インパクト大なイラストで楽しい!白目向き子さんの子育てマンガがおすすめ

インスタグラムに絶賛投稿されている「白目向き子(@shiromememe)さん」の子育てマンガが面白いとママ達から人気を集めているのをご存知ですか?2歳と0歳のママである白目向き子さんが日々の出来事から子育てにまつわる話をかなりインパクトのあるイラストで紹介しているんです。マンガに登場する白目向き子さんをはじめ、お子さん達や旦那様、そして、じぃじやばぁばたちも登場していて、とても楽しいマンガなんですよ!

画像:www.instagram.com

インスタグラムで大人気!「白目向き子さん」ってどんな人?

インスタグラムに投稿されている「白目向き子(@shiromememe)さん」の子育てマンガがママ達の話題になっています。ネーミングにインパクトがある白目向き子さんは、2歳のもっくんと0歳のうーたんのママさんで、日常の出来事や育児にまつわるエピソードをイラストで綴っているのですが、イラスト自体もかなりのインパクトがあるんです。

また、マンガの中にはお子さんたち以外にも旦那様やじぃじとばぁばが登場するんですが、皆さんとにかくキャラが際立っていて見ているだけで楽しいご家族です。

思わず見入ってしまう!「白目向き子さんの子育てマンガ」をご紹介

白目向き子さんの子育てマンガは日常生活や子育てにまつわるの出来事をテーマに綴られています。インパクトのあるイラストも人気ですが、話の内容もどこの家庭でも起こりうる出来事なので思わず共感してしまうことも多いですよ。

そこで、インスタに投稿されている白目向き子さんの子育てマンガの中からおすすめのマンガをいくつかご紹介します。

あの高級な…

ばぁばからパンパースの中でも高級な白のパンパースを貰ってセレブな気分の白目向き子さん。娘のうーたんに履かせようと手にした瞬間からソフトな肌触りに気分も一気にハイテンションになりますね。

でも、赤ちゃんっておむつを変えたと思ってもすぐに汚してしまいますよね。そんな娘ちゃんを前につい勿体無いと思ってしまう白目向き子さんの気持ちもわかります。

秘密のフォルダ

子供が大きい方をしている時の姿をスマホで撮って保存しているというママは結構多いのではないかと思います。ちょっとした時に見返すと何だかほのぼのした気分になりますよね。でも、専用フォルダを作ってしまうところはさすが白目向き子さんですね。

白目向き子さんも「踏ん張っている姿がめっちゃ可愛い」と言っていますが、恥ずかしそうにしながらも頑張っている姿はかなり萌えてしまいますね。

行き先はもちろん…

一度楽しいところを覚えちゃうと行きたくなりますよね。特に子供が大好きなアンパンマンのキャラクターがいっぱいのアンパンマンミュージアムは毎日行っても飽きないでしょうから、「休みの日はアンパンマンミュージアム!」と言いたくなる気持ちもわかりますよね。

当日ではなく翌日に行こうと言っているところが何とも謙虚で可愛いですよね。しばらくはアンパンマンミュージアム通いが続くのかな?

謝る時の必需品

これまでごめんなさいがなかなか言えなかったのに、おもちゃ片手にでも「ママ、ごめん」と言われたら、ママは嬉しいですよね。

でも、息子君はもしかしたら、鳥さんでママの頭を叩いても謝ったら怒られないのかと思ってしまっているかもしれませんね。息子君、ほどほどにしないと後々怒られてしまいますよ。

息子君の劇的変化に…

これまで出来なかったことが目の前で子供がすんなり動いているのを目にすると親としては感動ですよね。アンパンマンマジックもあるかもしれないけれど、それでも出来るようになるというのは子供自身も嬉しいのではないでしょうか。

しかも、集団の中で踊れただけじゃなくて、ちゃんとインタビューにもハキハキ答えているのがまた素晴らしい!読んでいて思わずジーンとしてしまいました。

メガネママあるある

これは、普段眼鏡をかけているママにしかわからない子育て中の大変な部分ですよね。子供は何にでも興味を持ちますから、自然と目の前にあるママのメガネにロックオンしてしまいますよね。

子供がある程度大きくなるまではメガネママには危険がつきもの⁉笑える話止まりならいいのですが、怪我をしないように注意したいものですね。

のんちゃんだったはずなのに…

「のんちゃん」が「おんちゃん」になって「おっちゃん」に変化していくのは、小さい子供だから言いづらさもあって仕方がないのかなとも思いますが…それにしても、最後のお二人の表情が何とも面白いことになっています。白目向き子さん、おっちゃんの風貌になっちゃってますよ!

