Twitterで話題!ママの世界を変えた「#子供産んではじめて知った事」

子供を出産すると、世の中の全てのものに対しての見方がガラッと変わりますよね!今まで当たり前だったことが、急に当たり前ではなくなったり、急に周りの子供に目がいくようになったり、ちょっとしたことに「可愛い~!」と悶絶したり、Eテレの威力にただ感動したり…。そんな「#子供産んではじめて知った事」がTwitterで話題になっています。クスッと笑えたり、あるあるとうなずいたり。こちらから12選ご紹介したいと思います。

画像:www.pexels.com

子供1人でガラッと変わる世界

子供を産むと、それまでの生活や考え方など、世の中の見方が一遍にガラッと変わりますよね。子供がいるのといないのとでは、全く違う世界になります。

特に、育児を主にするようになるのは女性なので、ママの生活の変わりようは一目瞭然。子供を産むとそれまで厳しかった人も角が取れて丸くなるというように、性格まで変えてしまうから不思議です。

子供がいることで、良いように変わる点もあれば、逆にそれまでに比べると不便になることなど悪い点も出てきます。子供1人が親や周りに与える影響力はすごいですよね。

我が家もそうです。子供がいることで、大変なこともありますが、今まで知らなかった世界を見せてもらえていると感じています。

Twitterで話題の「#子供産んではじめて知った事」12選

そんな、子供がいることで初めて知った新しい世界についてを語った「#子供産んで初めて知った事」が、育児中のママを中心にTwitterをにぎわせています。

妊娠、出産、子育てを経験していく中で、今までの自分の考えを覆されたことってたくさんありますよね。そんなこと誰も教えてくれなかった!なんてことや、子育てあるあるなど、ママが子供を産んで初めて知った世界をご紹介いたします。

プレママは今後の育児の参考に、子育てママは共感しながら楽しんでみてください♪

1.休みがない!

発狂

子育ては大変とはよく聞くものの、産んでみるとその通り。ママに休みなんてないんです!土日?休日?いつなの?それって。新生児期は授乳に追われ、オムツ交換、風呂、離乳食に遊び相手。そこに家事も加わります。

毎週7連勤ですし、さらに言うなら24時間労働です。こんなに必死に働いているのに、残念ながら無休&無給。ひどいブラック企業です。でも考えてみれば、「親」というのは、人の命を預かる責任ある仕事。一時も休めませんよね。

2.おっぱい飲んでねんねして~♪は、嘘。

おっぱい

笑えるほど的確なツッコミです!おっぱい飲んでねんねして~♪はタヌキの世界の話なのか。人間の赤子は自分で寝てくれるなんてこと、奇跡に等しいぐらい寝てくれません!だから存在するんですよ、「寝かしつけ」っていう言葉は。

赤ちゃんが眠る、可愛らしい天使の寝顔は、ママの努力の賜物だったのです。私自身も、こんなにも赤ちゃんが眠ってくれない生き物だったなんて初めて知りました。

3.愛とは痛みを伴うものである

痛み

母の愛は「無償の愛」とよく言いますよね。しかし、その愛に痛みが伴うなんて誰が言いました?誰も言ってくれませんでしたよね。

産まれてきた我が子の可愛さは異常です!可愛いからこそ、泣けば抱っこしてどうにか泣き止ませ、寝かせるためにひたすら抱いてゆらゆらと揺れ続け、母の腕も腰も膝も愛が大きすぎて悲鳴を上げています。

その痛みすらも愛。愛は痛みを伴う。名言ですね。思い返せば陣痛の痛みほど辛いものはありませんでした。あの時、最大の愛が生まれたのですね。

4.同時期に出産した芸能人に親近感♡

テレビ

これ、すごく分かります!同じぐらいの月齢を持つママさんに会うと嬉しくなりますよね。月齢は違っても、学年は一緒~♡とか。

芸能人でも、同じ時期に出産した方を見るとものすごい親近感が湧きます!あの辛さを味わった仲間として、子育てを頑張っているママとして、その方のブログで子供の成長を一緒に見守っては「うちの子と一緒~♡」なんて、かなり一方的な仲間意識が働きます。

何なのでしょうね、この妙な親近感。SNSで繋がっている、遠くにいる友人みたいな感覚でしょうか。

5.新生児期のどうしようもなさと、世の中の温かさ

ハート

新生児期って過ぎてしまえば本当にあっという間なんです。でも、あの時ほど社会から孤立する時期ってないですよね。気づいたら1日誰とも会話していないことなんてしょっちゅうです。

1日中、話の通じない生き物を相手に、自分の睡眠時間すら削って付き合う日々。睡魔との戦い。体力的にも精神的にもキツイ時期です。首の座らない子供を支えての授乳や抱っこで、腕の筋肉も異常なくらいつきます!

