ピンクコーデで春を満喫!ママでも取り入れやすいピンクアイテムをご紹介

2017年春、各ブランドから様々なデザイン・シルエットのピンクアイテムが販売されています。コーデに取り入れるだけで一気にトレンド感が増すピンク。中でも、淡い色合いの大人っぽいピンクが人気を集めています。甘くフェミニンな印象の強いピンクですが、顔うつりが良く、コーデに程良い甘さをプラスできるので、ママにも良いことづくめなんですよ。トップス、ボトムス、アウターなど、ママにおすすめのピンクアイテムをご紹介します。

各ブランドから続々登場!2017年春はピンクアイテムに注目

東京では桜の開花宣言もあり、一気に春めいてきましたね。2017年春の流行色は、桜のように淡いピンク。各ファッションブランドからも、ピンク色のトップス、ボトムス、アウターなどが続々と登場しているんです。

流行に敏感なママたちがすでにコーデに取り入れているピンクアイテム。今年は、数多くあるピンク色の中でも、淡いものやスモーキーな色合いのものが人気を集めています。

ピンクは、日本人の肌の色と相性が良く、トップスに取り入れると顔周りが1トーン、明るくなりますよ。「ピンクアイテムは可愛くなりすぎてしまいそう」というママも、グレーに近いスモーキーなピンクや、肌馴染みの良いベージュに近いピンクだと、ベーシックカラーのように大人っぽく着こなすことができますよ。

ママにおすすめ!チャレンジしやすいこの春人気のピンクアイテム10選

それでは、この春にぴったり!甘すぎず、トレンドを取り入れられ、かつママでもチャレンジしやすいピンクのアイテムを10選ご紹介します。

ピンク色の中でも淡い色合いのものを選ぶと、より今年らしい雰囲気になります。淡いピンクの中にも、ベージュ寄りのもの、グレー寄りのもの、紫寄りの青みがかったピンクなど、様々な色合いがあります。ご自身に合ったものを探してみてくださいね。

1. Tシャツとブラウスの良いところ取り!「ティラウス」

重ねVネックプルオーバー(ティラウス)

Tシャツのような気軽さと、ブラウスのようなきちんと感。この両方をドッキングしたアイテムが、この「ティラウス」です。

Tシャツにデニムだとカジュアルすぎる印象になってしまうし、ピンクのブラウスだと甘くなり過ぎてしまう…そんなママの普段着コーデに活躍しそうな、使い回しやすいアイテムです。

シンプルなデザインなので、パンツにもスカートにも合わせられますよ。プチプラで、しかも汚れたらすぐに洗濯できるので、ママにおすすめのアイテムです。

2. 抜き襟、フロントインで今年らしく着こなす「ビッグシャツ」

アソートBIGシャツ

春先、トップスとしても羽織りとしても大活躍するシャツ。冷房対策として使えば夏まで活躍するシャツは、今年もビッグシルエットがトレンドです。

ピンクを選んでも、もともとがユニセックスな印象のアイテムなので、甘くなりすぎずに着こなすことができます。

フロント部分のみをボトムスにインして、襟を抜くように後ろに落として着用すると、より今年らしいコーディネートに。長めの丈がヒップもカバーしてくれるので、タイトなボトムスを合わせて着ても安心です。

3. 朝晩の気温差も膝上丈の「スプリングガウン」でクリア!

スプリングガウン

日中は暖かくても、朝晩冷え込みやすい春の気温調節にもはや欠かせないのが、ロングタイプのカーデやガウン。

今年は、膝下丈のものが流行していますが、トレンドや合わせるインナーに関係なく着こなすなら、このような膝上丈が断然使いやすいですよ。

スカートともパンツとも相性が良く、ヒップが隠れるので体型カバーにもなります。

ベグレーに近い印象のスモーキーなピンクなので、甘々なピンクが苦手なママでも取り入れやすいですね。

4. メンズライクな「MA-1」もピンクなら程良い甘さに

ブルゾン

ボリュームのあるボトムスが流行している今シーズンは、ショート丈のアウターがマスト。しかし、レザージャケットやGジャン、MA-1など、春先にピッタリのアウターは、ハードでメンズライクなイメージです。

