PR:ダイハツ工業株式会社

車選びの新基準は「安全」!ママがうれしい新型「ミラ イース」のすごさを体感してきました

2017年5月9日、ダイハツは新型「ミラ イース」の発売を開始しました!多くの人に安全と安心を提供したい、と願うダイハツの想いが詰まった、新型ミラ イース。一体どんな車なのでしょうか?実際に乗ってみたい!ということで、ママリ編集部ママが家族で体感会に参加してきました!

運転が必要になった!けれど…運転に自信がない!

子どもが生まれ、買い物や移動に車の購入を検討するようになったというご家庭は多いと思います。

子どもの送迎や日常生活においてママ用の車が必要になってくることも。

でも気がかりなのが運転…実は苦手というママは結構いるようです。

車の運転苦手な方いますか?
わたしは駐車が苦手です!!
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
ペーパードライバーで、車体感覚が掴めず、駐車、幅寄せ、バックが苦手です。あとハンドル操作がわからなくなります。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

運転の得意不得意に限らず、「うっかり」からの自動車事故のニュースもよく聞かれ、車の安全性への声は高まっています。

その声を受けて、ダイハツは多くの人に安心と安全を提供したいとの想いを込めて、高性能な安全機能を低価格で提供することを理念として掲げたのだそう。

そんな中で立ち上がったのが、「みんなの安全安心プロジェクト」。

その名の通り、車を使う「みんな」が安全・安心に運転できる社会を作りたい、という思いが込められています。

「みんなの安全安心プロジェクト」って?

ダイハツの「ミラ イース」ってどんな車?

ミラ イースは2011年の9月に発売された軽乗用車。「第三のエコカー」として、2012年以降は毎年10万台以上を売り上げるほどの人気車種です!

ポイントはなんといっても低価格・低燃費。気軽に乗れる軽自動車として愛されています。

そして発売から約6年の時を経て、ダイハツは今回の新型ミラ イースを2017年5月9日に発売しました。

ミラ イースの魅力である低価格・低燃費に加え、最新予防安全装備による安全性能を向上させたのが大きな見どころなんです。

ミラ イースの詳細はこちら

CMも人気♡

新型ミラ イースは、西島秀俊さんが出演する「デカい鍵」のCMでもおなじみですよね!

子どもが楽しく見ている、というママも多いのでは?

新しくなった「ミラ イース」はここが違う!

そんなミラ イースの体感会が、「みんなの安全安心プロジェクト」の一貫として、全国で行われるそう。

そこで今回はママリ編集部ママが、イオンモール幕張新都心でのイベントに家族で行ってきました!

展示スペースでミラ イースの魅力を知ろう♪

まずは、展示スペースを見学します。

ブースには2台のミラ イースが展示されており、自由に見学することができました。

クイズを解く中で特徴や魅力を知ることができるクイズラリーなど、楽しいイベントも♪

答えをスタッフに渡すと、プレゼントももらえました。子供連れにもうれしいイベントですね!

運転しやすい配慮がたくさん!

早速ミラ イースの運転席に座ると、ポケットやドリンクホルダー、フックといった収納が充実していることにびっくり!しかも小柄なママでも手に届く範囲にあるので便利です。

ナビやメーターの画面も大きく見やすい!

「手が届かない」「画面が見えにくい」といった運転中のストレスを軽減するさりげない気配りがたくさん詰まっています。

ママと身長差のあるパパでも、ゆとりをもって運転席に座れます。Gグレードはハンドルの高さ調節も可能なので、ママとパパでの運転の交代も問題なくできそう。

しっかりした座席と重厚感あふれるシートは、パパもきっと気に入るはず。

子どもは立てる!広々とした後部座席

コンパクトなボディですが、室内は高さと長さが十分にとられています。

実際に車内に入ってみて「思ったより広い!高い!」と感じる人が多いのではないでしょうか。

運転席の後ろでも大人が十分に座れる広さがあり、これならチャイルドシートへの乗せ降ろしもスムーズ。

4歳の男の子は、余裕で立つことができました!

