ジワジワ人気に!機能性も抜群でファッショナブルなアスレジャーって?

2016年の夏頃からジワジワと人気になっている新ジャンルのファッションアスレジャーをご存知ですか。"ラフだけどカッコ可愛い!"アスレジャーは、ヨガやジムに通うおしゃれな海外の女性たちによって始まったファッションです。スポーティーで機能性を重視したアスレジャーは、育児や子育てで動き回るママにも、おすすめのスタイル。今回の記事では、ママでも着やすいプチプラアイテムを使ったアスレジャーをメインにコーデをご紹介していきます。

動き回るママにだからこそ勧めたいアスレジャー!

育児や家事に動き回ることの多いママにとって、ファッションは動きやすさ、着やすさ、値段が大切です。子供の命を守るママという存在になり、身に纏うものが変わってきた方が多くいると思います。

いつまでも可愛い洋服を着ていたいけれど、動き回る子供のお世話をすると考えると、どうしても動きやすい洋服を選びがちになってしまいますよね。

今回の記事では、動きやすさを重視しながらもファッショナブルなコーデになる「アスレジャー」についてご紹介していきます。

アスレジャーって?

アスレジャーとは、アスレチック(運動競技)とレジャー(余暇)を組み合わせて作られた言葉で、スポーツウェアを中心に着こなすコーデのことを言います。ヨガなどで良く着用するスウェットタイプのデニムや、ランニングシューズなどを使っていることが大きな特徴です。

最近では、UNIQLO(ユニクロ)からもスポーツコンセプトのショップUNIQLO MOVE(ユニクロムーブ)が新宿に出店され、スポーツウェアを取り入れたファッションが大きなトレンドとなっています。

UNIQLO MOVE公式サイト

ママ向けのアスレジャーファッションのコーデをご紹介!

アスレジャーファッションには、プチプラのアイテムも活用することができます!WEARに掲載されているアスレジャーコーデから、ママでも真似できそうな着用例をご紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ジャージとスウェットを組み合わせた王道アスレジャーコーデ

  • ジャケット:adidas(アディダス)
  • スカート:GU(ジーユー)
  • リュック:ZARA(ザラ)
  • シューズ:Reebok(リーボック)

GU(ジーユー)のスウェットスカートを使ったアスレジャーコーデです。adidas(アディダス)やReebok(リーボック)などのスポーツウェア系のブランドと合わせるだけで、一気にアスレジャーらしさが生まれます。

また、ジャケットを腰に巻いてもファッショナブルなコーデになりそうなので、気温調整もうまくできそうです。モノトーン系のシンプルなコーデでも、スウェットスカートを合わせることで女性らしく仕上がっていますね。

ガーリーなアスレジャーコーデ

  • トップス:GU(ジーユー)
  • パンツ:GU(ジーユー)
  • シューズ:NIKE(ナイキ)

上下GU(ジーユー)で組み合わせたアスレジャーコーデです。スウェット素材のイージーパンツは、アスレジャーらしさがあるアイテムになっています。デニムっぽいデザインなので、カジュアルなコーデにも着回しができそうですね。また、花柄のレースをあしらったセーターを合わせるだけで、女性らしさもあって素敵なコーデになっています。

デニムを使ったカジュアルなアスレジャーコーデ

  • トップス:NIKE(ナイキ)
  • パンツ:GU(ジーユー)
  • シューズ:GU(ジーユー)

GU(ジーユー)のスリッポンを使ったアスレジャーコーデです。アスレジャーは、デザイン性のあるスニーカーが主役になりやすいですが、GU(ジーユー)のジーンズをロールアップして、スリッポンと合わせるだけで、アスレジャーらしく仕上がります。また、ダボダボになりやすいスウェットを、ハイウェストなパンツにインするだけでメリハリのあるコーデになりますね。

アスレジャー感のあふれるコーデに勇気がいる方は、まずカジュアルな感じで合わせてみると良いかもしれません。

スウェットパンツを上品に着こなすアスレジャーコーデ

  • アウター:used
  • トップス:UNIQLO(ユニクロ)
  • パンツ:GU(ジーユー)
  • 帽子:GLOBAL WORK(グローバルワーク)
  • シューズ:楽天アウトレットシューズ
  • バッグ:KORMARCH(コマチ)

上下プチプラアイテムで合わせたコーデに、つばひろハットや小物類を合わせることで上品な雰囲気となっていますね。アスレジャーの着こなし方の一つに、キレイめなアイテムを組み合わせる方法があります。小物類やパンプスを上手に組み合わせることで、大人らしいキレイめなアスレジャーコーデになっています。