これらのアイテムが上手に着こなせなかったママも、ピンクなら程良い甘さになり取り入れやすいですよ。シンプルでコンパクトなデザインなので、パンツにもスカートにも合わせやすいアイテムです。

5. リボンベルトつきでエレガントに着こなせる「ガウチョ」

フロントサッシュガウチョ

スカートのようなシルエットで履けて動きやすいガウチョパンツは、今や流行というよりママの定番アイテムになりましたね。

ピンクでしかもパンツと同素材のリボンベルトが付いているので、フェミニン&エレガントな印象に着こなすことのできるアイテムです。トップスにはシンプルなシャツやブラウスを合わせれば、仕事や保護者会などややフォーマルな場面でも対応可能!

ラベンダー寄りのピンクなので、子供っぽくなりすぎず大人な印象で取り入れられますね。

6. いつものデニム感覚で取り入れられる「スキニーパンツ」

ストレッチカラースキニーパンツ

ガウチョやワイドパンツなどボリュームタイプのボトムスが苦手というママには、こちらのすっきりタイトなスキニーパンツはいかがでしょうか。

スキニーデニムのようなシルエットなので、いつものデニムと同じ感覚でコーデに取り入れられそうですね。ベージュに近い色味のピンクなので、フェミニンになりすぎないところもポイントです。

7. フォーマルにもOK!着回し力抜群の「セットアップ」

2WAYセットアップ

女性らしい印象のピンクは、ワンピースで取り入れると甘さが強くなってしまいがちで、躊躇してしまうママも多いのではないでしょうか。

クールな印象のオールインワンなら、甘さをプラスしてくれるピンクも素敵ですが、脱ぎ履きが大変なので子供連れのお出かけには不向きですよね。

そんな方には、オールインワンのようなパンツタイプのセットアップがおすすめです。上下セットで着ればフォーマルな印象なので、クラッチやアクセサリーで華やかさをプラスしてお祝いの席にもぴったりです。

トップス、ボトムス、それぞれ別々でも使えるので、1セット持っておくと一気にコーデの幅が広がりますよ。

8. 一気にセンスアップ!春らしいピンクの「イレギュラーヘムスカート」

PPベルト付きイレヘムスカート

スカート派ママの定番、ミモレ丈やマキシ丈のカラースカートは、イレギュラーヘムやアシンメトリーなど、前後や左右で丈の長さが違うタイプのものを選ぶと一気にセンスアップします。

こちらは後ろが長くなったタイプのスカート。ブルーやネイビーなど寒色でももちろん素敵なのですが、ピンクを選ぶことで一気に春らしい印象になりますよ。

9. スカート派ママの定番「プリーツスカート」もピンクで春らしく

ミディ丈プリーツスカート

もう一つ、スカート派ママの定番となりつつあるのが、プリーツタイプのミモレ丈、マキシ丈スカートではないでしょうか。程良くゆったりしたシルエットとIラインがスタイルアップにも効果的で、全体をフェミニンな印象に仕上げてくれます。

ピンクを選ぶことで、より春らしい華やかさがコーデに加わりますね。ウエスト部分がゴムなのもママに嬉しいポイントです。

10. ピンク初心者におすすめ!持つだけでコーデが春になる「ストール」

タッセルミックスカラーストール

「服にピンクを取り入れるのはちょっと気恥ずかしい…」そんなピンク初心者のママは、小物から取り入れてみてはいかがでしょうか。

ピンクのストールは、顔周りが一気に明るくなり、いつもよりちょっと若く見られるかも?顔周りに巻くのも抵抗がある方は、バッグの上に添えて持つだけでも、コーデに春をプラスできますよ。

タッセルがついたタイプなら、よりセンスの良いコーデを作ることができますね。

ピンクアイテムを使ったコーデで春満喫!

1つ取り入れるだけで一気にコーデが「春」になるピンクアイテム。

今年は様々なピンクアイテムがたくさん販売されているため、ピンクに苦手意識を持っていたママでもチャレンジしやすいですよ。服で取り入れるのが気恥ずかしいというママは、ストールやシューズなど小物からトライしてみても良いかもしれません。

ピンクアイテムを使った春コーデで、春本番を満喫しましょう!

「ファッション」「ピンク」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!