保育系学部のある学校をチェック!ママに嬉しい子育て支援

公園・児童館・支援センター…特に都市部では子供の遊び場は限られてしまうのが悩みになりがちです。そんなときは保育系学部のある学校のHPをのぞいてみませんか?保育系学部のある学校では保育士や幼稚園教諭を養成する一方で、ママに嬉しい子育て支援活動をしているところが多くあります。子供たちの遊び場を提供している以外にもワークショップや子育て相談を行うなど、それぞれの学校によって特色があるんです。

限られてしまう子供の遊び場。そんなときは?!

子育てをしていると「毎日の遊び場」に悩むことはありませんか?天気の悪い日は公園に行けないし、児童館や支援センターもマンネリになりがち…。かといって、ショッピングモールに入っているような有料の遊び場はそう頻繁には行けませんよね。

そんなときは「保育系学部のある学校」のHPをのぞいてみませんか?

実は、保育士や幼稚園教諭を養成している大学・短大・専門学校では、一般の親子(主に未就学児)向けの子育て支援を行っているところが多くあるんです。

遊び場を提供するだけでなく、ワークショップや育児相談など、その活動は学校ごとに特色があるんです。


お金をかけずに楽しめるのでとってもおすすめです。

子育て支援事業を行っている都内の学校・5校を紹介

「保育系学部のある学校」とひとくちに言ってもたくさんありますよね。実際に「東京・大学(短大)・保育士」で検索するとものすごい数の学校が出てきます。

今回はおすすめの都内の学校5校をご紹介します。

東京都市大学 

ママ 困る

2009年に東横学園女子短期大学と武蔵野工業大学が統合してできた東京都市大学。世田谷区の等々力キャンパスには東横女子短大時代に開設された子育て支援センター「ぴっぴ」があります。

施設内には自由に遊べるおもちゃや備え付けの滑り台がなどのほか、保護者がお茶を飲みながらお話しできるキッチンスペースがあるのでママ同士の交流もできそうです。また、床はコルク張りになっているので、子供たちが万が一転んでも大きなケガをしないよう配慮されています。

また、敷地内の学生食堂を利用することもできるのもポイントです。お家ともファミレスともフードコートともちょっと違った雰囲気の学生食堂。ママのリフレッシュにもなるかもしれませんね。

近隣の人だけでなく、誰でも利用できます。

基本情報

  • アクセス:東急大井町線等々力駅から徒歩10分
  • 利用料:1家族につき1日200円
  • おむつ替えスペース:あり
  • 授乳スペース:あり(キッチンコーナーを利用)
  • 開館日:平日10~16時・土曜日10~13時
  • 対象:未就学児(乳幼児~)
  • 予約:不要

東京都市大学 子育て支援センターぴっぴ

東京家政大学

大学 女子

幼児教育の名門ともいえる東京家政大学。板橋キャンパスにある「森のサロン」では、無料で遊べる「子育てひろば」やさまざまなイベント・講座があります。オリジナルの遊具や手作りのおもちゃで自由に遊ぶことができます。対象は0~3歳で、日によっては利用できる子供が月齢別に分けられていることがあるので注意が必要ですが、まだ月齢の小さいお子さんのママにとってはうれしい配慮ですね。

平日だけでなく、土曜日もキャンパス内の自然を利用したアウトドアイベント(予約制)などが企画されているので平日はお仕事をしているパパママも利用できます。また、学生さんによるお話会なども定期的に行われていて、予約不要・無料で参加できます。

「子育て広場」は予約不要ですが、予約制でイベントや講座、一時保育や子育てに関する個別相談も行っているのも特徴です。(利用する場合には有料のものあるので確認が必要です)

基本情報

  • アクセス:JR埼京線十条駅から徒歩5分
  • 利用料:「子育てひろば」無料(一時保育など有料のものもあり)
  • おむつ替えスペース:あり
  • 授乳スペース:あり
  • 開館日:平日10~16時(12~13時は閉館)
  • 対象:0~3歳
  • 予約:不要(※講座や一時保育は要予約)

東京家政大学ヒューマンライフ支援センター 森のサロン

星美学園短期大学

手遊び

北区にあるカトリック系短期大学。短大のキャンパスに併設して付属の幼稚園・小・中・高があります。星美学園短大が行っている子育て支援室「ピーノのへや」では、学生さんが主体になって手遊びや工作を教えてくれます。

