いいね200以上のみ厳選!WEARから今すぐ真似できる最旬ママコーデをご紹介

ユニクロやGU、ZARAなどのファストファッションで、手軽にトレンドを取り入れられる時代。子供に汚されても気にならないプチプラアイテムはママの味方です。しかし、他のママとアイテムがかぶってしまったり、毎日同じコーデになってしまったりするのが悩みのママも多いのでは?そこで参考になるのがWEARの「#ママコーデ」!10万件以上投稿されているママコーデから、いいね数200以上、春におすすめの最旬ママコーデをご紹介します。

迷ったらWEAR!気になるものがきっと見つかる10万件超のママコーデ

ママが毎日頭を悩ませること。コーデもその一つではないでしょうか?

ユニクロやGUなどのプチプラアイテムは、手軽にトレンドを取り入れられて値段もお手頃だけど、他のママとかぶりやすい。また、持っているアイテムを上手に着回せないため、いつも同じ服を着ているような印象になってしまう…。

そんなママの悩みを助けてくれるのが、人気アパレル通販サイト「ZOZOTOWN」が運営するサイト・アプリの「WEAR」です。WEARを使えば、今旬のコーデを人気順で検索することができるんです。

タグでの検索も可能なので、人気のママコーデを見たい方は、「#ママコーデ」で検索して「新着順」のタブを「人気順」に切り替えてみてください。「#ママコーデ」だけでも、2017年2月現在で10万件以上の投稿があるので、あなたの好きなコーデがきっと見つかりますよ!

最旬トレンドを取り入れたWEARの「#ママコーデ」厳選15名

今回は、10万件以上投稿された「#ママコーデ」の中から、200以上の「いいね」を獲得した、人気のママコーデを15名分ご紹介します。

今年の春に最適な旬のコーデをご紹介しますので、今日のコーデに迷ったときや、春物のお買い物をしようと考えているとき、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. 大注目の刺繍ブラウスは白×白で春らしく!・あゆ

この春すでに大注目の刺繍ブラウスをいち早く取り入れた、春らしいカジュアルコーデ。

刺繍ブラウスは、白地に白の刺繍のものを選ぶと、何にでも合わせやすく着回しが効きそうですね。しかも、袖がカットソー素材になっていてとても動きやすいんだそうです。抱っこなどで腕を動かすことの多いママにもぴったりですね。

上に羽織ったアイボリーのニットと、ダメージデニムも、淡い色合いで春を感じます。赤に近いレンガ色のバレエシューズが目立ちすぎないアクセントになっていてとても素敵ですね。

2. 桜みたいなピンク×ピンクはダークアイテムで引き締め・moyooonn

春に着たくなる色と言えばピンク!こちらは、ピンクを甘くなり過ぎないように上手に取り入れたママコーデです。

桜のように薄いピンクのニットと、コーデの主役にもなっているビビッドなピンクのバッグでグラデーションを作っているところがハイセンスで春らしいですね。

膝下丈のタイトなインディゴカラーのデニムスカートと、ブラックのスリッポンで、ピンクの甘さを緩和しています。ピンクが苦手というママも、ブラックや濃い目のネイビーを合わせると挑戦しやすいですよ。

3. トレンチをフーディーとカモフラでカジュアルダウン・みー

トレンチは、毎年春に大活躍するアウターですが、普段のママコーデにはちょっとかしこまりすぎてしまうように感じることもあります。

ママにおすすめなのが、このようなフーディーのスウェット合わせ。フードを襟から出した着こなしは、トレンチをいい感じにカジュアルダウンしてくれます。

スキニーの黒パンツと黒スニーカーでスッキリとまとめていますが、カモフラージュ柄のバッグをアクセントにしているところもクールですね。

4. イエローのスカーフバッグでモノトーンコーデにアクセント・NAna

白のリブニットワンピースは、春にぴったりのさわやかさ!シャツよりもあたたかく着られるので、まだ肌寒い日でも安心です。サイドの金ボタンがさりげないポイントになっています。