しかし、大変な新生児期を過ぎて外に出ると、世の中の人ってすごく温かいんです。笑いかけてくれたり話しかけてくれたり。人の優しさや温かさを実感することってないですよね。温かい世の中って、良いものですよ。

6.「10分」の貴重さ

時間

子供を産む前に、こんなにも時間が貴重なものだと知っていましたか?私は知りませんでした。1日24時間では足りないと感じたのも初めてです。

たった10分、されど10分。子供に振り回されて、家事も自分のことにかける時間もビックリするぐらい取れないんです。10分でいいから時間をください!その気持ち、すごくわかります。

7.産前産後で変わる願い事

願う

産前の願い事といえば、自分のための欲ばかり。しかし、子供が産まれた途端に、自分のために願っていた欲は、子供優先に変わります。

自分の美貌は子供の健康に。自分のためのお金は子供が生きていくための資金に。自分の能力は最低限の生理的欲求に。自分の欲求を抑えてまで、こんなにも誰かのためを願うことなんてなかったですよね。

自分の幸せよりも他人の幸せを願うなんて綺麗ごとに思えますが、親子の関係とはそういうものだと気づかされます。

8.「子供の寝顔で疲れが吹き飛ぶ」は本当。

寝顔

どんなに疲れていても子供の寝顔を見れば疲れは吹き飛ぶ!これって子供を持つ人がよく口にしていましたよね。いくら可愛くても、それは例え話の世界でしょ?と思っていませんでしたか?

それが、本当に吹き飛ぶんです!体力的に吹き飛ばないにしても、精神的にはすごく癒やされます。どんなに大変なことも、「あぁ。この子のためにやっていたんだ。」そう感じられるんです。

普段お仕事を頑張ってくれているパパもこんな風に感じてくれているんですね。その気持ちを知ると、ママの疲れも吹き飛びます。子供の存在ってすごく大きいです。

9.いつまで見てても飽きない→いつもみていないと危険

いたずら

何をしている姿でも可愛い♡赤ちゃんって本当に可愛くていつまで見ていても見飽きないですよね。街で見かける赤ちゃんや友人の子など、赤ちゃんを見てはそう感じていました。もちろん我が子が産まれても。

しかし!見ていても飽きないは、すぐにいつも見ていないと危険に変わります!子供の発想って何をするかわからないんです。いつの間にかできないはずのことができていたり、取れないはずのものを取っていたり、食べ物じゃないものを口にしていたり。

大人だけの世界では気づかなかった危険が、子供のいる世界になった途端に、そこら中に溢れているのです。可愛くて目が離せない時期から一変、危なくて目が離せない時期はすぐに来ます!それだけ成長も早いということですね。

10.それでも子供は育つ!

成長

子供のために一生懸命ご飯を作ってもちっとも食べない。もう真夜中なのに、まだまだ寝る気配がない。子供とはこうあるもの、育児とはこうするもの!そう思って親は様々な工夫や努力をしますよね。

しかしながら、実際は育児書通りになんていきません。食べなくても寝なくても、親の心配をよそに、不思議なことに子供ってちゃんと育っていきます。子供を思うあまり肩に力が入りすぎていませんか?子供は親が思うよりもずっと逞しくできています。

ちょっと心配なことがあっても「大丈夫!」と、おおらかな気持ちで接するぐらいがちょうどいいのかもしれませんね。

11.自分がどれだけ愛されて育ったのか

親子

私も自分の親から常々、「親の気持ちは親になってからわかるよ」と言われ続けてきました。親の気持ちはわかっていたつもりなのですが、自分が本当に親になった瞬間、心から親のありがたみがわかりました。

子育てって可愛いだけではなくて、大変なこともたくさんあります。でも、親がどんな時も愛してくれたから、大きく育った今の自分があるんですよね。親への感謝の気持ち、それを気づかせてくれた子供にも感謝です。

12.こんなに愛おしくて可愛いものはない!

可愛い

これ、私が書いたのかな?と思うぐらいに感じたままを綴られています。人生で、陣痛を超える痛みは味わったことがないです!ですが、子供がうまれてから寂しいと感じたこともないです!たとえ些細なことであっても、子供の成長は本当に感動します!

音には敏感になりました。家事をしていても違う部屋にいても、小さな泣き声を瞬時に察知します!目覚ましの音をスルーしていた産前の自分からは信じられないぐらい、夜泣きの声に飛び起きます!

旦那は他人事…とまでは言いませんが、旦那への関心≦子供への関心になりました。とにかく、世の中にこんなにも愛おしくて可愛いものはありません!こんなにも私の世界に入り込んでくる存在、こんなにも自分を変える存在は、子供以外にないのです。

子供を愛する気持ちは、言葉には例えようがなく、なんと表現したらいいのかわかりません。それぐらい大きくて幸せな存在なんです。子供がいる世界、子供に対する気持ち、それ自体が「#子供産んではじめて知った事」ですね。

あなたの「#子供産んではじめて知った事」はなんですか?

家族

子供がいると、それまでと全く違うことばかりですよね。私たちの知らなかった新しい世界を見せてくれて、様々なことを感じさせてくれる子供。子供を産んで初めて知ったこと、それは私たち親自身の成長でもあります。

例えば、オムツの種類が豊富なことや値段、それだって子供を産むまでは知りませんでしたよね。絵柄は同じでいいから安くしてほしい!それって子供を産んだから感じたことであって、子供がいなければ気にも留めませんでしたよね。子育て支援センターがどんなところか、それも知りませんでした。

子供を産まなければ、こんなにも小さな子供相手に、本気でイライラする自分を知ることもなかったでしょう。世の中のママたちの大変さを知ることもなかったはずです。街で見かける親子のワンシーンを身近に感じることもありませんでした。

世の中の多くのことに目を向けるきっかけを作ってくれた子供に感謝です。あなたが「#子供産んではじめて知った事」はなんですか?子供ってたくさんのことを教えてくれる、人生の先生。親になったからといって私たちの成長が止まるわけではありません。子供を通して多くのことを学んで、親子で成長していきたいですね。

「#子供産んではじめて知った事」「ツイッター」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!