ママに嬉しいポイントが他にも♡

子どもの乗せ降ろしや荷物の出し入れのしやすさも、ママにとっては重要ポイント!

トランクは、買い物や子どもの荷物をたくさん入れられそうな広々スペース。

日常使いにちょうどよさそうです。

しかも、後部座席は倒せばフラットシートになるんです。ベビーカーなどの大きい荷物を入れたいにも便利ですね!

ちなみに、後部座席はドアが90度近くまで開きます。

横に何もなければ、子どもを抱っこして乗せるのが楽ちんになりそう!

バックドアは樹脂を採用し、軽い開け心地となっています。つい力を込めて開けてしまい、その軽さにとまどうほど!

小柄なママでも手が届くようにハンドルが設置されています。

荷物を抱えながら背伸びしてドアを閉めていたママ、もう大丈夫です♡

豊富なカラバリで選ぶのも楽しい♪

展示されていたのはスカイブルーメタリックとブラックマイカメタリックの2台。

それ以外に7色、全9色のカラー展開がされています。

車もファッションの一部。毎日乗るものだから、好きな色を選びたいですよね。

気になるお値段は…

お財布 家計簿 PIXTA

「誰の手にも届く高品質」を総力挙げて追及した結果、新型ミラ イースは842,400円(消費税込み)~の低価格を実現!

安心・安全な機能を備え、低燃費も当然のように実現できているのに、この価格で手に入れられるのはうれしいですよね。

ガソリン代を抑えられるだけでなく、エコカー減税で取得税・重量税が免税に!

我が家にもう一台、を検討しているご家庭にピッタリです。

新型ミラ イースをもっと詳しく見てみる!

実際にミラ イースでスマートアシストⅢ機能を体験しました!

展示ブースでたっぷりミラ イースに触れた後は、新型ミラ イースに搭載されている「スマートアシストⅢ」の機能を体感してみました!

体験できるのは、コーナーセンサーと以下の2つの機能です。

  • 誤発進抑制制御機能
  • 衝突回避支援ブレーキ機能

体験できたもの以外にも、スマートアシストⅢには以下のような機能があります。

  • 高速道路で起きやすい車線からのはみだしにアラームとメーター表示で教えてくれる「車線逸脱警報機能」
  • 信号待ちでのうっかりを防止する「先行車発進お知らせ機能」
  • 夜間運転時に対向車からのライトを検知しハイビームとロービームに自動で切り替えてくれる「オートハイビーム」機能

これらは、ダイハツの掲げる「安全性」の実現のために開発されたもの!

ママの日常で起こりうる事故を、未然に防いでくれるんです。

スマートアシストⅢの詳細はこちら

苦手な縦列駐車や車の出し入れ時に大活躍「コーナーセンサー」

まずはコーナーセンサーの体験です。

苦手意識を持つ人が多い縦列駐車や車庫入れ。前や後ろがぶつからないかヒヤヒヤしますよね。

そんな苦手ママでも大丈夫。

コーナーセンサー機能では、左右前後のコーナーが障害物に近づくと、アラームとメーター内表示でお知らせしてくれるんです。

ライトの下にポチッとついた小さい丸い突起。これがコーナーセンサーです。

前後4ヶ所にコーナーセンサーが標準装備された軽はミラ イースが初なんだそう!

ボディに馴染んだ、自然なデザインになっています。

60cm、45cm、30cmとそれぞれにアラーム音が異なるので、慣れてくると聞き分けながら自分の今の位置を把握し、上手に寄せられるようになるそう。

後ろを見てくれる大人が誰もいない、ママ一人で運転する時には、本当に嬉しい機能ですよね。

センサーのサポートで、苦手意識を払拭しちゃいましょう!

アクセル踏み間違え、ギアの入れ間違えに…誤発進抑制制御機能

誤発進抑制制御機能は、前方や後方に障害物があるときに、アクセルを踏んでも車の発進を制御してくれる機能です。

駐車場でアクセルとブレーキを踏み間違えてしまった、バックギアを入れるところドライブにしてアクセルを踏んでしまった…といった「ヒヤリ」なシーンでも安心ですね。

フロントガラスに設置されているカメラが障害物を認識してくれるのだそう。

2つのカメラを搭載することで、人間の目のように障害物をとらえることが可能になったとのことです!

