子供と一緒に楽しもう、簡単おやつレシピ7選

子供だけでなく、大人にとっても楽しみなのがおやつの時間。美味しいおやつを食べていると幸せな気持ちになりますよね。しかし、毎日の事となると準備するのは大変!できるなら添加物が少ないものを選びたいというママも多いのではないでしょうか。そこで今回は私がおすすめする手作りおやつレシピを7選ご紹介したいと思います。簡単なのでおやつ作り初心者のママでも安心して作ることができ、さらに子供と一緒に楽しみながら作ることが可能です!

美味しいおやつは体と心の栄養補給

子供だけでなく大人にとってもおやつというのは嬉しいもの。家事や育児の合間にひと息入れたいなんてときに、美味しいおやつがあると心身共に安らぎます。

しかし毎日のこととなると準備も大変。子供が大きくなると食べる量も増えますし、コストもかかってしまいます。そんなときはおやつを手作りしてみるのはどうでしょうか。

手作りおやつなら市販のおやつよりも安く済むこともあります。甘さなども自分好みに調整できるのがメリットの一つ。ですが、おやつを作ることになれていないなんてママとパパには抵抗があるかもしれません。

そこで今回は、親子で手軽に楽しく作ることが出来る簡単おやつレシピ7選をご紹介したいと思います。これからの暑い時期にぴったりな冷たいスイーツや混ぜて焼くだけの簡単焼き菓子、一見難しそうな和菓子まで幅広くピックアップしてみました。

ぜひ、子供と一緒に挑戦してみましょう!

1.混ぜて焼くだけ!簡単絞り出しアーモンドクッキー

執筆者提供画像 Ray_M

まずはおやつ作りの定番、クッキーです。クッキーはおやつ作り初心者のママやパパでも気軽に作ることができます。今回のレシピは、材料を混ぜてすぐに焼き上げるので型はもちろん、時間や手間もかかりません。材料にアーモンドパウダーとありますが、100円ショップなどの製菓コーナーに置いてあるのですぐに手に入ります。

生クリームなどを絞る袋がなければスプーンですくって生地を並べてもOK。サクサクッと軽く、パクパク食べてしまう美味しさです。さらにワンランク上のクッキーにしたいという方にはナッツやドライフルーツを上に乗せたり、生地に混ぜ込んだりして楽しむのもおすすめ。

材料(30~40個)

  • バター …80g
  • 砂糖… 40g
  • 卵…1/2個(約25g)
  • ★薄力粉…120g
  • ★アーモンドパウダー… 20g
  1. バターを室温に戻して柔らかくする。砂糖を加えてよく混ぜる。
  2. 溶きほぐした卵を少しずつ加えながら混ぜる。★を粉ふるいなどでふるって1の生地に入れてヘラなどで混ぜてまとめる。
  3. オーブンを170度に予熱。生地を絞り袋に入れる。クッキングシートを敷いた天板にクッキー生地を間隔をあけながら絞り出す。
  4. 170度で13~15分焼いたら完成。

2.100円均一の型で簡単に!ココアパウンドケーキ

執筆者提供画像 Ray_M

ケーキ屋さんだけではなく、今やコンビニにまで置いてあるパウンドケーキ。一見、難しそうかと思いきや意外にも作り方は簡単。先ほど紹介したクッキー同様に材料を混ぜて焼くだけ。とてもシンプルな作り方で、かつ見た目も豪華なのが魅力の一つ。

100円均一でパウンドケーキの型も売っているのでケーキ作り初心者という方でも気軽に挑戦することができます。今回はココアパウンドケーキのご紹介ですが、バニラやドライフルーツ、抹茶などアレンジも自在にできるのでバリエーションが広がります。

おやつにはもちろん手土産にも喜ばれること間違いなし。筆者もお友達の家に行くときはパウンドケーキを焼いて手土産として渡すことが多いです。しっとりとした生地で一口食べると口の中にココアの香りが広がります。

材料(パウンド型1台)

  • バター…80g
  • 砂糖 …100g
  • 卵(LLサイズ) … 2個(約140g)
  • ★薄力粉 …100g
  • ★純ココア …20g
  • ★ベーキングパウダー …小さじ½
  1. バターを室温に戻し柔らかくする。砂糖を加えて混ぜる。溶きほぐした卵を少しずつ加えて混ぜる。
  2. ★を合わせて粉ふるいなどでふるい、1に加えてヘラで混ぜる。
  3. オーブンを160度に予熱。クッキングシートを敷いたパウンド型に生地を入れる。軽くトントンと落として生地を平らにする。
  4. 160度で50~55分焼く。楊枝や竹串などを刺して生の生地がつかなければ焼き上がり。型から生地を取り出して冷まして完成。ラップに包んで一晩置くとさらに美味しくなります。

3.おやつや朝食に!パンケーキミックス不使用のヨーグルトパンケーキ

執筆者提供画像 Ray_M

今や専門店も出来るほど人気の高いパンケーキ!おやつだけではなく朝食として食べる家も増えているのではないでしょうか。今回はパンケーキミックスを使わずに薄力粉とベーキングパウダーを合わせたレシピをピックアップしてみました。さらにヨーグルトを加えてふわっもちっとした食感が美味しいパンケーキです。

フライパンで焼くのはもちろん、ホットプレートを使用して家族みんなで作るのも楽しいですよね。丸型だけでなく、動物やハートなどの形にすると一層楽しめます。蜂蜜やチョコレート、アイスクリームなどをトッピングしても良いですし、ハムや卵といった食事系のものと合わせてもおすすめです。

もちろんパンケーキミックスを使用して作るのもOK。牛乳のかわりにヨーグルトを加えて作ってみてください。

材料(5~6枚)

