冬こそ家族で行きたい!イルミネーションお役立ち情報&おすすめスポット

冬と言えば、イルミネーションが綺麗な季節!女性は好きな方が多いのではないでしょうか。クリスマスが近づくこの季節、街は鮮やかな光に彩られています。クリスマスをピークに早いところでは11月頃から長いところでは3月あたりまで、イルミネーションをやっているところは全国にたくさん。そんなイルミネーション、家族で見に行きたいですよね!そこで、家族で行くイルミネーションに役立つ情報とおすすめスポットをお伝えしたいと思います。

冬と言えばイルミネーション!冬はイルミネーションを輝かせてくれる季節♡

この季節になると、あちらこちらでイルミネーションイベントを開催しますよね!クリスマスが近づいた感じがして心もウキウキしてきます。でもなぜ冬にやるのか考えたことはありませんか?

その理由は、冬は日没が早いから。そして空気が澄んでいるからだそうです。冬至が近づくと16時を過ぎたあたりから一気に真っ暗になりますよね。暗くなるのが早いので、それだけ長くイルミネーションが楽しめます。

さらに空気が澄んでいるので、光がとても綺麗に見えるのです☆夏よりも綺麗に見えるからこそ、寒い冬にイルミネーションイベントが行われるんですね!せっかく見るなら綺麗に見える時に楽しみたいですよね♪

子連れイルミネーションを楽しむためのポイント!

子連れでの外出はどこに行くにも色々なことに気をつかいますよね。でもせっかくイルミネーションが綺麗なこの季節、やっぱり見に行きたいというのが本音ではないでしょうか。そこで、イルミネーションを見に行く際に気を付けたいポイントがあります。

①人ごみを避ける

人混み

イルミネーションの時期は、カップルなど大人で混み合います。人ごみの中に子供を連れて行くのは大変ですし、可哀想ですよね。できるだけ土日を避け、平日に行くことをおすすめします。

また、クリスマスシーズンは一番混み合いますので、時期をずらした方が少しでも人混みを避けることができます。時間も18時を過ぎると混み合う時間ですので、16時など、早い時間から開催しているところならば早めに行くなど、混みやすい時間帯を避けることが大切です。

イベントなどはやはりクリスマスが多いので、どうしてもの場合は行く時間で調整しましょう。混雑具合によってはベビーカーを畳んで、お子様は抱っこした方が安全です。

②防寒対策はしっかりと

防寒

イルミネーションは夜なので、日中に比べさらに冷え込みます。防寒対策はしっかりしていきましょう。

歩けば少しは体が温まりますが、ベビーカーに乗っているだけのお子さんは動かないので冷えやすいです。厚手のインナーやヒートテック、トレーナーにアウターなどしっかりと着込み、ボトムもヒートテックタイツやレッグウォーマーなどを活用し、重ね履きさせることをおすすめします。

さらに帽子や手袋、耳当て、ネックウォーマー、ブランケットなどで寒さから守ってあげましょう。長い距離でなければ、抱っこ紐の方が、ママもベビーもお互いの熱で温かいですよ。

大人より体の小さい子供は体が冷えるのも早いので、歩けるお子様でも同様に、防寒対策はしっかりとしてあげてください。室内から鑑賞できる場所があれば、室内から鑑賞しましょう。

持って行くと便利なアイテム

  • カイロ(低温やけどに注意しましょう)
  • スマホ対応手袋(写真撮影時に使えます)
  • 大きめのストール(着たり、子供にかけたりと重宝します。最悪は授乳ケープにも。)

③トイレや授乳室の位置を確認

トイレ

混み合う場所ですので、トイレや授乳室も混むことが予想されます。事前にトイレや授乳室の位置を確認していきましょう。

冬の屋外で冷えますので、必然的におしっこも近くなります。子供はなかなか我慢ができませんよね。子連れでイルミネーションを見に行く場合は、トイレの数が多い場所や、トイレの近い場所、または広すぎず、あまり歩かなくてすむ場所を選んで行くといいと思います。

④子供を飽きさせない工夫

買い物

大人は見ているだけで楽しいイルミネーションですが、子供はすぐに飽きてしまうかもしれません。飽きてしまった時には、近くに休憩できる場所や、子供の興味をひくようなものがある場所を選ぶことも大切です。

イルミネーション以外にも楽しめるものがある、テーマパークやショッピングセンターなどが子連れには行きやすいと思います。子供が嫌がるようなら潔く、イルミネーションは諦めて帰る心の準備はしていきましょう。

⑤食事を済ませる

食事

早い時間のイルミネーションを見に行く場合は難しいかもしれませんが、イルミネーションを見てから食事を摂ろうと思っていると、同様に見終わったお客さんで周囲の飲食店も混み合います。

