里帰りはしなくても大丈夫!先輩ママに聞いた「決断の理由と成功のコツ」

出産を控えたママたちにとって、里帰りするかどうかは1度は迷う問題ですね。「住み慣れた実家に戻るのは安心できるけれど、自宅にパパを置いていくのは心配」または「里帰りはしたくないけれどパパと2人で育児できるか不安」などたくさんの悩みがあることでしょう。そこで出産を経験した子育て中のママたちに、里帰り出産をしなかった理由、両親のサポートなく産後の新生児育児を成功させていくためのコツを聞きました。

PIXTA

里帰りはしない派のママに聞いた産前産後のリアルライフ

出産はママにとっての大仕事。どのような状況でその日を迎えるかはとても大切なことですね。特に産前産後に過ごす場所は、生活面だけではなく精神的な面も大きく左右します。

産前産後の過ごし方を考える上で、出産前後で自分の実家やパパの実家に里帰りするかどうか、悩んでいるママも多いでしょう。そこで、出産を終えて子育て真っ最中の先輩ママたちに話を聞き、里帰りはしないと決めていたママの意見を伺いました。

里帰り派先輩ママに聞いた「決断の理由と成功のコツ」

関連記事:

里帰り派先輩ママに聞いた「決断の理由と成功のコツ」

出産を控えたママたちにとって、里帰りするかどうかは1度は迷う問題ですね。…

里帰りしない派

家族 新生児 PIXTA

里帰りをしないと選択したママは、両親に頼ることができないことがデメリット。猫の手も借りたい状態になるでしょう。

それでも里帰りをしなかった理由、両親のサポートがなくても育児を乗り越えた方法や知恵を先輩ママに聞いてみました。

私が里帰りしなかった理由

産前産後はママの体力が消耗し、人に頼らずに生活するのはとても大変なこと。それでも里帰りしなかった理由を先輩ママに聞くと、こんな答えが返ってきました。

  • 家の近くの産院が有名だったため、そこで出産してみたかった
  • 実家で自分が休息できる環境ではなかった
  • ギリギリまで仕事をしていて、実家が遠方だったため
  • 夫に立ち会いしてもらいたかったから

里帰りしないママの場合、実家が遠方であったり頼れない状況だったりといった外的要因による決断が目立ちました。一方で夫の立ち会いのためや、家の近くの有名産院で産みたいなどママ自身や家庭の要因で決断したという声も。

いろいろな判断材料を総合的に判断して、里帰りはしないことを選んだようです。

出産前にやっておくべきことリスト

メモ PIXTA

里帰りしない出産は、産前の準備がとても大切。産後ママの体は自由に動く状況でない可能性もありますし、比較的元気であってもできるだけ激しく動かないことが、ママの体を回復させるうえで重要です。

先輩ママに、産前に準備するべきことを聞きました。

自宅の環境を「子育て仕様」に

出産後はバタバタする上に、平日はパパも仕事に出てしまい、赤ちゃんと2人きりの生活がスタートします。上の子もいたらさらに大変ですよね。まずは自宅を赤ちゃんを育てるための仕様に変更する必要があるでしょう。

先輩ママの中には、1階と2階を移動する手間を省くために、使うものを両方に準備しておいたという声や、赤ちゃんグッズを収納するスペースの確保のためにクローゼットや押入れを整理したという声も。また、産後に食事の準備をするのが大変になるため、食事の宅配サービスを検討しておいたというママもいました。

より子育てしやすい環境にしておくことで、産後の生活を乗り越えられたようです。

パパに向けた「やってほしいことリスト」を作成

メモ PIXTA

パパに向けた、産後やってほしいことのリストを作成したという先輩ママも。産後の出生届などの手続き関連、赤ちゃんのお世話など、パパがやるべきことを事前にまとめておくことで、パパは自分の役割がわかって動きやすくなるかもしれませんね。

また、育児本を1冊用意してパパに予習してもらうというママもいましたよ。初めての出産ならとくに、赤ちゃんは未知の存在。どのようにお世話したらよいのか事前に知ってもらうことは大切です。

食事の作り置きをして、たくさん冷凍しておく

産後は「食事の時間に合わせて食事を作る」というこれまで当たり前だったことができなくなります。赤ちゃんのお世話は時間通りにいかず、気づけば食事を食べ損ねることも。

そんな状況でも、食べられそうな場面でサッと食事を済ませられるよう、食事の作り置きをして冷凍するというワザが使えるようです。パパもレンジで温めるだけならできそう。自分の食事は自分で用意して、片づけまで済ませてもらいましょう。

産前にキッチンに立つのがつらいときには、冷凍食品でも十分ですよ。パスタやドリア、お好み焼きなどバリエーションを用意するとパパが飽きないかも。

里帰りしなくてよかったこと、困ったこと

パパ ミルク PIXTA

毎日が忙しく、大変な面もある里帰りしない出産。しかし、実際に過ごしてみると良かったと感じる面もあるようです。先輩ママが里帰りしない出産で感じたよかったこと、困ったことを聞きました。

