4人で食費3万円、貯金は年間200万円!yukiiii.2016さんの節約術

日々の生活ってお金がかかりますよね。子供が生まれると、保育園や幼稚園の費用が発生したり習い事を始めたり、思いがけない出費が発生することも。将来のことを考えると、マイホームを購入したり子供の教育費をきちんと貯蓄していったりしたいと思っても、なかなか節約できずにうまくいかないということもありますよね。今回は、インスタグラムで人気のyukiiii.2016さんが実践している方法から、ぜひ真似したい節約術をご紹介します。

インスタでフォロワー1万人超!yukiiii.2016さんってどんな人?

今回ご紹介するyukiiii.2016さんは、なんと、インスタグラムでフォロワーが1万人超!ご夫婦で共働きをしており、5歳と1歳のお子さんがいる4人家族です。

節約術が人気のyukiiii.2016さんですが、もともとかなりズボラな性格で、家計簿とは無縁の生活だったようです。しかし、マイホームを購入するにあたり家計の見直しを決意。年間200万円×10年間の貯金を目標とし、10年後に1,000万円を繰り上げ返済することを目指して頑張っています。

yukiiii.2016さんの食費節約ワザ3選

節約と聞いたときに浮かびやすいのが、食費。少しでも安い食材を求めて複数のスーパーをはしごするという方もいるかもしれませんね。とはいっても、なるべくおいしい食事をしたい、栄養バランスも気にしたいなど、食の悩みは尽きないものです。

yukiiii.2016さん一家の食費は米、調味料、お菓子など全て含めて1か月30,000円。4人家族でこの金額とはとても驚きですね。インスタの投稿では、魚料理が少なかったために食費を少し増額したと記載されています。少し食費がかさんでも栄養バランスや身体によいものを食べてもらいたいと思うママ心がとても素敵です。

家族4人で1か月30,000円を実現させているのは、いったいどのような工夫なのでしょうか?

まとめ買いは1回につき5,000円以内

yukiiii.2016さん一家は、お米代や生協で使う金額を除いて1か月22,000円でやりくりをします。1日当たりの金額を計算すると、約730円。買い物に行く際は、1日当たりに使える約730円×7日分の金額である5,000円だけをお財布に入れて出かけます。

買い物をするタイミングにポイントがあって、平日、お子さんが一緒にいないときがよいのだそう。お子さんがいると「あれ買って!」というおねだりに対応しなくてはならず、とても大変ですよね。

品物を買い物かごに入れる際は、電卓で計算して予算を超えないように注意しながら、5,000円になったらその場で買い物は終了です。そのため、どのような順番で買い物をしていくのか決まっていて、野菜は減らしてはいけないという気持ちから優先して買い物をするそうです。

よく買う食材は、単価の安い豆腐やもやし

食費は抑えても、見た目が美味しくて、実際に味も美味しいご飯を作りたいですよね。お子さんがいる方であれば、ボリューム感もとても大切です。そんな理想のご飯のため、yukiiii.2016さんがよく買う食材はこちらです。

  • 春雨
  • お麩
  • わかめ
  • 豆腐
  • こんにゃく
  • もやし

こういった食材は、単価が安く、かさ増しにもなるため重宝しますよね。こういった食材とキャベツの芯などで、立派なお味噌汁の完成です。食材を余すところなく使うということも節約の大切な要素ですね。

休日に作り置きをして時間も節約

最近、雑誌などの特集で作り置きについて目にする機会が増えました。休日におかずをたくさん調理して保存したり、すぐに調理できるように下ごしらえしたりして平日の時間の節約をしたいと考える人もいるかもしれませんね。

yukiiii.2016さんは、休日にまとめ買い物をした後に作り置きをします。ある休日には、お子さんを保育園に預け、週1回のまとめ買いをした後に4日分の作り置きをしたそうです。その日の作り置きは以下のメニューです。

  • ちくわとカマボコ焼いただけ
  • こんにゃくのきんぴら
  • きのこのマリネ
  • 白菜と人参のチャプチェ
  • 大根とちくわの煮物
  • 手羽元の甘酢煮
  • 青椒肉絲
  • 白菜サラダ
  • さばの味噌煮
  • こんにゃくと厚揚げの煮物
  • 味玉
  • 野菜炒めの下ごしらえ
  • カレー

