首都圏で家を買うなら戸建て?マンション?平均予算や年齢、先輩ママの声

家族の憧れである「マイホーム」。購入を検討する時に気になるのは、マンション戸建てどちらが良いのかということ。家を買うにあたって知っておきたい戸建てマンションの予算と、実際に首都圏でマイホームを購入したママたちの声をまとめました。マンション戸建てどちらにもメリットとデメリットがあります。マイホームを計画するときは、どのような暮らしを望むのかを家族でよく話し合って、想像してみることが大切です。

PIXTA

首都圏の住宅購入予算はいくら?平均年齢は?

住宅金融支援機構の2015年度の調査によると、全国で購入された住宅の種類の割合は、注文住宅(土地なし)が21.5%、土地付き注文住宅が34.2%、建売住宅が17.8%、マンションが11.7%、中古の戸建てやマンションが14.8%でした。

また、住宅購入をする人たち全体で69.9%が3人以上の家族層。住宅購入する人たちの約7割が子供のいる家族という結果になっています。子育て中の住宅購入では、教育費や生活費が増えていく中で「予算をどうしていくのか」が重要な問題ですね。

調査結果から、土地付き注文住宅、建売住宅、マンションの予算と平均購入年齢などをご紹介します。

首都圏の土地付き注文住宅平均購入価格は4,620万円、平均購入年齢は38.1歳

注文住宅 PIXTA

首都圏の土地付き注文住宅の平均購入価格は、建設費2,493.6万円と土地購入費用2,126.4万円を足した4620万円、平均購入年齢は38.1歳でした。家族の人数の平均は3.3人、月々の返済額の平均は13万800円でした。

土地購入費用の全国平均の1,315万円に対して2倍近い価格になっている首都圏では、土地の費用が膨らみやすく全体の購入金額が高くなっています。

家族の人数の平均は3.3人なので、家族で住む家を購入する人が多いといえます。

首都圏の建売住宅の平均購入価格は3569.1 万円、平均購入年齢は38.6歳

首都圏の建売住宅の平均購入価格は3,569.1 万円、平均購入年齢は38.6歳でした。家族の人数の平均は3.2人、月々の返済額の平均は10万3,800円でした。

建売住宅は注文住宅に比べて購入費用が安く抑えられるので、ローン返済が家計を圧迫しにくくなるのがポイントです。価格は下がっても平均購入年齢は注文住宅とほとんど変化がありませんでした。

首都圏のマンション平均購入価格は4,827.1万円、平均購入年齢は40.9歳

マンション amana images

首都圏のマンション平均購入価格は4,827.1万円、平均購入年齢は40.9歳でした。家族の人数の平均は2.5人、月々の返済額の平均は13万3600円でした。

首都圏はマンション化が進んでいる地域です。駅の近くの土地にはたくさんのマンションがあり、住宅街にも多くのマンションが建設されています。マンションは土地の持ち分が少ないため土地代が安く済み、物件価格が抑えられるといわれています。駅からの距離や建物面積など、条件を考えるとマンションの方がよい場所に住めるかもしれません。

マンションの管理費、戸建ての修繕費

電卓 amana images

マンションに住んでも戸建てに住んでも、ローン以外に支払ったり積み立てたりしなくてはいけないお金があります。

マンションの場合は管理費や修繕積立金という形で毎月支払いをします。世帯数の少ないマンションでは、少ない人数で管理人の人件費や修繕積み立てをするため負担が重くなりやすいです。最近では物件価格の他に「修繕積立基金」「管理準備金」などのお金を支払ってから入居しなくてはいけない場合もあります。駐車場や駐輪場に別途費用がかかるケースもあり、確認が必要でしょう。

戸建ての場合には月々徴収されることはありませんが、各自計画的に積み立てをする必要があります。ただし、他の誰に同意を得なくてもライフスタイルや予算に合わせた内容で、修繕やメンテナンスができるのがメリットです。

固定資産税の違いは?

土地や建物を所有した場合、毎年払うべき地方税の中に固定資産税があります。固定資産税は家の耐用年数に応じて建物の税金を支払う期間がかわりますが、木造一戸建てに比べて鉄筋コンクリートのマンションの方が耐用年数が長いとされ、税金を支払う期間が長くなります。

戸建ての場合は22年で建物の価値はなくなり、固定資産税は土地の分だけになりますが、マンションの場合は47年間も建物に対する固定資産税を支払い続けなくてはいけないのです。

出典元:

私が戸建て(マンション)に決めた理由!先輩ママに聞いてみた

設計図 PIXTA

実際に戸建てやマンションを購入した方の住宅を決めた理由を集めてみました。参考にしてみてください。

注文住宅:大手ハウスメーカーに依頼し高気密高断熱の家に

  • 千葉県 H・Mさん一家(夫・妻・子供2人)
  • 世帯年収:600万円
  • 間取り:3LDK
  • 価格:5,500万円
  • 月々の支払額:12万円
  • 駅からの距離:徒歩15分

私が注文住宅に決めた理由

「子供が小学生になる前に自宅を建築したくて、何度もハウスメーカーの展示場に足を運んでいました。できれば23区内に住みたくて土地や建売住宅、マンションも探したのですが見つからず、最終的に『住みやすい快適な家に住みたい』という気持ちで夫婦の意見がまとまり、千葉県に注文住宅を建てることにしました。間取りが理想通りなのはもちろん、高気密高断熱住宅で家の中の環境が良いのも気に入っています。太陽光パネルを乗せたので月々の光熱費が節約できるのもメリットでした。(H・Mさん 28歳 会社員ママ)」