息子君はもしかすると実際は「のんちゃん」と呼べるのに、「おっちゃん」と呼んで軽く楽しんでいるのかもしれませんね。ママの名前ちゃんと呼んであげてね。

いつもは買わないママが…

「そもそも私だっていろいろ買ってあげたい」という白目向き子さんの気持ちに同感なママさん、結構多いんじゃないでしょうか。買ってあげたいけれど、周りが買ってしまうからママは怒る役に徹さないといけなくなってしまうんですよね。

でも、買ってあげたおもちゃを息子君が握りしめながら寝ているなんて、買ってあげたママとしてはどんなことよりも嬉しい限りですね。

お風呂あがりに

赤ちゃんは特にまさかな行動をすることがありますから、無防備な格好でいるとかなり危ないですよね。とはいえ、子供と一緒にお風呂入る時は自分よりも先に子供の事をしなければいけないので、ついつい何も着ないままで動き回ってしまうことが多いですから、同じような経験をされたママもいらっしゃるかもしれません。

とにかくできる予防対策は、どんなに忙しくても着られるものはサッと着て子供のお世話、これが大切ですね♪

この借りはいつか必ず…

これもやっちゃうママ、意外といらっしゃるのではないでしょうか。赤ちゃんのおならも大人顔負けの結構大きな音なので、どっちがやったかって結構わからないものですよね。

とはいえ、喋れないから今は誤魔化すことが出来ますが、言葉を話し始めたらこの手が使えなくなってしまうので、ママもそろそろ気を付けないと!

ちょうどいいところにいるから…

うーたんは悪気はないんだと思います…ちょうどいいところにつかまりやすそうなお兄ちゃんのズボンがあっただけ、それだけだったんですよ。

とはいえ、結局うまくつかまりきれずにうーたんは床に頭を打ってしまうし、巻き込まれたお兄ちゃんも災難でしたね。笑ってしまうのは可哀そうだけど、とっても可愛いシチュエーションですよね。

ママが救われる言葉

子育てしていると褒めてもらったり優しい言葉をかけてもらったりすることは殆ど無いですよね。でも、同じ子育てをしてきたお母さんからこんな言葉をかけてもらえるなんて、素敵な関係ですし、白目向き子さんも良いお母さんをお持ちですね。

どんな時でも一生懸命に子育てされている白目向き子さんですから、息子君も娘ちゃんもママの愛情を日々たくさん感じているんだと思います。

実際に子育てマンガを読んだ方たちのコメントをご紹介♡

白目向き子さんの子育てマンガには毎回多くの方からのコメントが寄せられています。そこで、インスタに寄せられているコメントの中から一部をご紹介してみたいと思います。

絵のタッチや内容が素敵過ぎ!

感情

初めまして!絵のタッチもそうですが、内容が素敵過ぎて(;_;)(笑)勝手にフォローしてます♡ 出典: www.instagram.com

手書きならではだと思うんですが、絵のタッチが優しくてとっても柔らかな印象がありますよね。そして、どのマンガも日常のありふれた出来事なんですが奥深くて、物凄く共感できるものばかり。ついつい見入ってしまうママも多いと思います。

是非、このままスタイルを変えることなく、これからも楽しい子育てマンガを綴っていってもらいたいなと思ってしまいますよね。

感情移入してしまう

スマホ

うちにも1才の息子がいるので、感情移入して泣きそうになりました(>_<)いつも楽しく拝見させてもらってます☆ 出典: www.instagram.com

2歳と0歳の子供たちとの出来事が綴られているので、同じくらいの子供がいるママ達だと親としての思いだとか悩みだとか共感できる部分がたくさんありますよね。

また、コメント欄では白目向き子さんが寄せられたコメントに対して返信していることが多いので、そういうやり取りを大事にしているところもファンが多い理由なのかもしれませんね。

面白すぎて寝れない!

スマホ

面白すぎて寝れなくなりました(笑)♪是非フォローさせて下さい! 出典: www.instagram.com

イラストもインパクトがあるし、話の内容も本当に面白いので、読み始めちゃうと止まらなくなってしまうんですよね。夜寝る前に読んでしまうとなかなか寝られなくなってしまいますよね。

でも、それくらい楽しいというのが白目向き子さんの子育てマンガの魅力といえますよね。是非、時間をうまく作りながら楽しみたいですよね。

白目向き子さんと2人のお子さんのこれからがますます気になる!

2歳のもっくんと0歳のうーたんと白目向き子さんとの日々の出来事が、目の前で繰り広げられているかのようなリアリティのあるイラストで描かれていて、自分の子供との出来事をつい重ねて見てしまいますよね。

もっくんもうーたんもまだ小さいので、これからも白目向き子さんの子育て話は続いていくんだと思うのですが、是非これからも楽しい日常の出来事や子育てにまつわるお話をたくさん紹介してくださいね♡

※記事内の写真・動画はすべて掲載許可を得ております。

白目向き子(@shiromememe)さんの子育てマンガ

「子育てマンガ」「インスタ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!