季節のイベントにちなんだ歌や踊りを教えてくれるなど、工夫がこらされています。毎回プログラムが違うのでリピーターも多いようです。0~1歳のお子さんが対象なので、ハイハイ期のお子さんも安心して遊べます。

予約が必要で、一度の開催につき15組までと決まっているので比較的落ち着いて遊べる印象です。数人の学生さんのほかに、短大の教員も付き添っているので安心して参加できます。

基本情報

  • アクセス:JR赤羽駅から徒歩10分
  • 利用料:1回につき1家族100円
  • おむつ替えスペース:あり
  • 授乳スペース:あり
  • 開館日:月2~9回(主に月・水曜日)
  • 対象:0~1歳(未就園児の兄弟は同伴可)
  • 予約:要予約

星美学園短期大学子育て支援室 ピーノのへや

淑徳大学短期大学部

ベビーマッサージ

東京・埼玉・千葉にキャンパスがある淑徳大学。子育て支援を行っている短期大学部は板橋区の東京キャンパスにあります。こちらの学校の子育て支援は講座やワークショップが多いのが特徴です。

なかでも注目したいのがベビーマッサージ教室です。実際に短大で授業を行っている先生が担当するレッスンが500円程度で体験できます。ベビーマッサージ以外にも1歳児を対象とした遊びのプログラムや3~6歳児を対象にした絵本のワークショップなど、月齢・年齢別に楽しめるプログラムが組まれています。

ほかにも、予約制ですが無料の子育て相談も受け付けています。しかも、相談中は学生さんが託児対応してくれるとのことで、安心して日々の悩みを相談できますね。

基本情報

  • アクセス:東武東上線ときわ台駅から徒歩12分
  • 利用料:要確認
  • おむつ替えスペース:あり
  • 授乳スペース:あり
  • 開催日:要確認(HPにて発表)
  • 対象:2ヶ月~(ベビーマッサージ)・1歳(あそびのプログラム)・3~6歳(絵本のワークショップ)
  • 予約:要予約

淑徳大学短期大学部 子育ち応援ぷち・ぴち

白梅学園大学

遊び

小平市にある大学です。短期大学や付属の幼稚園も併設されています。白梅学園大学や短期大学にはそれぞれ子供に関する学部・学科が設置されていて、幼児教育を学ぶ学生が大勢います。白梅学園大学の子育て支援活動の特徴は「地域とのつながり」です。対象としているのは学校の近所に住んでいる親子なので参加できる人は限られてきますが、近所にママ友をつくるには絶好の場所かもしれませんね。

白梅子育て広場では、市内で子育て広場を運営しているNPOと協力してイベントを企画しているほか…小学生を対象にした学習支援や遊び場の提供、高齢者と子供が接する機会をつくるイベントなども開かれています。付属の幼稚園の園庭開放や乳幼児を対象にした「あそぼうかい」などは近所に住むママは気軽に参加できそうです。

基本情報

  • アクセス:西武国分寺線鷹の台駅から徒歩15分
  • 利用料:要確認
  • おむつ替えスペース:あり
  • 授乳スペース:あり
  • 開催日:要確認
  • 対象:0歳~高齢者
  • 予約:要確認

白梅学園大学 子育て広場

うちの近所には…?近くの保育系学部のある学校をチェック!

ママ うれしい

学生時代が過ぎるとつい足が遠のいてしまいがちな大学・短大。実は一般向けに様々な取り組みをしているところがとても多いんです。なかでも保育系学部のある学校は親子向けの取り組みやイベントがたくさん。今回ご紹介したのはほんの一部です。皆さんの近くの学校でも子育て中のママに嬉しいイベントが行われているかもしれませんよ!有料の場合でも数百円のところが多く、あまりお金をかけずに楽しむことができます。

ちなみに、特に目立った取り組みをしていない学校でも、「赤ちゃんの駅」として授乳スペースやおむつ替えスペースを提供しているところもあるんです!出先で急に必要になったときに知っておくと役に立ちますね♪

お近くの保育系学部のある学校、ぜひ一度HPをのぞいてチェックしてみてはいかがでしょうか。

「子育て支援」「保育系学部」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!