人気沸騰中!GUの新作、Vカットミュールを使った旬の春コーデ

2017年3月にGU(ジーユー)より発売されて以来、新作Vカットミュールがトレンドに敏感なママの間で大人気となっています。プチプラなのに上品な見た目で、春にぴったりのカラーバリエーションが多くの女性を魅了しています。さらに、かかと部分がサンダルのように作られていて、スムーズに履きこなせる面も人気を集めている理由の一つ。今回の記事では、そんなVカットミュールを使った旬の春~初夏のコーデをご紹介していきます。

GU(ジーユー)の新作、Vカットミュールがママたちから大人気!

子育てをしているママにとって、ファッションは動きやすさをどうしても重視しなくてはなりません。GU(ジーユー)の新作Vカットミュールはヒールが低く安定しており、ママにも履きやすい作りとなっています。

また、春夏に向けたカラーバリエーションがとても可愛らしく、プチプラとは思えない高見えコーデが作れる作りになっている為、トレンドに敏感なママたちの間で大人気の商品となっています。

Vカットミュールを使った春コーデをご紹介

GU(ジーユー)の新作Vカットミュールは、かかと部分がなく楽に履けるうえに、上品で可愛らしいデザインとなっています。とても3,000円以内で購入できるプチプラアイテムとは思えません。

カラーバリエーションも、イエロー・黒・ベージュ・ヒョウ柄と4種類の展開があります。中でも、イエローは大人気。春のコーデにぴったりで、注目を集めています。

今回の記事では、GU(ジーユー)の新作Vカットミュールを使ったママでも楽しめるコーデをご紹介していきます。新しい靴を履いて、春夏のお出かけを楽しめること間違いなしです!

ミュールの存在感が際立つ、カットオフデニムコーデ

  • トップス:GU(ジーユー)
  • パンツ:Ungrid(アングリッド)
  • シューズ:GU(ジーユー)

Vカットミュールは、カットオフデニムとの相性が抜群。足元がスッキリと見えるので、抜け感のある春らしいコーデとなります。また、肌の露出はためらいがあるママも居ると思いますが、足元を少し見せるだけでも女性らしさを演出することが出来ます。

大人カジュアルが好きなママには、色々なコーデに履き回すことができてぴったりのアイテムです。

ガーリーな雰囲気のコーデにもしっくり、相性抜群

  • トップス:Ungrid(アングリッド)
  • スカート:Spick & Span(スピック&スパン)
  • シューズ:GU(ジーユー)

Vカットミュールは、大人カジュアルなコーデはもちろん、ガーリーなコーデにも合います。マキシ丈のスカートや白を基調としたコーデには、綺麗なイエローが映えてフェミニンに仕上がりますよ。

こちらのコーデでは、スカートのベルトがリボンのようなワンポイントになっていて、とても可愛らしいものになっています。暗めの髪でも重たい雰囲気にならず、全体的に明るい雰囲気を作れていますね。

サッシュベルトとも相性抜群、クールに決まる!

  • トップス:PAGEBOY(ページボーイ)
  • パンツ:AZUL by moussy(アズールバイマウジー)
  • シューズ:GU(ジーユー)
  • ベルト: SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH(センス オブ プレイス バイ アーバンリサーチ)

花柄のトップスやピンクのバッグと、女性らしくガーリーなアイテムを使いながらも、サッシュベルトやキャスケットなど小物類を黒で統一しているため、全体的にメリハリのあるコーデとなっています。

甘めコーデの中に程よく辛口なアイテムを取り入れていて、絶妙なバランスに。可愛らしいアイテムを着てみたいけど、可愛すぎるのはちょっと…と抵抗のあるママにぴったりです。

今季大流行!今年らしくスタイルアップがかなうサッシュベルトコーデをご紹介

関連記事:

今季大流行!今年らしくスタイルアップがかなうサッシュベルトコーデをご紹介

今年の春、トレンドに敏感なママたちが取り入れている「サッシュベルト」。…

シンプルな花柄ワンピースに、ミュールでこなれ感をプラス

  • ワンピース:GU(ジーユー)
  • シューズ:GU(ジーユー)

シンプルながら、全体的に上品な仕上がりとなっている為、GU(ジーユー)のアイテムで成り立っているとは思えないコーデです。

花柄で可愛らしいワンピースも、高見えするVカットミュールと合わせることで、一気に大人っぽいコーデに仕上がりますね。素足で履くこともできるので、春らしい雰囲気をコーデに取り入れたい時にはもってこいです!

色物アイテムとの相性も抜群!