MA-1とコンバースは黒ですが、タイツとストールをグレーにすることで、全体的に春らしい柔らかい雰囲気が出ています。

そして、この春流行の兆しを見せているスカーフバッグ。柄と色味を最小限に抑えたコーデだからこそ、イエローの華やかなスカーフ柄が引き立っていますね。

5. フェミニンなブラウスとループのカーデでも甘くなり過ぎない・chimochii

春になると気になる、柔らかい素材のフリルブラウス。白のフリルブラウスも、デニム合わせなら甘くなり過ぎませんね。可憐なブラウスに合わせた薄いグレーのカーディガンも、モコモコとしたループの編み地がとっても可愛いです。

春デニムというと淡い色のものをチョイスしてしまいがちですが、あえて濃い目のインディゴカラーを選ぶことで、全体の甘い雰囲気に少し辛さを足しています。

さらに、黒のスニーカーと黒のバッグで、可愛いけれど甘すぎない春のママコーデに仕上がっていますね。

6. ピンクのニットワンピにベレー帽・サッシュベルトの最旬アイテム・Riiisa

こちらのコーデでは、春らしいピンクをリブニットのワンピースで取り入れています。昨年大人気だったリブニットのアイテムは今年の春も引き続きトレンドになりそうですね。

黒のサッシュベルトとベレー帽で、今年の春らしい流行もプラスしています。

甘くなりがちなピンクアイテムは、やっぱりダークカラーのアイテムで引き締めると、センス良く見えますよ。デニムジャケットもあえて濃い目のインディゴを選んでいるところが、ママでもピンクを上手に取り入れるコツですね。

7. デニム×カウチンがほっこり可愛い・よったん

素足にデニムワンピース。この服装ができるのは、春夏ならではですよね。白いスニーカーを合わせたさわやかコーデを見ると、早くあたたかくなってほしいな…と心から思います。

とはいえ、まだまだ肌寒い日も多いので、カウチン柄のカーデをオン。デニムとカウチンの組み合わせ、とても可愛いですね!

胸の赤いタグとネイルの赤をリンクさせたところもポイントだとか。さりげないところにまで気を配ったコーデ、ママなのに女子力が高すぎです!

8. ロングカーデ風に着こなしたワンピは白アイテムで春らしく・welina*

春らしい小花柄のロングワンピース。中にデニムとトップスを着て、ロングカーデ風にする着こなしは昨年からのトレンドですが、さらにそこにサッシュベルトをオンすると、一気に今年の春らしいトレンドコーデになります。

今話題の、GUのレペット風バレエシューズもしっかりと取り入れて、オシャレに対する感度の高さが伺えます。

全体的に色味がダークなので、白のヘアバンドと白のソックスで、ちょっとだけ春らしい明るさを足しています。これで、暗い雰囲気を出すことなくコーデを完成させる事が出来ています。

9. ネイビーにビビッドなピンクの花刺繍が大人可愛い・❁Hana❁

今大人気の刺繍柄トップス、こちらはネイビーにピンクの花柄で、さりげないけどポイントになってとても可愛いです。薄色デニムのワイドパンツとキャスケットで、今年らしいトレンドをふんだんに取り込んでいますね。

ワイドデニムなどボリュームが出がちなボトムスには、長いアウターよりも、レザージャケットなど短めのアウターを選ぶと、全体のバランスを取りやすく、スタイルよく見えますよ。

10. 大きめ花柄のロングワンピで大人っぽく・Shiho.C

ワンピースをロングカーデ風に着こなすコーデは、この春も引き続きおすすめです。ビビットで大きめに描かれた花柄は、小花柄とはまた違う大人っぽい可愛さを演出することができます。

インナーのニットの白と、ソックスの白が、全体を春らしい明るい雰囲気に仕上げていますね。合わせているパンプスはママには少しヒールが高いかもしれませんが、バレエシューズやスニーカーでも素敵に着こなせますよ。

冬場ニット帽をかぶっていたママには、ヘアターバンがおすすめ!これ一つで、重心を上げることができるので、スタイル良く見せることができます。

11. 春らしい色味のレイヤードコーデであたたかく・Chocoroo

オフホワイトのパーカーに、ブルーのストライプがとってもさわやかで春を感じるコーデ。暦の上では春になっても、まだまだ寒い日が続く季節には、こんなレイヤードコーデで春を味わってみませんか?