注文住宅を建てるのは大きな決断です。都内では土地価格が高く、理想の間取りは諦めざるを得ないことも。理想の間取りに近づけるため、ある程度土地の価格がおさえられる地域への引っ越しを決断することもあるようです。

注文住宅:狭小地でも町の工務店に依頼して満足な家に

編集部撮影

  • 埼玉県 S・Tさん一家(夫・妻・子供1人)
  • 世帯年収:450万円
  • 間取り:3LDK
  • 価格:2,700万円
  • 月々の支払額:68,000円
  • 駅からの距離:徒歩17分

私が注文住宅に決めた理由

「騒音が気にならないことや、わが家の場合は庭にごみを置いておけるのが戸建てとしてのメリットです。夫婦で戸建てに憧れていて、妊娠中に土地探しをし、良い土地に出会えたので建築を決めました。予算内できめ細かくニーズに沿ってくれる町の工務店に依頼したおかげで、予算内で満足のできる家に住むことができました。狭小住宅ですが、夫婦の趣味である登山用品置き場やウオークインクローゼットなど、ほしい設備をそろえたこだわりの家です。細かい部分にもこだわれるのが注文住宅の良さだと思います。(S・Tさん 会社員ママ)」

月々68,000円の支払いで注文住宅を建てるなんて、本当にすごいことですね。予算をしっかり決め、土地探しと工務店探しをすることで理想の家にたどりついたのだそうです。「注文住宅は高いから諦める」というのではなく、条件によっては十分に理想の家づくりができる可能性もあるのですね。

建売住宅:子供が騒いでも気にならない!駅からの距離も住みやすく

  • 東京都 E・Yさん一家(夫・妻・子供2人)
  • 世帯年収:未回答
  • 間取り:4LDK
  • 価格:4,500万円
  • 月々の支払額:10万円
  • 駅からの距離:徒歩11分

私が建売住宅に決めた理由

「家族を持ったら家を買った方が良いという義父の勧めと、子供がいるので騒音が気にならないことを考えて戸建ての購入を決めました。実際に住んでみて、子供が多少騒いでも両親ともに気になりません。わが家は男の子2人の家庭ですが、のびのび暮らすことができています。デメリットとして感じるのは玄関の外など掃除をしなくてはいけない場所が多いことですが、とにかく今住んでいるエリアで戸建てに住みたかったので満足しています。(E・Yさん 専業主婦ママ)」

戸建ての場合は玄関の外まで自分で掃除をしなくてはいけないので、建てた後の管理が大変だと感じることもあるようです。しかし大きなメリットは、子供がのびのびと暮らせること。

「下の階の住人」に気を遣わずにめいっぱい遊ばせることができるのは嬉しいですね。また、建売住宅は注文住宅に比べて価格がおさえられて、予算内で余裕のある広さの家を選べることもメリットです。

マンション:セキュリティー面も安心!生涯住むことを考えて

ブログ・許可取済

  • 東京都 H・Nさん一家(夫・妻・子供2人)
  • 世帯年収:1000万円
  • 間取り:3LDK
  • 価格:5,400万円
  • 月々の支払い額:12万円
  • 駅からの距離:徒歩20分、バスで10分(バス停までは1分)

私がマンションに決めた理由

「夫が寒がりなので『マンションの方が暖かい』という理由でマンションを探し始めました。老後まで済むことを考えて、フラットな間取りや建物にエレベーターがあることを条件にしました。また、セキュリティー面でも管理人常駐、オートロック、防犯カメラを重視しました。共働きなので宅配ボックスが便利です。マンション独自のよさとしては、ゴミ置き場があるのでいつでもゴミ出しできることですね。憧れの広い庭は難しく、小さなプールを出す程度ですが満足しています。(H・Nさん 会社員ママ)」

ご主人の希望でマンションに住むことを決めたというH・Nさん。マンションならではの良さがたくさんある物件に決めたようですね。マンションはゴミ出しやセキュリティーのメリットの他、新築の分譲マンションの場合は子育て世代が集まりやすく、同世代の子供たちが同じマンションに住むという面も子育てでのメリットになるようです。

また、室内に駐輪場のあるマンションでは、雨の日でもゆっくりと登園の準備ができるのもよいですね。憧れの広い庭はマンションにはつけられませんでしたが、それ以上の大きなメリットがあったのではないでしょうか。

家族で「こんな暮らしがしたい」を想像してみよう

家族 amana images

戸建て、マンションそれぞれにメリットやデメリットがあります。マイホームを計画するときには、これから家族がどんな暮らしをしていきたいのか話し合いをするようにしましょう。

「セキュリティー」「駅からの距離」「自由なデザイン」など、大切に思うことを共有していくと、どのような暮らしが幸せなのか想像できると思います。また、家族がどのようなことに生活の価値を感じているのかを知ることで、正解が見えてくるのではないでしょうか。

1つの選択肢にこだわらず、多くの物件を見学して答えを見つけていくのもよいでしょう。人生で数少ない大きな買い物の1つであるマイホーム。後悔のない家づくりをしたいですね。

記事の感想を教えて下さい

7月1日〜17日に記事の感想をご投稿くださった読者のみなさまの中から、抽選で10名様にギフト券500円分をプレゼントさせていただきます。なお、当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせて頂きます。

「住宅」「戸建て」「マンション」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!