ざっくり管理でOKの「袋分け家計簿」で赤字家計から脱出しよう

みなさんは「袋分け家計簿」をご存知ですか?昔からある家計管理方法の一つですが、これが簡単に続けられ、しかもちょっと楽しいと話題。インスタグラムでもさまざまな達人がやり方を公開しています。面倒で細かいイメージのある家計簿ですが、袋分け家計簿はざっくりでOK。費目の分類などが不要なので「家計簿が続かない」「毎月赤字続き…」「そもそも我が家の出費が不明!」そんなママにもおすすめの管理法です。是非日々の節約のヒントにしてみてくださいね!

画像:www.instagram.com

家計簿が続かないママ必見!ざっくりでOKな家計簿はコレ

みなさんは家計管理はどうされていますか?旦那さん任せ?家計簿をつけている?それとも特に何もしていないですか?小さい子供のいるママは、子育てと家事、そして仕事に手いっぱい。なかなか家計管理まで手がまわらないですよね。

子育てや老後にかかるお金を考えると貯金がしたい、でも気づけば「毎月給料日前はカツカツ…」「家計簿は続かない」「旦那の財布はおろか、自分の出費さえよく分からない!」そんなママも意外と多いのでは?

そんなママにおすすめなのが「袋分け家計簿」。続かない、面倒くさいを払拭してくれる、ストレスフリーな家計管理方法をご紹介します!

「袋分け家計簿」ってどんなもの?

封筒 PIXTA

袋分け家計簿はその名の通り、袋にお金を分けて管理するというものです。袋分けする際は、項目別に分けてその項目ごとに支払うので、お金が減っていく様子や残額が一目瞭然。無駄遣いをセーブできるという大きなメリットがあります。

袋分けの仕方はさまざまで、週単位や月単位に用途によって仕分けします。管理が面倒にならないように大まかなに仕分けるようにしましょう。

インスタで見つけた"袋分け家計簿"達人たち

袋分け家計簿はその特徴的な見た目から、インスタでも投稿する人が増えている様子!インスタの「#袋分け家計簿」で見つけた袋分け家計簿の達人をご紹介します。地味になりがちな家計管理も、おしゃれに楽しく続けている方々ばかり。

一口に袋分け家計簿といってもいろいろな方法があるので、自分でもできそうなのはどれか見比べてみて下さいね。

袋分けのみ!NO家計簿!ざっくり管理で楽ちん

__miya__15さんは2歳の男の子ママ。専業主婦で、家族3人暮らしをされています。 ノートや家計簿を用意せず、袋分け家計簿のみで家計管理をしています。項目は目的別。「食費」・「お米・水」・「こども費」…といった具合にざっくりと袋分けしています。

無印良品の「EVAケース・ファスナー付き」を袋分けに使用することで、ごちゃつきがちな封筒がすっきり見えますね。半透明なのがポイントなのかも!

「食費」「外食費」…費目ごと予算で袋分け!

t.s.a___homeさんは、ご主人と娘さんの3人暮らし。「食費 」「日用品」「外食費」「交通費」と費目ごとに袋分けをし、別途ノートに収支を書き出しています。食費以外の項目は家計簿に表を作って、その週の使った額と残金が分かるようにしているそう。

袋分けはダイソーのジッパーつきケースを使用。マスキングテープに費目を書いて貼っているのでどの項目の袋なのか一目瞭然ですね。

1ヶ月=5週間として週単位で管理

yuki_kakeiさん1歳のお子さん、旦那さんと暮らす専業主婦。袋分けは週ごとに食費5,000円×5週分。残りの25000円を生活費として、合わせて月5万円生活を送っています。

袋分けとは別途、月ごとの家計簿、年間の給与一覧などをつけており、管理がとても細やかです。

システム手帳のレフィルで袋分け!

a__t.m.k__yさんは、1歳と4歳のお子さんを育てているママ。1週目から5週目までを「やりくり費」として週ごとに袋分け。食費やガソリン代以外の経費はこちらから支払っています。その他、「予備費」の袋を作り、「やりくり費」で足りなかった分の補充や特別費用をこちらから支払っています。

クレジット用の袋も作っていて、ガソリン代は基本クレジット払い。他、クレジットで支払った額をその都度袋に入れているんだそうです。a__t.m.k__yさんは、袋分け家計管理のお財布事情もこまかく公開されているため、とても参考になりますよ。

セリアのドキュメントケースでまとめて管理

momo.kakeiboさんは、お子さんと旦那さんの3人家族。仕事と子育てを両立する兼業ママです。袋分け家計簿に使用しているのは、セリアで買ったドキュメントファイルとコインケース。袋分けをする項目をファイルに貼って管理をしています。

コインケースは、食費、日用品などの項目ごとに仕切り、余った小銭は貯金できるようにしています。1つのファイルで仕訳が出来るので管理がとても便利ですね。袋での管理が難しそうな型は、こういったケースでまとめて管理するのがよさそうです。

気軽に袋分け家計簿を取り入れましょう

家計 PIXTA

家計簿は、毎日ノートなどに記入する手間がかかるため、なかなか続かないという方もいるのではないでしょうか。しかし、今回ご紹介した袋明け家計簿であれば、分けて管理したい項目を決めて袋に分けるだけ。必要なものが少なく、手軽に始められるのがメリットです。

ご紹介した5名のように、やり方はその人次第。あなたに合った方法が見つかるとよいですね。

記事の感想を教えてください

7月1日~7月17日に記事の感想をご投稿くださった読者のみなさまの中から、抽選で10名様に「ギフト券」500円分をプレゼントさせていただきます。なお、当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせて頂きます。

「袋分け家計簿」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!