試乗では、車の前方にパネルがある状態で思いっきりアクセルを踏んでもらいました!

普通の車だと、パネルに衝突してあわや大惨事…というところですが、誤発進抑制制御機能のおかげで発進しませんでした。

大事故につながるミスを防いでくれる、ママと家族を守ってくれる機能だなあと実感!

ついうっかり、をしっかりサポート!衝突回避支援ブレーキ機能

子どもを乗せて運転していると、途中で子どもがぐずったり何かをこぼしたりと、ママも注意力が散漫になりがち。

つい後ろを振り返る、よそ見をする、そして前にいる車にあやうくぶつかりそうになる…そんな経験をしたことはありませんか?

衝突回避支援ブレーキ機能はそんなヒヤリを防いでくれます。

誤発進抑制制御機能と同様、前方の障害物を認識して、自動でブレーキがかかる機能。

15km/hのスピードで走る車で体験してみたところ、ブレーキを踏んでいないのに、きちんと障害物であるパネルの前で止まりました。

緊急ブレーキがかかったときは、モニター上にアラートも表示されます。

ご高齢者など、とっさに強く踏めず、弱いブレーキ圧になってしまった場合も、車側がブレーキを察知してしっかり車を制御してくれるんだそう。

ママだけでなくおじいちゃん、おばあちゃんが運転する場合も安心ですね。

安全・安心が詰まった新型ミラ イース

「一人でも多くの人に安心と安全を届けたい」ダイハツの想い

事故防止にはしっかり前を見て、注意して運転をすることが一番。この機能があれば絶対大丈夫とは言い切れません。

しかし万が一の時に、制御をサポートしてくれる機能があることは大きな安心につながります。

こうした機能に込められた思いについて、ダイハツの橋本さんからお話をうかがいました。

「ダイハツはスマートアシストⅢの機能によって、身近に起こる事故を一つでも減らしたいと願い、安全機能の開発に力を入れてきました。

しかし、どんなに安全機能の性能が良かったとしても、一部の人にしか手が届かないような値段になってしまっては良くないのです。

一人でも多くの人に安全を提供したい、それがダイハツの願いでもあります。

万が一の時に安心できるスマートアシストⅢがダイハツにはあるということを知っていただきたい。

まだ知らない方や体験していない方にぜひ来て、実感していただきたい!

実際にミラ イースに乗っていただき、スマートアシストⅢを体験していただくことで、安全への想いや運転への意識が変わるのではないかと思います。」

ミラ イースはダイハツの中でも、もっとも手が届きやすい価格に設定されている車種の1つ。

すべてのダイハツユーザーに高性能の安全性を提供したいと願って、今回スマートアシストⅢをミラ イースに搭載することにしたのだそう。

各自が運転に気を付けていくことは大前提ですが、それプラス車に安全機能を搭載することでより事故が少ない世の中になっていくのではないでしょうか。

車を運転する人も歩いている人も安全・安心であることがダイハツの喜びでもあります…と仰っていた橋本さんの言葉が印象的でした。

運転するママだけでなく、子供を連れて歩くママにとっても、隣を走る車にスマートアシストⅢのような機能が搭載されていたら嬉しいですよね!

ママの安全安心を叶える新型ミラ イース!

みんなの安心・安全を提供する新エコカー「ミラ イース」

車に様々な安全装備が備わっていることは、なんとなく知っているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、知っているのと、実際に体験するのとではずいぶん違います。

ダイハツのディーラー店頭でもスマートアシストⅢを体験できますが、店頭に来られない方のために今回のような試乗体感会を全国で実施しているんです!

店頭まで行くとなると敷居が高く感じるかもしれませんが、ショッピングや家族でのお出かけのついでにちょっと体験できちゃうのがうれしいですね。

あなたの街に試乗体感会が来た際には、ぜひ家族で足を運んで体験してみてくださいね!

スマアシ体感会のスケジュールはこちらをチェック!