イルミネーションの時間帯は、ちょうど普段の夕飯の頃ではないでしょうか。子供たちはお腹もすきますよね。また、食事を摂ってからの方が身体も温まるので、事前に摂れるようであれば摂ってから見に行くことをおすすめします。時間によっては軽食程度でもいいかもしれませんね

子連れでも楽しめる!イルミネーションおすすめスポット♡

夜景

家族で行きやすいイルミネーションスポットを探してみました。全国のたくさんの場所でイルミネーションイベントが開催されているので、ご紹介できるのは本当にごく一部となりますが、参考にしてみてください。

遠方の場合は宿泊も兼ねた家族旅行でもいいと思います。クリスマスシーズンを逃してしまっても足を運ぶことができるよう、開催期間の長いものの中からご紹介したいと思います。

(※各スポットの写真はイメージです)

よみうりランド ジュエルミネーション (東京都)

遊園地

世界的な照明デザイナー・石井幹子氏がプロデュースした、全7種類25色のイルミネーションが楽しめます。宝石がテーマになっているんですね。首都圏最大級の500万球もの宝石イルミネーションは圧巻です。エリア別に分かれて実施されるショーも10種類と豊富で、中でも話題のプロジェクションマッピングや、光と音と噴水のショーはとても綺麗で見応えがあります。

遊園地なので、子供は乗り物などのアトラクションでも楽しめます。トイレや食事の面でも安心ですね。実は食事もおいしいと評判なんです。一日がかりで楽しめそうですね。

基本情報

  • 場所:東京都稲城市矢野口4015-1 よみうりランド
  • 期間:2016年10月14日~2017年2月19日
  • 時間:16:00~20:30(12月17日~25日は~21:00)
  • 料金:ナイト入園料おとな(18歳以上)1200円・中高生およびシルバー600円・小学生300円※小学生未満無料、ナイトパス(入園料含)おとな2300円・高校生以下1700円

よみうりランド

東京ドームシティ Special Winter Experience (東京都)

夜景

「恋するイタリア 光の魔法を、アモーレたちへ」と題された今年のイルミネーションは、イタリアとのコラボレーションです。高さ約3mの「ピサの斜塔」や、『ロミオとジュリエット』の舞台「ジュリエットハウス」などロマンチックな演出に、パパママの雰囲気も盛り上がります。

ゆずの楽曲に合わせた光の演出や噴水の演出も素敵です。高機能センサー「キネクト」は人間の動作を感知し、イルミネーションと連動して変化するので、子供と一緒に楽しめますよ。

東京ドーム目の前の、ショップ、スパ、遊園地などの複合施設なので子連れも多く、子供も退屈せずめいっぱい遊べます。トイレや食事にも困りませんよ。

基本情報

  • 場所:東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティ
  • 期間:2016年11月10日~2017年2月19日
  • 時間:16:00~翌1:00
  • 料金:無料(アトラクションは別途料金がかかります。期間限定お得な特別チケットあり)

東京ドームシティ イルミネーション

京都イルミエール (京都府)

京都

約100万球のイルミネーションを融合させた和モダンな雰囲気が印象的に残りますね。こちらは関西最大級のイルミネーションで、和を取り入れた展示は京都ならではで独創的です。日本初のデュアルオーロラショーはヨーロッパから最新の技術を取り入れてダイナミックで見応えがありますよ。

温泉やアウトドアが楽しめる、るり渓温泉で開催されるので、豊かな自然も魅力的。イルミネーションだけでなく、温泉や温水プールでも遊べて、宿泊もできます。広場で日中も遊べますよ。

食事施設が本館のレストランのみなのでどうしても混み合います。時間の調整が必要ですが、子連れで疲れても、温泉や宿泊で疲れが癒やされるので、泊まりがけや日帰り温泉旅行にいかがですか。

基本情報

  • 場所:京都府南丹市園部町大河内広谷1-14 るり渓温泉ポテポテパーク内
  • 期間:2016年10月29日~2017年4月9日
  • 時間:日没~21:30(入場は16:30~21:00)
  • 料金:入場料大人(中学生以上)1000円・小人(4歳~小学生)500円・3歳以下無料(※1月9日までの土日祝・1月3日は大人1200円・小人600円)

京都 イルミエール

御殿場高原 ひかりのすみか時之栖イルミネーション (静岡県)

夜景

静岡県の御殿場高原にあるリフレッシュリゾート時之栖で開催されるイルミネーションです。毎年恒例の光のトンネルや噴水ショーはさらにパワーアップ!高さ70mまで上がる噴水と光のショーは優雅で迫力があります。

ソリや車、重機のイルミネーションは乗ることができるので小さな子供も喜びますよ。また常設の金魚やクラゲが泳ぐアートアクアリウムでも、展示とイルミネーションを融合しています。