里帰りしなくてよかったこと

  • 誰にも気を使わない
  • 困ったときは気兼ねなく助けを求められる
  • パパと一緒に子育てをスタートできる

まずは住み慣れた自宅での育児は誰にも気を遣わずに済むことがメリットのようです。疲れた時は時間を気にせず赤ちゃんと一緒に休んで好きなテレビを観たり、好きな時間にお風呂に入ったり。実家ではどうしても生活リズムに制限が出る部分がありますが、自宅なら赤ちゃんとママのペースで生活できます。

また、パパが最初から育児に参加できることや、パパが忙しいときには「1人で大変なので誰か助けて」と気兼ねなく周囲にSOSを出せるという意見も。「里帰りしていないので誰かに頼らないとうまくいかない」と自分自身の中で割り切ることで、周囲に頼る力も身につきそうです。

里帰りしなくて困ったこと

疲れた 母 PIXTA

  • 大人と話す機会が極端に少ない
  • 家事がストレスになる
  • 昼間、赤ちゃんを見ていてくれる人がいない
  • 全てパパと2人で乗り越えなくてはいけない

パパが一緒に住んでいるとはいえ、仕事に出てしまっている時間は大人と話す時間が少なくなりがち。気づけば朝から独り言ばかり言っている、ということもあるようです。自分が思っている以上に大人と話さないことがストレスだったと話すママもいました。

また、パパがいない時間は基本的に誰にも赤ちゃんを預けられないので、急な買い物や手続きに行けずに困ったという声も。赤ちゃんのいる生活は制限が多くなっているため、急な動きができないことは意外と大きなストレスになるかもしれません。

里帰りしないで出産、産後生活を成功させるコツ

パパ 家事 PIXTA

先輩ママに、里帰りしないで出産、産後生活を成功させるためのアドバイスをもらいました。

「難しい」「できない」をパパに伝える

「ママが初めての育児の中で『難しい、できない』と感じ、悩んでいることをパパに伝え『誰もわからないんだ』とわかってもらいましょう。男性は『女性は産んだら母親になれる』『母親だからできる』という勘違いをしがちなので、2人で乗り越えて、これから一緒に家族になるということを経験してもらえる良い機会だと捉え、その考えに共感してもらうとよいと思います。(1歳男の子ママ)」

パパによくある「ママは母親なのだからできるはず」という過信。ママが育児は初めてであるにも関わらず、「俺は副担任」と言わんばかりにただのサポートに回ろうとする夫にイライラしたママは多いようです。

ママにもわからないことはある。毎日難しい、できないと感じていることを伝えていきましょう。どちらかがサポート役というのではなく、あくまで2人で乗り越えていくということを伝え続けていくことが大切です。

産前からパパに「自分のことは自分で」を身につけてもらう

パパ 料理 amana images

「パパには最低限でも自分のことは自分でできるよう、妊娠中に教育しておくことが必要だと思います。ママは育児でいっぱいいっぱいなので、旦那のことまで構っている暇はありませんし、むしろ旦那が家事・育児を手伝えない状況だとママが相当追いつめられてしまいます。(1歳男の子ママ)」

赤ちゃんが生まれたら、パパのお世話をしている暇はありません。産前からパパには、自分のことは自分で解決してもらいましょう。

ママが対応できない家事も抵抗なくできるようになるまで、産前から練習しておくとよいでしょう。バタバタしているときにお願いして「やり方は?」と言われると非常にイライラするもの。そうなる前に丁寧にレクチャーしておくとよいですよ。

自分のハードルを下げて、ゆるいペースで

「『〇〇しなきゃ』と自分で決めず『〇〇できたからOK』くらいのゆるいペースにしましょう。(0歳女の子、4歳男の子ママ)」

里帰りしない育児は、レストランに例えれば、案内や注文取り、調理、配膳すべてを1人のスタッフが行うようなもの。たまにもう1人のスタッフが増えますが、経験が浅いためなかなか思うように動くことができません。

そんな状態でママが完璧を追い求めることは、無理です。常に自分が乗り越えられる高さのハードルに設定し、できたら自分を認めてあげる癖をつけましょう。全力疾走して途中でバテてしまうより、ゆっくりペースでも完走することを目標に。

里帰りしない出産は協力体制と頼る力が大切

出産 PIXTA

里帰りしない出産で、大切なのは家族の協力と、周囲に頼る力。一人でなんでもするのではなく、積極的に周囲に頼りながら乗り越えていきましょう。

大切な赤ちゃんを元気に育てることはもちろん、育児をするママやパパ笑顔で過ごすことができる産前産後になるとよいでしょう。育児は誰でも最初は初心者。どちらの選択にしても頑張る自分自身を認めながら子育てをスタートさせてくださいね。

記事の感想を教えてください

6月1日〜6月30日に記事の感想をご投稿くださった読者のみなさまの中から、抽選で10名様に「ギフト券」500円分をプレゼントさせていただきます。なお、当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせて頂きます。

「里帰り」「出産」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!