日お腹を冷やさないために何を着ようか悩んでいました。

特に今の時期は、寒い日が続いたと思ったら、急に暖かくなったりしますし、外は寒いけれど室内は暑かったりするので、日頃の温度調節にも悩んでしまうことも多いと思います。

そこで今回は、毎日の天気予報を見て楽ちんコーディネートができるように、「20~25度」「15~20度」「10~15度」「5~10度」の4つの気温別のおすすめマタニティコーデをご紹介したいと思います。

暖かく暑さも感じることもある。20~25度台のおすすめコーデ

20~25度台の季節というと、ちょうど初夏や初秋など季節の変わり目の時期で日中がポカポカと暖かくて、中には動いただけで汗をかいてしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。

この時期はお外は暑くても、場所によっては屋内に入ると冷房が効いている場合もあるので、薄着をしているとちょっと寒いなと感じてしまうことがあるかもしれませんので、薄手のストールやカーディガンなどお腹を冷やさないために持ち歩くといいかもしれませんね。冷え対策だけではなく日除けにもなりますからおすすめですよ。

コーデのポイント

お腹が隠れるくらいの大きめのロングカーディガンだと日中ポカポカ陽気で暑くなってきたらカーディガンを脱いで半袖ワンピで涼やかに過ごして、肌寒く感じたらカーディガンを羽織ってお腹を冷えから守ることができるのでおすすめです。

また、トレンドカラーのベージュ系とブラックの組み合わせがカジュアルさもありつつスタイリッシュな着こなしに見えるのがポイント高いですよね。

場所によってはちょっと肌寒く感じる。15~20度台のおすすめコーデ

15~20度の気温は日向だとポカポカ暖かく感じますが、日が当たらない建物の影になるところはひんやり涼しく感じることもあり、風が吹くと余計に肌寒く感じることもあります。

薄手のニット地を使ったファッションコーデをしましょう♪上着とはいかなくとも寒さを感じた時にさっと羽織れて防寒できるもの、例えば厚手のストールがあるととても便利です。

コーデのポイント

こちらのコーデは、トップスが少し薄手の生地になっていてボトムスがニットスカートの組み合わせですが、ニットスカートがロング丈なのでちょうどお腹のあたりから足にかけてニットに包まれていますから寒さをシャットアウトできるので冷え対策には良いアイテムと言えると思います。そして、ボーダーとグレーというカラーの組み合わせ方も素敵ですよね。

また、首元にストールが巻かれていますが、首元を守るだけでも寒さの感じ方が違ってきますし、上半身が肌寒くなったらストールを移動させて羽織ることもできるのでおすすめです。

上着が恋しくなる。10~15度台のおすすめコーデ

気温が15度以下になってくると、外に出る時は何となく上着無しだと肌寒く感じてきて、そろそろ上着が欲しいと感じる場合も多くなってきます。でも、防寒用のコートだとまだちょっと早い気がする…という場合にモコモコニットのカーディガンを上着代わりにするのがおすすめです。

また、色の使い方で意識して暖色系カラーをコーデに取り入れると、見た目も温かく感じますし、優しく柔らかな印象にもなります。

コーデのポイント

こちらのコーデはモコモコなベージュのニットカーディガンと今年秋冬のトレンドカラーであるテラコッタカラーのマタニティスカートの組み合わせがとってもキュートです。ベージュとテラコッタカラーが暖色系なので、見た目も暖かく感じて優しい雰囲気が出ていますよね。

防寒機能があるコートと比べて、ニットカーディガンは動きやすく脱着もしやすいので、秋から冬に向かうまでの微妙な温度調節がしやすくおすすめです。

しっかり防寒したい。5~10度台のおすすめコーデ

気温が10度以下になるとお部屋の中でも暖房器具が活躍するようになり、上着を羽織らずにそのまま外に出るとかなり寒く感じるようになります。

お部屋の中では暖房の力のお陰で温かく過ごせるので、多少薄めのファッションでも大丈夫かもしれませんが、外出する時はお腹や身体を冷やさないためにしっかりと防寒できるコートやジャケットなどを着用したいですね。

コートを着るとモコモコして動きにくい…という方もいらっしゃるかもしれませんが、今は薄手で軽そうな感じでもしっかりと防寒してくれる機能性の高いアウターが様々なブランドから登場していますので、そういったアウターを取り入れてもいいかもしれません。

コーデのポイント

こちらのコーデの注目はアウターです。ダウンコートなんですが、シンプルなデザインでスタイリッシュな着こなしができますし、軽そうに見えるのにしっかり防寒してくれるという優れもののアウターなんです。

色がカーキなのでカジュアルなコーデにも使えますし、ブラック系のニットワンピなどと組み合わせると上品なコーデにも使えますし、いろんな着こなしが楽しめそうでおすすめです。

冷え対策をしっかりしながら可愛く素敵なマタニティコーデを楽しんじゃおう♡

今回は、5~25度までの気温を4段階に分けてそれぞれ気温別のおすすめのマタニティコーデをご紹介してきましたがいかがですか?

お住まいの地域によっては、既に外出する時はしっかり寒さ対策をしなくてはいけないエリアや冬の時期でも比較的暖かいエリアなどあるかもしれないのですが、とにかくお腹や身体を冷やさないようなコーデをすることがこれから冬の時期を過ごす妊婦さんには大切です。

是非、うまく温度調節しやすいファッションアイテムを取り入れながら、今の時期しか体験できない冬のマタニティコーデを楽しんでみて下さいね♡

「コーデ」「気温別」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!