  • トップス:UNIQLO(ユニクロ)
  • パンツ:BARNYARDSTORM(バンヤードストーム)
  • シューズ:GU(ジーユー)
  • バッグ:Marc Jacobs(マーク ジェイコブス)

ベージュのVカットミュールを使ったコーデです。ベージュという落ち着いた色と、シンプルで品のある形のVカットミュールが、綺麗なグリーンのバッグを引き立てていますね。

色物のアイテムが好きという方は、足元をベージュやブラックといったシンプルな色合いにすると様々なコーデに使うことができそうです。

黒で合わせても春らしく、カジュアルに

  1. トップス:ZARA(ザラ)
  2. パンツ:Re:EDIT(リエディ)
  3. シューズ:GU(ジーユー)
  4. バッグ:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティアンドユースユナイテッドアローズ)

黒のVカットミュールは、一見シックな見た目になっていますが、他のカラー同様にジーンズと合わせてもOK!カジュアルの中にもちょっぴりシックな要素を加えたいという時には、うまく着回すことができそうですね。

花柄の刺繍がとても春らしいトップスやバスケットとの相性もよく、お手本のような春コーデに仕上がっています。トーンを統一させることで、グッと大人の雰囲気になりますね。

Vの形がシックに映える!大人っぽいサロペットの着こなし

  • トップス:GU(ジーユー)
  • サロペット:GU(ジーユー)
  • シューズ:GU(ジーユー)
  • バッグ:ZARA(ザラ)

モノトーンコーデにVカットミュールで差し色を取り入れ、メリハリのあるコーデに仕上がっています。さらに、Vカットミュール以外にもトップスとサロペットもV字型を合わせていて、統一感がしっかりと作られています。

シンプルながらもそれぞれのアイテムの形が個性的で、スタイリッシュな雰囲気になっていますね。

シンプルなスカートも足元のおしゃれが輝く!

  • トップス:GU(ジーユー)
  • スカート:GU(ジーユー)
  • シューズ:GU(ジーユー)
  • バッグ:GU(ジーユー)
  • ベルト:fifth(フィフス)

全身GU(ジーユー)のプチプラコーデに、サッシュベルトを合わせたコーデです。プチプラアイテムの中に、トレンドのサッシュベルトを合わせるだけで、とても高見えするファッショナブルな印象になりますね。

また、プリーツスカートとVカットミュールの組み合わせは、女性らしい春コーデになり、フェミニンな装いでお出かけができそうです!

刺繍アイテムとコルセットを合わせた上級者コーデ

  • トップス:KORMARCH(コマチ)
  • パンツ:SOMETHING(サムシング)
  • シューズ:GU(ジーユー)
  • バッグ:Casselini(キャセリーニ)
  • 帽子:k.growth(ケーグロウス)
  • コルセット:ZARA(ザラ)

昨年から人気の刺繍アイテムに、さらにコルセットなどを合わせたおしゃれなコーデです。刺繍とVカットミュールをイエローで合わせる細やかな工夫も、全体的に統一感が生まれてとても素敵ですね。

明るく春らしいコーデにかごバッグを合わせ、ピクニックやアウトドアに行きたくなるコーデです!

カジュアルコーデもシックに大人っぽく!

  • トップス:GU(ジーユー)
  • パンツ:flugge(フラッジー)
  • シューズ:GU(ジーユー)
  • バッグ:Have a good time(ハヴアグッドタイム)

ジーンズにアメリカンなトートバッグと全体的にカジュアルなコーデですが、黒のベルトやVカットミュールを合わせるだけで大人っぽくなり、かっこよさが際立つ仕上がりとなっています。

ストレートなデニムは一見ボーイッシュになりがちですが、リボンの付いたトップスでフェミニンさを上手く取り入れ、バランスの良いコーデに。可愛らしい服装が苦手という方は、真似したくなる大人カジュアルなスタイルですね。

春コーデは、Vカットミュールで足元を華やかに!

パンプス PIXTA

春は過ごしやすい気候で、おしゃれが楽しい季節でもあります。春物には、カラフルで可愛らしいアイテムもたくさんあり、ウキウキして外出することができますよね。今回ご紹介したGU(ジーユー)のVカットミュールは、春のおしゃれをより楽しいものにしてくれるアイテムです。

今回ご紹介したGU(ジーユー)のVカットミュールは、現在大人気の商品。人気カラーのイエローをはじめ、売り切れになっている店舗も数多くあるそうです。気になった方は、是非お早めに店舗をチェックしてみてくださいね!

「GU」「Vカットミュール」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!