リゾートなので、レストランあり、温泉あり、宿泊あり。さらにアクティビティも充実していて屋外で遊べる大型遊具(有料)のプレイグラウンドもあるので家族で楽しめます。近くにある御殿場アウトレットへシャトルバスで行き来できるので、日中はショッピングもいいですね。アウトレットには都内からも直行バスが運行されていますよ。

基本情報

  • 場所:静岡県御殿場市神山 時之栖
  • 期間:2016年10月29日~2017年3月20日
  • 時間:16:30~22:00(季節により変動あり)
  • 料金:第2会場 大人(中学生以上)1000円・小学生200円、第3会場 大人(中学生以上)1000円・小学生300円、第1・4・5会場は無料。(※1月29日までアクアリウム・食事など複数施設融合のお得なチケットあり)

御殿場高原 時之栖(ときのすみか)

ハウステンボス 光の王国 (長崎県)

筆者撮影

1300万球のイルミネーションが輝く世界最大級のこの光の王国は、まるで夢の世界。全国イルミネーションランキングで4年連続1位を獲得しているのも納得です。

火を噴き、搭乗もできる、世界最大の「光のドラゴンロボット」が新たに登場。高さ日本一のシンボルタワー66m地点から流れ落ちる「光の滝」の美しさは圧巻。展望タワーから見渡すイルミネーションは壮大で感動ものです。

水中イルミネーション「光と噴水の運河」を渡るカナルクルーズでは、園内のイルミネーションを鑑賞しながらのクルーズが楽しめます。街全体が光に包まれるのでどのエリアもテンションが上がりますよ。ショーの数も多く、プロジェクションマッピングも大人気!

テーマパークなのでアトラクションや様々な体験が楽しめる施設も豊富にあり、子供も全く飽きません。1日ではもったいないぐらいのスケールですので、園内や、近辺のイルミネーションを臨むホテルに宿泊して、リッチな家族旅行はいかがでしょうか?

基本情報

  • 場所:長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1 ハウステンボス
  • 期間:2016年10月29日~2017年5月7日
  • 時間:日没~営業終了(ハウステンボスの営業は9:00~22:00(最終入場は21:00)
  • 料金:1DAYパスポート(入場料+パスポート対象施設利用)大人6700円・中高生5700円・4歳~小学生4300円・シニア(65歳以上)6200円(※2月28日までの期間限定で、16時以降から使える冬のイルミネーション特別チケットあり)

ハウステンボス 光の王国

せっかくの絶景!スマホで写真を綺麗に撮るコツを伝授!

東京

せっかくのイルミネーションですから、綺麗に写真に収めたいですよね。スマホで写真を撮る方が多いと思うのですが、スマホではなかなか見たままの綺麗さが写真に撮れなくて残念な思いをしたことってないですか?ピンボケになってしまったり、うまくうつらなかったり。

そこで、ちょっとした工夫だけで簡単に写真を綺麗に撮ることができるコツをお伝えします。

①露出補正をプラスにする 。「HDR」モードや「夜景」モードで撮る。

画面

通常カメラのモードでは露出補正は±0の状態になっていますが、プラスにすると明るく綺麗なイルミネーションを撮ることができます。

しかし、i phoneなど露出補正機能のないスマホの場合は、「HDR」モードがおすすめです。この機能によって、明るい部分と暗い部分がそれぞれ最適に撮影した画像を合成するため、綺麗に写るのです。またシーン選択で「夜景」モードが選べる場合はこちらが最適です。

②ブレないように脇を締め、体を固定する

カメラマン

撮った写真がピンボケになったりブレブレだったりすると悲しいですよね。シャッターを切る瞬間が一番ブレやすいので、しっかりと脇を締めてカメラを固定しましょう。

何かにもたれかかったり、柵などに肘をついたりして、体が動かないようにすると綺麗に撮れますよ。手振れ防止機能がついていれば活用しましょう。

③アプリを使う

アプリ

最近では、夜や暗いところでの撮影に特化した専用のスマートフォンアプリもあります。そういったものを活用し、最適なモードで撮影をするのもいいですし、撮影後に自分好みに修正するのもいいと思います。目で見る以上に素敵に撮ることができるかもしれませんよ☆

家族みんなでイルミネーションを見に行こう!

キラキラ

冬の風物詩とも言えるイルミネーション、家族で見に行けば素敵な思い出になりますよ。子連れでは楽しめないと、テレビや車の中から見える景色で我慢していませんか?小さな子供と一緒でも楽しめる場所はたくさんあるので、クリスマスだけではなく、空気の澄んだ冬の間に是非足を運んでみてくださいね♪

子供たちと綺麗な光の世界のコラボレーションは、笑顔溢れる素敵な写真が撮れると思いますよ。パパママも恋人同士に戻った気分でロマンチックなデートを楽しんでみてください♡

「2016」「2017」「イルミネーション」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!