提供:公文教育研究会

「絵本の読み聞かせ」でママの不安を解消!?親子のやりとりにはコツがあった!

家事や子どものお世話で過ぎていく毎日。子どもとたくさん遊んであげたいけれど、気付くといつも似たような遊びをしている…。そんな風に思うママが多いのではないでしょうか。「これって子どもの成長にとっていいことなのかな?」「子どもは楽しめているのかな?」というママの不安を取り除くヒントが、「絵本の読み聞かせ」にあるんです!ちょっとした工夫で親子のやりとりが楽しくなる…そんなコツがあるなら、試してみたいと思いませんか?

amana images

毎日の過ごし方にマンネリ…これでちゃんと「ママ」できてるかな?

子育て中は、毎日子どもと2人きり。

子どものお世話をして、遊んで、合間に家事や買い物をする日々の繰り返し…。

「毎日の過ごし方って、これで大丈夫なのかな?」

育児中のママの誰もが、一度は疑問に感じたことがあるでしょう。

疲れ PIXTA

ずっと遊んだりするのは自分的にもつらくて…娘がかわいくないわけじゃないんですけど。ちゃんと母親になれてるか心配になっちゃうんです…
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
最近2人きりで遊ぶのにもマンネリというか、どんな遊び方をしたらいいのか悩んでいます。自分の体力もなく、午前中は家でグダグダしてしまう日が多いです。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

おもちゃを渡してもすぐに飽きてしまうし、かといって毎日外に連れ出す余裕はない…。

そんな悩めるママが「子どもとの時間を楽しく有意義に過ごす」には、実は【絵本の読み聞かせ】が最適なんです!

マンネリの打開策…それは「絵本の読み聞かせ」!

絵本 PIXTA

おすすめなのは、ずばり「絵本の読み聞かせ」!

と言われても、「えっ、そんなのいつもやっているけど…?」と思ったママさん。

絵本の読み聞かせのとき、お子さんへの接し方を意識したことはありますか?

読み方や見せ方を少し工夫するだけで、絵本の読み聞かせが「子どもの発達を促す時間」になっちゃうんです。

「自分で考える力」に結びつきます

親子 つみき PIXTA

子どもはお母さんとのやりとりによってコミュニケーション能力を高めていくといわれています。

白百合女子大学の田島信元先生によると、コミュニケーション能力は、将来的に「自分で考える力」に結びつくことが明らかになっているとのこと。

子どもが本来持っている「自ら学び・考える力」を鍛えていくためにも、親子で楽しくやりとりすることがコツなんですね!

親子のやりとりを手助けする「ベビークモン」って?

親子 笑顔 PIXTA

読み聞かせが子どもの発達に重要なことが分かりましたが、実際にどのようにすればいいのか気になるもの。

いつものやり方でいいのか、不安になるママもいるのでは?

「どのような絵本を選んだらいいのかな?」
「どうやったら子どもが興味を持ってくれるかな?」

そんな疑問を一気に解決してくれるのが、Baby Kumon(ベビークモン)なんです!

ベビークモンを詳しくチェック!

ベビークモンではいったい何をするの?

ベビークモンでは、絵本などの教材の使い方を先生がレクチャーしてくれます。

親子のやりとりのなかで、どのように子どもの興味を引くのか、わが子が何に興味をもつのか教えてもらいましょう!

教わったことは、時間があるときに家庭で実践。教材を使って語りかけたり、やりとり遊びをしたり。

次に教室に行くときは、1ヶ月のわが子の様子を先生と振り返りながら、やりとりや働きかけのアドバイスをもらいましょう。

無理のないスケジュールなので、誰でも気軽に始められますね!

できるときにできるだけ♪親子のペースで始めよう

うたや絵が刺激になる!オリジナル教材

ベビークモンで使う教材はすべてオリジナル。

まだ言葉が十分に理解できない0歳児も興味を持てるよう、くもんが厳選した教材なんです。

音やリズムから入る「うたぶっく&CD」や、言葉や絵で遊べる「やりとりぶっく」など、子どもの好みに合わせて遊び方を選べます!

絵本は、人気作家のオリジナル作品を集めているので、ストーリーやイラストのタッチが偏らないのもポイント。

成長に合わせて教材が変わっていくので、えんぴつやクレヨンを使ったり、かずを数えたりする要素を盛り込んだ教材も用意。

子どもの自立を助ける工夫も施されているので、入園準備にも安心です!

経験豊富な先生からアドバイスも!

ベビークモンの先生は、幅広い年齢の子どもを指導してきた経験があります。

子どもの主体性を尊重しながら、教材を最大限活かす使い方をレクチャーしてくれるんです!

無料お試しもある!まずは話を聞きにいこう♪

教室に行くのは月1回!忙しいママをサポートする場所

ママ 安心 amana images

ベビークモンは、家事や育児・仕事に忙しいママでも始められるよう、月1回の教室となっています。

習い事のように頻繁に通わなくても、家庭で「親子のやりとり」を実践できるから、月1回でも十分に効果が!

ベビークモンの日は、毎日がんばっているお母さんを応援する時間。

子どもだけでなく、ママをサポートしてくれる場所でもあるんです。

ママの味方になってくれる♪ベビークモンをチェック!

ベビークモンは、がんばるママを応援します♡

がんばるママ PIXTA

読み聞かせで絵本の魅力を知った子どもは、いずれ1人で本を読んでくれるようになるので、ママの時間をつくるきっかけにも◎

話を聞きに行くだけでもOKなので、毎日の過ごし方がマンネリ気味だと感じたママは、近くの教室を探してみてはいかがでしょうか?

近くの教室を探してみよう!