保育園の管理栄養士に聞く「私の仕事」、子供たちの「おいしい!」のために

保育園に常駐したり、給食の委託先に勤務したりして、子供たちが毎日食べる給食の献立を考え、調理する「管理栄養士」。保育士と比べるとスポットライトが当たりにくい存在ではありますが、子供たちの元気な毎日のために働く、とても心強い存在です。保育園管理栄養士として働き、子供に食育を伝え続けている小杉文佳さんに、管理栄養士の仕事内容や、日々働いていくうえでやりがいに感じていることなどのお話を伺いました。

PIXTA

園児の元気な毎日をサポートする「管理栄養士」

保育園に入園すると、登園した日の昼食とおやつは保育園の給食を食べている子が多いですね。中にはお弁当を持参する保育園もありますが、昼食は毎日のことですし、栄養面を考えてメニューを作るのは大変。その点で給食はとてもありがたいものです。

保育園で子供たちが食べる給食のメニューは、常駐している、もしくは委託先の管理栄養士や栄養士が考案し、献立を作成することが一般的です。あまり耳にすることのない「管理栄養士」という存在ですが、実は子供たちが元気に保育園生活を送るためにとても大切な役割を果たしてくれていることをご存知でしょうか。

管理栄養士という仕事にスポットを当てて、日々の仕事や思いについてお話を聞いてみました。

出典元:

管理栄養士 小杉文佳さん

取材先提供

小杉さんは保育園の管理栄養士として勤務して4年目。今まで認可や無認可保育園など、さまざまな規模の保育園で勤務をしてきました。

現在は勤務する園以外でも、オーガニック食材にこだわる保育園の献立作成や、給食だよりの作成にも関わっているのだそう。保護者からの食に関する悩み相談に乗るほか、食育イベントやワークショップへの出店などを通して、子供たちが将来、自分の力で良い食を選択できるようになってもらうための活動をしています。

保育園で働く管理栄養士のお仕事は?

給食 amana images

管理栄養士は、日々どのような仕事をしているのでしょうか。保育園で働く管理栄養士の仕事について、小杉さんに聞きました。

献立を考える

献立を考えるのは管理栄養士の仕事。離乳食は初期、中期、後期に分けて考え、乳児食、幼児食も別で考えているといいます。栄養価計算を行い、子供たちにとって必要な栄養素が含まれているか確認をしているそうです。

また、アレルギーを持つ子供の献立の確認を行っているのだとか。ママにとってはアレルギーのある子の食事は心配ごと。管理栄養士がきちんと対応してくれていると安心ですね。

給食をつくる

調理 PIXTA

給食の献立に含まれる材料を発注し、調理することも仕事の1つ。調理師と一緒に子供たちが口にする給食を調理しているといいます。

また、給食室の衛生管理を行い、いつでも衛生的な環境で給食を作ることができるように環境面の管理もしているようです。

食育・指導など

子供 エプロン PIXTA

給食だけにとどまらず、子供への食育や、ママからの栄養相談に対応することもあるといいます。また、給食に関わる部分以外でも、保育園のお祭りで出す模擬店の食べ物を作るための準備や発注を行うこともあるそうです。

給食室だけが仕事場なのではなく、食事に関する教育や保育園全体の活動にも関わるのが保育園で働く管理栄養士の特徴ですね。

管理栄養士の1日のスケジュール

調理 PIXTA

小杉さんに、管理栄養士として働く1日のスケジュールについて聞きました。

  • 08:00 出勤、日誌記入、アレルギー児の除去確認、清掃、食器や食材の準備
  • 09:00 調理開始
  • 10:00 離乳食提供
  • 10:30 乳児食提供
  • 11:00 幼児食提供、器具や食器等の洗浄
  • 11:30 休憩
  • 12:30 昼食の食器洗浄
  • 13:00 おやつ準備
  • 14:00 離乳食提供
  • 14:30 乳児食提供
  • 14:40 幼児食提供
  • 15:00 給食室内の清掃、事務仕事
  • 15:30 おやつの食器洗浄
  • 17:00 終業

出勤してから帰るまでびっしりとスケジュールがつまっています。さまざまな年齢の子供が通う保育園では、食事の内容はもちろん、食事を提供する時間にも違いがあり、時間をずらして食事を提供している園が多いようです。食材の固さや種類を変えたり、量を調整したりしながら毎日の食事を提供するのは大変ですよね。

毎日の食事とおやつを準備するには大変な時間と労力がかかっているとわかります。

管理栄養士を目指したきっかけは

勉強 試験 PIXTA

小杉さんが管理栄養士になりたいと思ったきっかけは、中学生の頃に好きだったスポーツ選手が管理栄養士の指導を受けていることを知ったこと。スポーツ選手のパフォーマンスを向上させるために指導する立場として、スポーツ栄養士と呼ばれる人が存在し、日々の食で選手のコンディションが変わると知って興味を持ったといいます。

