都市ガス自由化でガス会社が選べる!各社の特徴と供給エリアをご紹介

2017年4月から一般家庭でも都市ガスの供給会社を自由に選べるようになった「都市ガス自由化」ですが、制度導入直後で、まだわからないことだらけという方も多いのではないでしょうか?ガス会社を選べるといっても自分自身の家庭にとってはどの会社がよいのか迷いますよね。都市ガス自由化に伴い、新たにガス供給会社となった新規参入企業の特徴や供給エリアをご説明します。ガス会社変更の際の参考にしてみてください。

PIXTA

ガス自由化の新規参入会社とは?

都市ガスの自由化により、これまで居住地域で決められた都市ガス会社1社しか契約ができなかったものが、一般家庭でも自由にガス会社を選ぶことができるようになりました。

自由化に伴い、電気会社や石油開発といったエネルギー系の会社がガスの供給会社として新規参入しました。

複数の企業が新規参入すると、価格競争が生まれるためガス料金の抑制にもつながります。一般家庭でガス会社を検討することの最大のメリットは、今までのガス料金よりも安く利用できる可能性です。

出典元:

新規参入した会社も!各ガス会社の特徴と供給エリア

ガス amana images

このガス自由化で、もともとガスの供給を生業としていない企業が新たにガス供給会社として新規参入しています。

各会社の特徴やガスの供給エリアを把握しておくことで、自分自身の家庭がどの会社からガスを購入することができるのか、各会社がどのようなプランをもっているのかなど、家庭に合ったガス会社を選択することができるでしょう。今回は主要4社をご紹介します。

1.東京電力

東京電力は、今回のガス自由化で新たに家庭用都市ガスの小売り事業への参入をする会社です。

電力会社でありながらすでに2011年からガスの販売を行っており、京葉、京浜コンビナート工業地域に直送販売をする形で事業を始めていました。

今回のガス自由化では、ガス会社であるニチガス(日本瓦斯)と業務提携し、電気とガスをセットで使用することで料金がお得になる「とくとくガスプラン」を出しています。

ガスの保安業務やメンテナンスについては、ガス会社であるニチガスに委託することで、利用者としても安心して利用することができますね。

2019年までには、100万件の家庭向けに販売可能にできるようなサービスを整備していくようです。

  • ガスの供給エリア:東京ガスの供給エリア、ニチガス供給エリア(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県、静岡県、福島県)

東京電力エナジーパートナー

2.中部電力

電力会社 amana images

中部電力のガスは、お得になるポイントがいくつかあります。まず電気とセットでさらにお得に利用できるという点、こちらは一般家庭向けのプランとビジネス向けのプランがあるのでわかりやすいのが嬉しいですね。

また、光熱費(電気代+ガス代)をまとめて支払えるシステムもありがたいポイントです。申込時の手続きも楽々簡単で工事も不要ですし、ガスのメーター管理や保安については今までどおり東邦ガスが行うので安心して利用できます。

  • ガスの供給エリア:愛知県、岐阜県、三重県(東邦ガスで都市ガスを利用している方対象)

中部電力

3.関西電力

関西電力もガス自由化に伴い新たにガス供給会社として新規参入した企業です。

関西電力のガス「関電ガス」は「なっトクプラン」でガス料金がお得になり、さらに「はぴeポイント」でもっとお得に利用することができるという興味深いシステムです。

その他にも、電気とのセットや早期の申し込み等でさらにお得に利用できる可能性もあります。

  • ガスの供給エリア:大阪ガスの都市ガス提供エリア(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、三重県、和歌山県)※一部供給できないエリアも有り

関西電力

4.九州電力

九州電力では、「きゅうでんガス」として新たに一般家庭向けや商店や会社向けのガス料金プランを出しています。

「スマートファミリープラン」と「スマートビジネスプラン」として電気の契約容量とガスの使用量に応じて所定の割引が適用されるというしくみです。

契約容量や使用料が大きくなればなるほど割引率が多くなっているので毎月多く使うという人や商店にとってはありがたいサービスかもしれません。

また、月々少ししかお得にならないという人でも、年間の料金でみたらかなりお得になっていることを実感できるでしょう。ガスの保安に関しては、今までと変わらないので安心して利用することができますね。

  • ガスの供給エリア:福岡エリア、北九州エリア(西部ガス供給エリアで都市ガスを利用している方対象)

九州電力

出典元:

ガス会社を変えるにはどうしたらよい?

ガスの自由化によりガス代が少しでも安くなるのであればガス会社の乗り換えも検討したいものです。では、どのようにガス会社の切り替え手続きをすればよいのでしょうか?

ガス会社の切り替えを希望する場合、都市ガスをご利用の方はガス会社に直接連絡します。現在都市ガスではなくLPガスやオール電化を利用していて、これから都市ガスに切り替えたいという場合は切り替える前の会社にも連絡をする必要があります。

切り替えに要する期間は、会社ごとのシステムによっても異なるため直接問い合わせてみるとよいでしょう。

出典元:

よく検討してからガス会社を変えましょう

検討 PIXTA

昨年4月の電力自由化から1年経ちましたが、今年はついに一般家庭向けガスの自由化もスタートしました。

日常生活で欠かせない電気やガスの使用料金を減らすことができるのであれば嬉しいですが、実際に利用する前にはサービスについて詳しく知る必要があります。

今回ご紹介したガスの供給会社は、電気とガスをセットで供給することでお得に利用できるというプランが多数みられました。

今現在の生活でどれくらい光熱費がかかっているのか、新サービスを利用することでどれくらいお得になるのかなど、知ることで今まで以上に豊かな生活が送れるかもしれませんね。

記事の感想を教えてください

7月1日〜17日に記事の感想をご投稿くださった読者のみなさまの中から、抽選で10名様にギフト券500円分をプレゼントさせていただきます。なお、当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせて頂きます。

「都市ガス自由化」「参入会社」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!