赤ちゃんを夏の暑さから守る!夏の日差し対策グッズを早めにゲットしておこう

梅雨に入り、蒸し暑い日も増えてきましたね。体温が高くたくさん汗をかく赤ちゃんにとっても、ずっと抱っこしているママにとっても、不快指数の高い季節。特に赤ちゃんは自分から暑さを訴えることができないので、ママがしっかり気づいてあげたいですよね。というわけで、今の蒸し暑い梅雨から暑さが厳しくなる夏本番まで使える、便利な暑さ対策グッズをご紹介します。今から揃えて、夏を元気に楽しく過ごしましょう。

PIXTA

夏の暑さは赤ちゃんにとって危険!早めにしっかり準備しよう

便利な暑さ対策グッズの力も借りて、楽しくお出かけできるといいですね。

6月に入り、30度を超える日も出てきました。この時期は、大人の体もまだ暑さに順応できていませんが、自分で暑さを訴えることができない赤ちゃんは、特に熱中症に注意が必要と言えます。ママが気をつけてあげているつもりでも、気づいた時にはもう熱中症の症状が出てしまっているということも少なくありません。

赤ちゃんは暑さの厳しい状況に置かれることが多くあります。抱っこされているとき、ママの体と接している面積は、体の小さな赤ちゃんにとってかなりの割合です。ほとんど全身がママの体温に包まれている状態なのです。赤ちゃんは、ママが感じているよりもずっと強く暑さを感じています。

また、ベビーカーに乗っているときにアスファルトから伝わる熱は、50度にもなると言われています。

夏の暑さが年々厳しくなっているように感じますが、今のうちからしっかり暑さ対策をして、夏の太陽の下でも元気に遊び回れるようにしてあげましょう。

夏本番を迎えるまでに揃えておきたい!暑さ対策グッズ7選

眩しい amana images

暑さの厳しい季節も、元気にお出かけを楽しみたいですよね。夏の日差しや暑さに弱い赤ちゃんとのお出かけに備えて、今から準備を始めましょう。

赤ちゃんの月齢やお出かけ先に合わせて用意することが大切です。参考にしてみてくださいね。

1.一目でわかるのがうれしい!熱中症警告計

熱中症警告計

温度や湿度を表示し、熱中症の危険度を4段階でチェックすることができます。変化に気付きにくい赤ちゃんとのお出かけには心強い味方です。

手のひらサイズでストラップ付きなので、カバンやベビーカーにつけて、どこにでも持ち歩くことができます。お出かけに便利ですね。

まだあまりなじみのないアイテムかもしれませんが、熱中症以外にもインフルエンザの危険度もお知らせしてくれるので、1年を通じて活躍してくれそうですね。

2.ネックカバー付きの帽子で日差しをブロック

子供は帽子を嫌がることが多いので、お出かけの時には帽子を被る習慣を早めに身につけられるといいですね。

夏の日差し対策には、後ろからの日差しもカットしてくれるネックカバー付きの帽子がおすすめです。

この帽子のツバには芯が入っていないので、安心して動き回れます。後ろに入っているギャザーゴムのおかげで風にも強く、UVカット素材で手洗いできるので、たくさん汗をかいても清潔に保つことができます。

色や柄も豊富なので、お子さんに似合うものに出会えるかもしれませんよ。

3.装着簡単な保冷シートは必需品

赤ちゃんがかく汗の量に驚くことはありませんか。お昼寝を終えて抱っこをしたときに、背中がぐっしょり濡れるほどの汗をかいているなんてことも多いですよね。

抱っこひもやベビーカーに簡単に取り付けられる保冷シートは、1枚あると本当に便利です。

これは冷凍庫で冷やしても固くならないジェルタイプ。赤ちゃんの背中もゴワゴワしません。25度前後を3時間維持でき、冬は保温にも使えるので経済的です。

装着がひもで簡単にできることや、専用カバーは取り外して洗濯できるので、手軽にお手入れできる面も好評なようです。

4.後ろ姿が可愛いひんやりリュック

この保冷シートのおすすめポイントは、何といってもその可愛さです!専用カバーのひもが長めになっているので、リュックのように背中に背負って遊ばせることができます。

もちろん、抱っこひもやベビーカーにも使え、お手入れも簡単。愛らしいクジラ柄のおかげで、厳しい暑さの中の外遊びもちょっと元気が出るかもしれませんよ。

5.寝ているときもひんやり心地のベスト

赤ちゃんのお昼寝におすすめの、保冷剤を入れるポケットがついた可愛いベストです。ポケットは脇と首の後ろを冷やせる場所に作られています。

肌当たりの優しいガーゼ素材で、スナップの前開閉なので寝かせたままでも着せやすいように工夫されています。

心地よい温度を維持してくれるので、お昼寝中にぐずって起きてしまうことも減るかもしれませんね。

6.どこにでも持って行ける、お出かけ用扇風機

風のない日は、同じ気温でも体感温度は高く感じますよね。ベビーカー等につけて持ち運べる扇風機は、そんな時にあると便利なアイテムです。

この扇風機は単三電池2本で動きます。電池の誤飲や扇風機の指詰めなどを防止できるように工夫されているのもママにはうれしいポイントです。

7.抱っこにもベビーカーにも、快適なサラサラ感を

夏の強い日差しから赤ちゃんを守ってくれる便利なケープは、抱っこひもとベビーカーの2WAYタイプを選ぶのがおすすめです。

クリップ式なので、抱っこしたままでも一人で取り付けることができます。

ひんやり素材で、UVカット率は95%。暑さ対策だけでなく、赤ちゃんのデリケートな肌を守ることもできます。室内では、冷房対策にも使えそう。

早めの暑さ対策で、元気に夏のお出かけを楽しもう!

夏 お出かけ PIXTA

便利でかわいい暑さ対策グッズ、いかがでしたか。最近はデザインも豊富になり、プチプラなアイテムも充実しています。

強い日差しから赤ちゃんの肌を守ったり、赤ちゃんの体温を調整したりするなど、夏の季節はママが気をつけないといけないことがたくさんあります。ママも暑くて大変なのに、夏のお出かけは苦労もいろいろですよね。

水分補給や日陰での休憩も忘れずに、元気に今年の夏を楽しめるようグッズを有効活用してみてください!

「赤ちゃん」「日差し対策」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