小杉さん自身も幼少期に食物アレルギーがあったことや自宅の庭で野菜を育てた経験など、常に「食」が身近にあったことから、管理栄養士を目指すことを決意したそうです。

「理系の高校に進学し、管理栄養士になる課程がある大学に入学したものの、国家試験を受けて管理栄養士になるまでの高いハードルを実感しました」と語る小杉さん。国家試験前には1日10時間もの時間を勉強に費やし、管理栄養士の資格を得たといいます。卒業後に保育園で働く管理栄養士になったのは、幼い頃の食習慣が味覚の形成や身体や心の発達に大きく関与していることを知り、子どもたちへの食育をしていきたいと思ったからだそう。

人々の健康に直結する「食」のスペシャリストである管理栄養士になるには、並々ならぬ努力が必要なのですね。

今までで苦労したエピソード

まな板 PIXTA

これまで管理栄養士として働いてきて小杉さんが一番苦労したときは、保育園の管理栄養士として働き始めて1年目のことだといいます。管理栄養士としての先輩がいない、作ったことがない離乳食を作らなくてはいけないという環境で、時間通りに食事を提供できるかどうか毎日ハラハラ、試行錯誤だったそうです。

設備が十分に整っていない調理場で、どれだけ効率よく調理ができるかを常に考えていたという小杉さん。1年目にもかかわらず大変な苦労をしたようです。

また、子供によって発達に個人差があることを知り、食材の大きさが一人一人にあったものかどうかを確認して食事を提供するようになったといいます。小規模園だったため、子供の様子を頻繁に見られて勉強になったそうです。

毎日同じ時間に、子供にとって最良の食事を提供することは決して容易なことではありません。子供たちが当たり前に食べている給食には、管理栄養士をはじめ、給食室で働く方々の思いがこめられていることを忘れてはいけませんね。

管理栄養士としてやりがいを感じるときは

おいしい PIXTA

小杉さんが管理栄養士としてやりがいを感じる瞬間は、子供に「おいしかった」と声をかけてもらうことだそうです。「どうやって作ったの」「レシピが欲しい」という言葉がとても嬉しいといいます。また、子供と関わる時間が短い中で小杉さんの名前を覚えてくれる園児もいて、こうした瞬間もやりがいを感じるようです。

また「おいしい」という声以外にも、知らない食材について「これはなあに?」と興味を抱いてくれるのも嬉しいと語る小杉さん。食を通しての子供たちとのかかわりだけではなく、実際に子供たちと触れ合うことも大切にされているのですね。

1日の栄養の約半分は保育園、ママは無理なくあと半分を

取材先提供

小杉さんは管理栄養士として、定期的に個々人の身長と体重をみて保育園に合った栄養価を算出しているといいます。男児と女児でも1日の摂取エネルギー量やたんぱく質、脂質やビタミン、ミネラル等も異なるため、男女比で平均をとり算出し、献立に反映させているのだとか。「保育園では1日に摂取するエネルギー量の40~50%を昼食とおやつで補えるように配慮しています」と小杉さんは話します。

ママの中には共働きで忙しく、朝食や夕食で十分な栄養を取らせることができていないと悩んでいるママもいますよね。小杉さんによると、保育園でのアンケート調査でも、平日はお惣菜や外食に頼ってしまうと答える保護者が多いのだそう。他には休日に一週間分を作り置きしたり、余裕のある休日は手作りを心がけたりしているという意見もあるようです。

こうしたママたちの声に対して小杉さんは「ママ達は日々の食事が疎かになっていないか心配になっているかと思いますが、食事の準備が負担になってしまってはストレスに感じてしまうと思います。時間に余裕がある時だけはしっかり考えて作りたいと思うその気持ちが少しでもあれば良いと思います。」と話します。

また、保育園では子供たちと一緒にグリンピースやそら豆の皮むきをすることで、食材に触れる体験を行っているといいます。こうした活動を通して、子供たちが苦手だった食材を克服し、食べるようになる姿も見られるそうです。家庭では思うように手間と時間をかけられない栄養面や、食育の部分を管理栄養士の先生が行ってくれるのはとても助かりますね。

「『おいしい』がやりがい」子育てを支えてくれる管理栄養士

おいしい 子供 PIXTA

子供たちに食育を伝えるのが夢だと話す小杉さん。毎日の給食が子供の心身の健康を支えると感じ、やりがいを持って管理栄養士として働いているといいます。

「子供たちの『おいしい』がやりがいです」と話す小杉さんの思いは、毎日子供たちのための食事を考えるママと同じ思いではないでしょうか。ママと同じ「子供に喜んでほしい」という気持ちで子供たちの食について考え、給食を提供してくれる管理栄養士さんはとても頼りになる存在ですね。

あまり表には出てきにくい存在の管理栄養士ですが、給食の献立を考え、提供してくれる人の存在について、親子で話す機会を作ってみても良いのではないでしょうか。

<取材協力:管理栄養士 小杉文佳さん>

記事の感想を教えてください

7月1日〜17日に記事の感想をご投稿くださった読者のみなさまの中から、抽選で10名様にギフト券500円分をプレゼントさせていただきます。なお、当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせて頂きます。

「管理栄養士」「保育園」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