これだけの量を作り置きするのはとても大変。平日短時間でご飯を用意するための努力には頭が下がります。yukiiii.2016さんの平日の目標は、夕食の準備を15分で終わらせることだそうですよ。

yukiiii.2016さんに学ぶ、年間200万円貯めるための家計管理法

年間200万円貯蓄、節約と聞くとまず何をどうすればいいかわからないという方もいるかもしれませんね。yukiiii.2016さんが大切にしていることは、「貯金すると決めたら、まず今できることをする」ということです。

例えば、生活習慣を変えること。頑張った自分にご褒美を買う、ということをしていませんか?数年前は彼女も自分のご褒美を買っていましたが、よく考えてみると、これはただの衝動買いだと気づいたそうです。そこからたどり着いた買い物のコツは、一度頭を冷やすことと、本当に必要なものかを考えること。

欲しいものを欲しいだけ買っていたら、いくらお金があっても貯まりません。欲しいものを買うのではなく、必要なものを買う力をつけるということを大切にしています。

クレジットカードの買い物を抑えるコツ

普段の買い物でクレジットカードを利用しているという方、利用状況をきちんと把握していますか?クレジットカードはとても便利ですが、利用したタイミングから引き落としまでに時差があるため、いつどのくらい利用したのかをきちんと把握しておく必要がありますよね。

yukiiii.2016さんは、カードを使用した日に家計簿をつけ、その月のやりくり費の中からカード利用袋に現金を移動しておくのだそう。カードを利用した金額が現金で見えるようになるため把握しやすいということと、現金の移動の手間がかかるためカード利用を控えることにもつながりそうですね。

「365日貯金」で小銭も余さず貯める

365日貯金という方法をご存知ですか?これは、毎日1から365までの数字を選び、同額のお金を貯金箱に入れて行くというものです。貯金した金額の数字を毎日塗りつぶしていくと、365日経ったときには絵が完成し、貯金箱には66,795円が貯まる仕組みです。

塗っていくシートはSNSなどでさまざまな種類があり、貯金を楽しみながら続けられるようになっています。貯金する金額は自由に選ぶことができ、どんなに高くても365円ですのであまり負担がなく続けられそうですね。

yukiiii.2016さんもこの貯金方法を取り入れているようですが、毎日の貯金を必須にせず、小銭があるときだけ少しずつ進めています。「毎日必ず貯金をする」と決めるよりも、「できるときにやる」くらいの考え方のほうがこつこつ続けられるのかもしれませんね。

節約ばかりでなく、時には自分へのご褒美も

日々食費の節約などに励むyukiiii.2016さんですが、自分の好きなことにお金を使うこともあります。この日のために貯金をしていたという陶磁器フェアに行き、おしゃれな食器を購入したようです。

無駄遣いは避けたいですが、無駄なものではなく必要なものを買った、という意識があればたまには自分へのご褒美があってもよいですよね。

出典元:
  • ゼブラ「新生活で始めたい!!楽しく続けて1年後にごほうびゲット♡ 貯めてぬって達成感2倍の「ぬりえ貯金」がアツい!」(http://www.zebra.co.jp/press/trend/0412.html,2017年5月23日最終閲覧)
  • ゼブラ「手書きで楽しむ「ぬりえ貯金」」(http://www.zebra.co.jp/money/,2017年5月23日最終閲覧)

yukiiii.2016さんの節約術を真似してみよう

インスタで人気のyukiiii.2016さん。もともとズボラな性格であったという彼女ですが、マイホーム購入をきっかけに年間200万という目標を掲げて日々節約を頑張っています。食費を節約したり作り置きをしたり、真似できそうなところがあったのではないでしょうか。

そんな彼女ですが、1年間家計簿をつけて家計を把握したこと、ご夫婦の万が一に備えた保険加入の目途がたったこと、無駄遣いをせず、節約をする生活が身についたことから、投資信託と確定拠出年金を始めるようです。

今後のyukiiii.2016さんに注目ですね。

記事の感想を教えてください

7月1日〜17日に記事の感想をご投稿くださった読者のみなさまの中から、抽選で10名様にギフト券500円分をプレゼントさせていただきます。なお、当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせて頂きます。

「節約」「食費」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

  • ゼブラ「新生活で始めたい!!楽しく続けて1年後にごほうびゲット♡ 貯めてぬって達成感2倍の「ぬりえ貯金」がアツい!」(http://www.zebra.co.jp/press/trend/0412.html,2017年5月23日最終閲覧)
  • ゼブラ「手書きで楽しむ「ぬりえ貯金」」(http://www.zebra.co.jp/money/,2017年5月23日最終閲覧)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!