決め手はこれ!快適マタニティ&入院生活を送るための産院選び

妊娠した女性にとって最初の大仕事と言っても過言ではない病院選び。きれいなところや先生が優しいところ、入院食の評判や費用など。後回しになりがちですが、入院日数や選べる分娩方法なども大事なポイントですね。赤ちゃんとママの命に関わることなので慎重に選びたいけど、早めの予約が必要だったりして産院選びって本当に大変ですよね。私が産院を決めたポイントと妥協したところをご紹介しますので、産院選びの参考にしてみてくださいね。

私が出産する産院を決めるまで

私は地元ではない場所での出産だったため、まったく評判もわからず妊娠検査薬で陽性反応が出てからネットで産院探しをしました。ネットで評判の良いところに妊娠前も含め3件受診し、その中でも条件に合う産婦人科に決めました。

今まで産院にそんなにこだわりはなかったのですが、やっぱり産むなら安心できる先生のところで産みたいし、入院するならきれいで料理が美味しいところにしたい!など、色々悩んでしまいました。

妊娠10週頃、母子手帳をもらう頃に通院中の産院で出産するか聞かれたので、そこの産院に決めました。早めに予約しておかないと出産できなくなるということをその時初めて知り、驚きました。

産院選びの大事なポイント

マタニティ

私が選んだ産院は自宅からは近くなかったですが、評判の良い産院でした。先生をはじめスタッフの方がみんな優しく、マタニティヨガや母親学級、父親学級などクラスも豊富でした。また産後も入院中にエステをうけることが出来たり、ベビーマッサージや離乳食教室を開催してもらったり、他のママとの交流会などもありました。

4Dのエコー写真や動画などをSDカードに保存してくれるので、主人も毎回楽しみにしていました。産院は健診に夫婦で来てる方も多く、主人も一緒に来やすかったようです。全部屋個室で家族が泊まる時には布団を貸し出してくれたり、食事も用意してくれたりするので主人も産院を気に入っていました。

また、待合室に広めのキッズスペースがあったり、個室の待合室があったりして上の子のいるママさん達も退屈せずに待てていました。先生が急な手術などで長く待つ場合もあるので、待合室にたくさん雑誌が置いてあったりゆったり座れるソファがあったりするなどはよかったです。

私は特に希望がなかったのですが、無痛分娩など分娩方法に希望がある場合は大事なポイントになると思います。無痛分娩になると金額が変わるので、確認しておくと安心ですよ。

安心して出産できること

色々と参考にはしましたが、やっぱり先生との相性が決め手となりました。どんな質問でも優しく答えてくれ、些細なこともちゃんと説明してくれるので安心して出産できると思いました。

先生だけではなく看護師さんや助産師さんも優しく、悩み事の相談にも乗ってくれてメンタル面でもとても安心できました。退院後も栄養士さんが離乳食の相談に乗ってくれたりするので、出産だけではなく子育てまでフォローしてくれます。

設備もとても整っていて、タオルや飲み物はもちろん、化粧落としや化粧水、ヘアアイロンなども常備されており急なお産で荷物を忘れても、母子手帳さえあれば入院できました。

産院選びの妥協したポイント

ダイエット

産院と自宅との距離は車で30分くらいあったので、お腹が大きくなってからは主人に連れて行ってもらっていました。人気の産院だったため待ち時間が長い時もあり、妊婦健診以外で通院すると半日かかることもありました。

里帰り出産をしない予定だったので、母子同室で入院日数が5日間なのも不安でした。母子別室だと入院中にしっかりと休めるイメージもあり、悩んだポイントでした。

体重増加にとても厳しく、少し増えすぎると指導を受けました。また、出産前は最低でも毎日2時間は歩くように言われていました。臨月はどんどん体重が増え、大きいお腹で毎日散歩がとても大変でした。

実際に出産してみて思うこと

交流

妊娠中や産後にも通える教室があるのはとてもよかったです。同じくらいの月齢のママさんや赤ちゃんたちが集まるので、自然と仲良くなれました。引きこもりがちな妊娠中や産後を楽しく過ごせました。

体重増加に厳しかった分、産後は特にダイエットせずに体重が戻りました。またウォーキングしたおかげかお産の進みも早かったです。妊娠中は少しつらかったですが、自分の為になりました。

母子同室も赤ちゃんとの生活に慣れることができとてもよかったですが、もう少し入院期間が長ければ安心できたと思います。でも家族が一緒に泊まれるということもあり、第二子の時もそこで出産したいと思います。

出産は長い赤ちゃんとの生活の始まりです

新生児

妊娠中は大きいお腹で我慢することも多く、ストレスが溜まりますよね。私も出産したら美味しいものを好きなだけ食べることや身軽に動くことばかり考えていました。ですが、出産するともっとできないことだらけでした。息子を産んで半年になりますが最後に食べた一番美味しいものは、産院の食事だったので、病院の食事が美味しいのは意外と大事なポイントだと思っています。

産院で疲れた体をリフレッシュできたり、赤ちゃんとの生活への不安が解消できたりすることができると良いですよね。自宅に戻るとわからないことだらけで入院中にもっと聞いておけばよかったと思うこともたくさんありました。

困った事があった時に電話でも相談にのってくれたり、退院後も赤ちゃんの体重を測ってくれたりと出産で終わりではなく、その後のフォローまでしっかりしてくれる病院だと本当に安心です。

産院選びで後悔しないために

先生

赤ちゃんとママの命に関わる大事な産院選び、先生やスタッフさんが優しいことで決めましたが後悔はなかったです。特に入院中は先生や看護師さんには毎日会うので、困った時に相談できやすかったり些細な悩みを聞いてもらえたりしてよかったです。

私は出産から半年経ちますが産後も通えるヨガやベビーマッサージ、離乳食教室や交流会など、今でも産院に通っています。その際にお世話になった助産師さんが声をかけて下さったり、他のママさんと交流ができたりとリフレッシュできています。赤ちゃんが小さいうちはなかなか外に出れないですが、産院だと安心して行けます。

妊娠中、出産はもちろん入院中まで長く関わることになる産院です。大事なポイントはしっかり抑えて後悔しないように決めましょう。

「産婦人科」「選び方」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!