冬の寒さはダウンジャケットで!WEARで見つけた暖かコーデ10選

だんだんと寒さが厳しくなってきたきましたが、皆さんは風邪を引いてはいないでしょうか?そろそろ本気で冬の準備が必要になってきましたね。寒い冬に子供と外出は、ママには辛いものがありますよね。そんなママの味方!真冬の寒さから身を守ってくれる、最強のアウターといえばやはりダウンではないでしょうか!寒くて家にこもりがちな今だからこそ、温かいダウンを着て、子供と一緒にお出かけしてはいかがでしょうか?

冬本番!あると嬉しいダウンジャケットの魅力

そろそろ冬本番の季節になってきましたね。真冬の準備は整っているでしょうか?冬は寒くてなかなか外に出られない…なんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?子供は寒くても関係なしに外へ行きたがり、ママとしてはつらい季節かと思います。

寒い今の時期、ママの味方になってくれる最強のあったかアウターがダウンです。寒い日でもきっと、快適なママライフを満喫できる事でしょう。寒い日も子供と一緒にたくさんお出掛けをしましょう。

では実際にダウンのどこが魅力なのかご紹介していきたいと思います。

とにかく保温性が抜群

温かい PIXTA

ダウンはとにかく保温性がとても高いアウターです。ポリエステルやフェザーとは違い、柔らかく空気を多く含むので温かさに大きな違いがあります。空気は断熱にむいており、外の空気と中の空気の熱を遮断してくれる働きがあります。

インナーはそれほど着こまなくても暖かいので、よりこなれ感がでてコーディネートが楽しめそうです。

2.他のアウターに比べて軽い

ダウンジャケット PIXTA

ダウンは綿毛のようなふわふわした見た目をしており、ポリエステルやフェザーよりも軽いです。

ふわふわの綿毛のようなものが入っているので、それは軽いに違いないでしょうね。軽いとごわごわした感じも少なく動きやすいというメリットもあります!

3.コンパクト収納もできる

荷物 PIXTA

ダウンは空気を大きく含むので、その分、小さく圧縮もできます。外から室内へ行って暑くなった時など、専用のバッグなんかを持ち歩いておけば他のアウターに比べてコンパクトに収納もできるので便利ですよね。

小さくなったダウンを出すときは、また空気を含ませれば元通りに戻るので簡単でかさばらず、子供とのお出かけにも嬉しいです。

今年の冬はこれで決まり!ダウンコーディネート10選

ダウンジャケットやダウンコートといっても最近はいろいろなデザインやカラーのものが出ており、お値段もさまざまですよね。実際にダウンを着るときのインナーやボトムスはどんなものを合わせたら良いのか悩みませんか?

ファッションアプリサイトWEARから、ママ向けダウンジャケット、ダウンコートのコーディネイトを今回は10個ご紹介いたします。どれも素敵なコーディネートですので、是非参考にしてみてください!

1.色味を統一してカジュアルで上品に

こちらは、UNIQLOのダウンジャケットを使ったコーディネートです。なんと、スニーカー以外すべてUNIQLOというお手頃な全身コーディネートになっています。

ポイントとしては全体の色味です。全体的に統一感がでていてカジュアルだけどどこか上品な印象になっています。デニムを合わせていますが、カジュアルすぎない印象に仕上げているので、ママ会やランチなどの時におすすめです。

2.タイトスカートと合わせてキレイめコーデ

DANTONのインナーダウンを着用しています。お値段は1万円台となっており、ダウンとしてはお手頃価格です。

少しアウトドアチックな印象のジャケットですが、タイトなスカートを合わせてキレイなコーディネートになっています。シンプルなノーカラージャケットなので、どんなコーディネートにも取り入れやすいアイテムかと思います。

もちろんインナージャケットとして使用もできるので、他のアウターと組み合わせてみたり、気温や天候によって使い方はいろいろできそうです。インナージャケットはコンパクトにもなるので、家族で公園などの野外へお出かけの際におすすめなコーデですよ。

3.ボリュームは縦ラインですっきり

ボリュームのあるショート丈のダウンジャケットコーディネートです。ネイビーのジャケットにグレーのロングスカートを合わせている所が、女の子らしくカジュアルに仕上がっています。

ボリュームのある襟がポイントのジャケットは見た目からも暖かさが伝わります。ボリュームのあるジャケットにロングスカートを合わせると、全体的に大きく見えがちですが、プリーツ感のあるスカートを合わせることにより縦のラインができてすっきりと見せてくれます。産後崩れてしまった体系をカバーしてくれるので体形が気になるママにもおすすめです。

4.カーキダウンでカッコカワイイを演出

今季人気のMA-1チックなデザインのダウンジャケットコーディネートです。ボーイッシュなジャケットにロングのプリーツスカートで女性らしさをプラスしたカッコカワイイスタイルになっています。