コンバースのスニーカーやトゥデイズスペシャルのエコバッグで、色味をリンク。白が多めなので、全体的に明るい印象に仕上がっています。

お団子頭の襟足につけた三角バレッタも今シーズンのトレンドで、ポイントになっていますね。

12. 春に挑戦したいデニムサロペットはボーダーでボーイッシュに・Ayumi

春に挑戦したいデニムアイテム、サロペット。夏は暑いし、かといって厚手のニットはインナーに不向きなので、着こなすなら春がおすすめなんです。

コーデが難しいアイテムですが、モノトーンのボーダーと合わせると、地味になりすぎずセンスの良いコーデになりますよ。

スポーティーなノースフェイスのバッグでボーイッシュな印象のコーデに、ヘアアクセサリーのリボンが効いています。ボーダー×デニムは男の子でも女の子でも似合うコーデなので、親子でリンクコーデをしてみても可愛いですね。

13. ペーパーキャスケットにピンク×デニムで春本番コーデ・mii

これぞ春!という感じのカラーリングが可愛いこちらのコーデ。キャスケットは、夏まで楽しめるペーパー素材で季節を先取りしています。

トップスはカーデもインナーも淡いピンクでまとめ、ボトムスはライトブルーのデニム。トートバッグやスニーカーも、淡い色味を邪魔しないものを選び、全体的にふんわりした印象に仕上がっています。大ぶりのフラワーフープピアスも、コーデの雰囲気にマッチしていますね。

14. 技ありデニムはシンプルコーデでご近所仕様に・yurie

サイドにラインの入った技ありデニムが主役!インナーには、ここ数年夏の大定番になっているヘインズのパックTシャツを使ってスッキリと。薄めのカラーとふんわり感が春らしいグレーのロングカーデを羽織って、シンプルにまとめています。

このようなシンプルコーデでも、全体の色味を薄くすることで、春らしさを演出することができますね。

これは「鯛焼きを買いに行った時のコーデ」なんだそうですが、近所のお出かけにさりげなくこんなデニムを履きこなしているママがいたら、思わず二度見してしまいそうです。

15. さわやかマリンテイストコーデはカジュアルなのにエレガント・kayo

とてもさわやかな印象の、マリンテイストコーデ。カットソーにスウェット、スニーカーを合わせたカジュアルコーデでも部屋着のように見えないのは、キャスケットのおかげでしょうか。

動きやすくてカジュアルだけど、使われている色味が限られているので、エレガントな雰囲気すら醸し出していますよね。カフェのテラス席が似合いそうな、お手本にしたいママコーデです。

WEARにはセンスアップのヒントがたくさん!目指せハイセンスママ

WEARから、2017年春におすすめのママコーデを15名分ご紹介しましたが、「気になる」「真似したい」と思うようなものはありましたか?

春とはいえ、子供の公園遊びやお花見などをするときには、結構肌寒く感じることも多いかと思います。そんな時も、春アイテムを使ったレイヤードコーデや、パステルカラーを使った優しい雰囲気のコーデに変えるだけで、春らしさを演出することができますよ。

WEARでたくさん「いいね」されているコーデは、奇抜なものではなく、「手持ちのアイテムにちょっと何かをプラスするだけで真似できそう!」と思えるような、身近なものばかり。センスアップのヒントがたくさん隠されているんです。

WEARを見て、いつものコーデに一工夫するだけで、あなたもハイセンスママの仲間入りをすることができますよ!

「ママコーデ」「WEAR」「人気順」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!