男の子?女の子?妊娠中の子供の性別を聞きたい人、聞きたくない人

妊娠中、お腹の赤ちゃんが男の子なのか、女の子なのか、誰しもが気になるものではないでしょうか。妊娠してある程度の週数がたつと、健診で性別が分かる事がありますよね。そんな時、皆さんはお医者さんや助産師さんに、お腹の赤ちゃんの性別を聞きますか?性別を知りたい人、知りたくない人双方の理由をまとめてみました。知ることによるメリットと、知らないことによるメリット。今まさに性別を聞くか迷っている妊婦さん、あなたはどうしますか?

PIXTA

ついつい気になるお腹の子の性別

妊娠中、まだ見ぬ我が子を思い浮かべては「女の子かな、男の子かな、どっちかな?」と気になるものではないでしょうか。だんだんと大きくなってくると、病院へ行くたびにソワソワ…。

お腹の赤ちゃんの性別が分かる時期、あなたは赤ちゃんの性別を早く知りたいですか?それとも出産するまでしりたくないですか?

知りたい人、知りたくない人双方でいろいろな意見があります。病院の先生も「知りたいですか?」とちゃんと前もって聞いてくれますよね。

急に病院の先生に「性別を知りたいですか?」と聞かれて、聞いた方が良いのか、聞かない方が良いのか悩む女性も多いかと思います。

赤ちゃんの性別…聞く人、聞かない人の双方の理由

双子 PIXTA

赤ちゃんの性別を聞く人、聞かない人それぞれいますよね。実際にその双方の人達の中にはどのような理由があるのでしょうか。

赤ちゃんの性別を聞く人の想いや聞いたことに対してのメリット、また、聞かない人の想いや、聞かない事に対してのメリットをそれぞれまとめてみました。

そろそろ赤ちゃんの性別が分かるかもしれなくてソワソワしている妊婦さん、是非参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんの性別はどっち?絶対に聞く

耳 PIXTA

お腹の赤ちゃんの性別を聞く、または聞きたいというママは多いようです。妊娠中のほとんどの女性は赤ちゃんの性別が分かる時期が来れば、性別を聞くそうです。

実際に私も出産のときは性別が知りたくて知りたくて、いつも超音波の検査の時に先生に聞いていました。性別が分かった時は、複雑な気持ちでしたが、なんとなく予想はしていたので、少しほっとした記憶があります。

では性別を聞くという人は、どういった理由から赤ちゃんの性別が聞きたいのでしょうか。

赤ちゃんの準備がしやすい

ベビー服 PIXTA

性別を聞きたいという人の多くが、出産前準備の為に性別を知りたいと思うようです。出産前に準備するものってたくさんあって、意外と大変なんですよね。

一気にそろえるのは、妊婦さんにとっては重労働。また、赤ちゃんの洋服は可愛いものがたくさんあるので、性別によって女の子はピンク、男の子は青にしたい!と考えている事が理由です。

名前を考えやすい

名付け PIXTA

性別が分かれば、もちろん名前だって考えやすいですよね。赤ちゃんの名前を考えるのって、とっても楽しいですよね。その子が周りから呼ばれる名前ですから、責任も重大です。

産まれてからバタバタと名前を考えるよりも、性別を事前に聞いておいてから、じっくりと時間をかけて考えたい!と思うようです。

名前は、産まれてきた赤ちゃんにとって最初のプレゼント。とびっきりの名付けをしてあげたい、と思うのが親心ですよね。

赤ちゃんのイメージがついてワクワクする

赤ちゃん イメージ PIXTA

お腹の中にいる赤ちゃん、ずっとママと一緒だけど、お腹の中が見えないのでイメージがしにくいという人も。確かに、お腹がどんどん大きくなるとはいえ、どんな顔をしているのかとか、目や口はママ似なのかなど、気になりますよね。

お腹の中の赤ちゃんに早く会いたい!と思う妊婦さんも多いはずです。でも約10ヶ月経たないと会えません。そこで、性別を先にきいて、もっと詳しくイメージしたい!という人もいます。

男の子だったから私に似ているかも!女の子だったから旦那似かな…なんて会話も楽しそうですね。

お願いだから言わないで!産まれるまで聞かない

耳 PIXTA

お腹の中にいる赤ちゃんの性別は妊娠約16週あたりから判断が出来るようです。性別を知りたくない人は、そのころから妊婦健診に行くたびにドキドキしませんか?

病院の先生によって、「性別は知りたいですか?」と聞いてくれる人もいます。しかしまれに「見てごらん!男の子だよ~」なんて急に言ってしまう先生も…。

聞きたくなかったのに、聞いてしまった時のショックは大きいですよね。では、そんな性別は聞かないという人の理由をみていきましょう。

楽しみがなくなる

赤ちゃんグッズ PIXTA

性別を聞きたくないという人の中で一番多かったのが「楽しみがなくなる」という理由です。男の子かな~女の子かな~と産まれてくるまでドキドキです。

確かに、女の子だったら…男の子だったら…と、いろいろと想像して、楽しい妊婦生活を送ることができそうですよね。出産前の赤ちゃんの準備は全部黄色でそろえれば、どちらが産まれても安心です。

周りがうるさいから

集合写真 PIXTA

「よく男の子のママは大変よね~、一人目は女の子が良いわよ」という一言や「第一子は絶対に男だ!」といった、自分の親世代からの意見を言われることがあるかと思います。

妊娠中の女性に対して、周りから色々と言われてしまうのって意外とストレスに感じますよね。男だから、女だからと勝手にイメージをしていろいろ言われるのが嫌!という理由から、産まれるまでは赤ちゃんの性別は聞きたくないという女性も少なからずいるそうです。

自分からは聞かない

エコー PIXTA

赤ちゃんの性別を聞かないという人の中には、先生が教えてくれるならそれはそれでいいけど、自分から性別がどちらかは聞かない。という人もいます。

病院によっては、「性別がどちらなのか知りたい!」と妊婦さんに言われるまでは、何も言わないようにしているというところもありますよね。

妊婦さん、病院側双方が、赤ちゃんの性別に関して何も言わないので、結局産まれてから知るという事もあるそうです。

男の子、女の子、愛する我が子はどちらでも大歓迎!

男 女 双子 PIXTA

お腹の中の赤ちゃんの性別、皆さんは聞きますか?聞きませんか?私は絶対に聞きたいです。性別がはっきりとしていないと、気になって気になって、どうしようもなくなるからです。

しかし、お腹の赤ちゃんが男の子でも女の子でも、どちらでも可愛いものですよね。男の子には男の子の良さが、女の子には女の子の良さがあります。

どちらも大切で愛おしい我が子には変わりありません。どちらでも大歓迎です!

長いようで短い約10ヶ月の妊婦生活を、是非とも良いものにして楽しんで欲しいです。

「性別」「妊娠中」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!