色はカーキのジャケットにゴールド系のプリーツスカートを合わせて茶系でまとめています。黒のインナーニットと黒のシューズを合わせることによって、全体的に引き締まった印象になっています。

たまにはママらしさを消してみたい!という方におすすめのコーディネートです。

5.大人キレイ!オフィススタイル

ミドル丈のダウンをつかったコーディネートです。大きな襟がより一層上品さを醸し出してくれるジャケットになっています。ショートよりもカジュアルすぎずにコーディネートを作ることができます。

今季トレンドのハイウエストのワイドパンツはワイド過ぎないきれいなシルエットになっています。ウエスト部分のリボンが女性らしさをよりプラスしてくれています。

上品なコーディネートになりますので、仕事以外でもディナーへ行くときなど、普段と雰囲気を変えたい場合に最適なコーデですよ。

6.ベージュで可愛らしさ満点コーデ

腰まですっぽりと隠れるボリューム感のあるダウンジャケットです。ボリュームがありながらも着ぶくれしにくいスッキリシルエットになっているのが嬉しい1着です。

ベージュのジャケットは存在感が大きくコーディネートの主役です。膝丈のワンピースとベージュのジャケットを合わせて可愛らしさがひときわアップしています。

足元は黒でまとめて引き締め効果もあり、下半身が気になるママにもおすすめですよ。

7.ロングダウンはインナーをスッキリめに

Right-onと寝具メーカーのマルハチがコラボをして出したロングダウンジャケットのコーディネートです。ロングダウンはお値段も高くなりがちですが、こちらは1万円代で購入できます。

お尻まですっぽりと隠れるロングダウンは、全体的に重くなりがちなので足首を出して抜け感をプラス。スッキリとした印象です。こちらはニットを合わせていますがロングダウンは保温性が高く、インナーは全体的に薄着でも温かいので、子供が小さく走り回って大変!というママにおすすめです。

8.ロングインナーダウンをアウターに

人気の西川ダウンから、ロングのミリタリーテイストのインナーダウンが登場しました。全体的にダイヤキルトにしてあるので、カジュアル感を抑えつつ、抜け感と上品さがプラスしています。

ロングのスカートに合わせて縦長コーディネートになっていますが、大き目のピアスで目線を上にあげてくれるのでバランスがとってもキレイになっています。アクセサリー好きだけど、なかなかコーディネートに取り入れられないとお悩みのママにもおすすめですよ。

9.Xラインでメリハリ女子コーデ

ウエストが細くなっていてローマ字のXのようなシルエットになっているのが特徴のロングダウンジャケットです。ウエストが引き締まってすっきりと見せてくれる効果と女性らしさがひときわアップするシルエットが魅力的です。

細身のデニムパンツを合わせることによってよりスタイルアップ効果があります。女性らしいシルエットのジャケットに、デニムとリュックを合わせてカジュアルに仕上げています。ベージュのレースアップシューズがコーディネート全体を明るく仕上げてくれています。

ウエストラインを細くみせてくれるので、お腹周りが気になるママにおすすめです。

10.すっぽり包まれる!ビッグシルエットダウン

なんといってもこの大きいシルエットがとても暖かそうなロングジャケットです。膝上の丈で寒い冬の風から身を守ってくれること間違いなしだと思います。

ビッグシルエットのジャケットなので、インナーはすっきりと細身にして重すぎないようにバランスを合わせています。全体的には暗めの色を使っていますが、足首を見せたスタイリングで抜け感をだしていて暗い印象になりにくいのがポイントです。

フードのファーもポイントになっていてとても暖かそうです。とにかく寒いのが苦手!でも子供と公園で遊びたい!といった寒がりママ必見のダウンですね。

しまむらが主役のアウターコーデ10選!WEARにはしまむらアウターコーデがずらり♪

関連記事:

しまむらが主役のアウターコーデ10選!WEARにはしまむらアウターコーデがずら…

毎年トレンドのアウターが欲しくなりますが、アウターは高いのでなかなか毎…

あなたらしさを取り入れて、快適冬のママライフを

どれも素敵なコーディネートばかりでした。ショートダウン、ロングダウンと様々なダウンをご紹介いたしましたが、お気に入りのコーディネートは見つかりましたでしょうか?

合わせるアイテムによって、さまざまな印象のコーディネートをつくることができるダウンは一着あるととても重宝しそうですよね。インナーやボトムスを工夫して、お気に入りのダウンでたくさんのコーディネートを楽しんでみてください。また、自分らしさを取り入れるのもお忘れなく!

冬は何かとイベントも多く、1年間の中でも忙しい季節かと思いますこれからより一層寒い冬が待っていますが、ダウンを着て快適にハイセンスで暖かく、楽しい冬のママライフを是非お送りください。

「WEAR」「ダウンジャケット」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!