シルエットが可愛いアスレジャーコーデ

  • トップス:reca(レカ)
  • パンツ:UNIQLO(ユニクロ)
  • シューズ:Reebok(リーボック)
  • 帽子:PLAIN CLOTHING(プレーンクロージング)
  • バッグ:Lee(リー)

大きめのカットソーとレギパンを合わせたアスレジャーコーデです。ビッグサイズは、アスレジャーには定番のアイテムの一つです。レギパンと合わせることで、メリハリが生まれて、バランス感も抜群。

また、ニット帽がシンプルなコーデのアクセントとなっており、可愛らしいコーデに仕上がっていますね。

ブルー系でまとめた爽やかなアスレジャーコーデ

  • ジャケット:TOPSHOP(トップショップ)
  • シャツ:AZUL by moussy(アズールバイマウジー)
  • トップス:RALPH LAUREN(ラルフローレン)
  • パンツ:GU(ジーユー)
  • バッグ:WTW(ダブルティー)
  • シューズ:adidas(アディダス)

こちらもGU(ジーユー)のスウェットイージーパンツを使ったコーデです。ブルー系のアイテムと合わせることで、マリンっぽいアスレジャーコーデに仕上がっています。

アスレジャーコーデは、シンプルな組み合わせとなることが多いので、柄物や色物でアクセントをつけて楽しむと良いですね!

アスレジャーもキャミトップスで甘辛に!

  • ワンピース:Bershka(ベルシュカ)
  • パンツ:GU(ジーユー)
  • バッグ:Adam et Rope'(アダムエロペ)
  • シューズ:ZARA(ザラ)
  • 帽子:BAYFLOW(ベイフロー)

黒のレギパンと白のトップスでシンプルにまとまったコーデに、レースのキャミワンピを合わせることで、ガーリーな印象に仕上がるアスレジャーコーデです!

アクセントに困ることの多いアスレジャーもキャミワンピを合わせれば、カジュアルな雰囲気にもなります。

タイトなスカートで女性らしさがあふれるアスレジャーコーデ

  • トップス:NIKE(ナイキ)
  • スカート:NERGY(ナージー)
  • シューズ:NIKE(ナイキ)

ネックが詰まったノースリーブとスニーカーで、スポーティーな印象を受けますが、ボディラインがはえるタイトスカートを合わせることで、一気に女性らしさが引き立つコーデとなっています。

タイトスカートの裾が変わった形となっており、シンプルなコーデでありながらも、しっかりと主張のあるコーデに仕上がっていますね。変わった形のアイテムで遊んでみると良いかもしれませんね。

ジョガーパンツもアスレジャーには必須アイテム!

  • トップス:earth music&ecology(アースミュージック&エコロジー)
  • パンツ:UNIQLO(ユニクロ)
  • シューズ::earth music&ecology(アースミュージック&エコロジー)

夏にピッタリなアスレジャーコーデです。UNIQLO(ユニクロ)のジョガーパンツは、キレイめな印象を与えるので、ノースリーブやサンダルなどと合わせても、大人っぽいコーデになりますね。

シックなジョガーパンツもロールアップするだけで、カジュアルな印象になり、全体的なバランスの良さが際立っています!

トレンチコートをアスレジャーに着こなすコーデ

  • アウター:Ungrid(アングリッド)
  • トップス:adidas(アディダス)
  • パンツ:GU(ジーユー)
  • シューズ:CONVERSE(コンバース)
  • バッグ:Lee(リー)

adidas(アディダス)のロゴティーシャツとスウェットイージーパンツというシンプルな組み合わせに、トレンチコートを合わせたレジャーコーデです。アスレジャーにトレンチコートって合うのかな?という方もいるかと思いますが、メリハリをつけるのにはもってこいのアイテムなんです。

スウェット素材のパンツは一見部屋着のような印象を与えてしまいそうですが、メリハリをつけるだけで、一気にファッショナブルな印象に仕上がります。

アスレジャーで動きやすさも可愛さも実現しよう!

ヨガ PIXTA

2016年からジワジワと人気が生まれ、大きなトレンドとなりつつあるアスレジャー。UNIQLO(ユニクロ)などのプチプラブランドでも、アスレジャーのアイテムが充実しており、自分のために使えるお金に限りのあるママでも楽しむことができます。

シンプルで機能性の高いコーデですが、色々なアイテムを組み合わせるだけで、ガーリーだったり、上品だったりするコーデに様変わりします。ぜひ、今年の春夏はアスレジャーなアイテムを使ってみてはいかがでしょうか。

「アスレジャー」「ファッション」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!