  • ★薄力粉 …200g
  • ★砂糖 …30g
  • ★塩 …3g
  • ★ベーキングパウダー …10g
  • ヨーグルト…200g
  • 卵 …1個(50g)
  • バニラエッセンス(無くても可)…少々
  • 溶かしバター…10g
  • バター(焼く時用)…適量
  1. ボウルに★を入れて泡立て器で混ぜる。ヨーグルト、卵、バニラエッセンス、溶かしバターを加えて混ぜる。
  2. フライパンを煙が出るまで温める。温めたら濡れ布巾にフライパンの底を1~2秒当てる。弱火にし、バターを敷く。生地を流し入れる。
  3. 表面にふつふつと泡が出てきたらひっくり返す。中まで火が通ったら完成。

4.あっという間に完成!ふわふわ饅頭

執筆者提供画像 Ray_M

和菓子の定番といえば饅頭ですが、家で作ることができるのだろうかと疑問に思う方もいるはず。筆者自身、饅頭はお店で買うものだと思っておりました。しかし、それがご家庭で簡単&あっという間に完成するんです!

材料をこね、あんこを包んで蒸すだけというなんとも簡単なレシピで、特別な材料は必要なし。生地にはちみつを加えていますが、無くても大丈夫。子供だけでも作ることができるほど簡単です。蒸すときは火傷をしないように大人が行ってください。

中身はこしあんのレシピですが、つぶあん、白あん、抹茶餡などに変えても楽しめます。温かいお茶と一緒に召し上がれ。

材料(6個分)

  • ★薄力粉 …150g
  • ★ベーキングパウダー …小さじ1/2
  • ★砂糖 …30g
  • はちみつ …5g
  • 水 …50g
  • こしあん … 適量
  1. ★をボウルに入れて泡立て器で混ぜる。はちみつ、水を加えて生地をこねる。
  2. 生地を6等分にわけて、こしあんを包み込む。蒸し器を沸かし、中火で10分蒸したら完成。 

5.暑い日に食べたい!水ようかん

執筆者提供画像 Ray_M

暑い日に食べたくなるのが冷たいスイーツですよね。ひんやり冷えたスイーツは火照った体を落ち着かせてくれます。かき氷やアイスクリームも良いけれど、たまには冷たい和菓子を作ってみませんか?夏の定番、水ようかんは作り方がとても簡単。

材料はたったの4つ。市販のこしあんを使うので手軽に作ることができるのです。冷やし固める型は保存容器や深めの器でも構いません。つるっとしたのど越しがたまりませんよ。

もちろんそのまま食べても美味しいですが、フルーツやきな粉をトッピングすると違った美味しさが楽しめます。

材料(3~4人分)

  • 水 …200g
  • こしあん …200g
  • 塩 …ひとつまみ
  • 粉寒天 …2g
  1. 鍋に水、こしあん、塩、粉寒天を入れて混ぜる。
  2. 混ぜながら中火にかける。ふつふつ沸いてきたら1分沸騰させる。
  3. 火を止めて型に流し入れる。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして完成。

6.素朴で美味しい、昔ながらの焼きプリン

執筆者提供画像 Ray_M

卵、牛乳、砂糖があれば完成する、おやつの定番焼きプリン。最近のプリンは滑らかで濃厚なものが多いですが、今回は素朴で懐かしい味わいの焼きプリンをご紹介したいと思います。卵黄だけでなく卵白も使うので、焼き上がりはちょっと硬めに。

カラメルの苦さや甘さを調整できるのも手作りならでは。我が家もプリンを作ると子供が大喜びしてくれるので定番のおやつになっています。焼きプリンが苦手という方は蒸し器で蒸す方法をおすすめします。そのままはもちろん、フルーツやホイップクリームを乗せて楽しむのも良いですよね。

プリンカップが無いという場合は耐熱容器に入れて焼きましょう。マグカップでも構いません。プルプルで甘い焼きプリンを子供と一緒に作ってみましょう。

材料(100mlカップ5~6個)

(カラメル)

  • 砂糖 …大さじ6
  • 水 …大さじ1
  • 湯 …少々  

(プリン液)

  • 牛乳 …400g
  • 砂糖 …大さじ7
  • 卵…3個(約150g)
  • 湯 …適量
  1. カラメルを作る。鍋に砂糖、水を入れて弱火にかける。鍋を傾けながら好みの色になるまで加熱する。色が付き始めると一気にこげつくので注意しましょう。
  2. 好みのカラメルになったら湯を入れて色止めをする。カップに流し入れる。
  3. 別の鍋に牛乳、砂糖を入れて火にかける。ふつふつ沸いてきたら火を止める。ボウルに卵をよく溶きほぐし、温めた牛乳を加えて混ぜる。茶こしで生地をこす。
  4. プリンカップに流し入れる。オーブンを170度に予熱。天板にプリンカップを並べて湯を1~2㎝ほど入れる。170度45~50分焼く。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして完成。

7.つるんと飲める、ぷるるんメロンゼリーソーダ

執筆者提供画像 Ray_M

シュワシュワな炭酸にぷるるんとしたゼリーがたまらなく美味しいメロンゼリーソーダは、子供から大人まで満足する飲むタイプのデザートになっています。美味しいだけでなく、口の中でシュワシュワと踊るゼリーがとても楽しいのでおすすめです。

かき氷用シロップを使って作るこちらのレシピ、今回はメロン味ですが、苺やレモン、ブルーハワイ、またりんごジュースやオレンジジュースなどでゼリーを作りアレンジするのも面白いです。フルーツを加えてカクテル風にしても楽しいかもしれません。

材料(2~3人分)

  • 水 …300g
  • 砂糖 …小さじ3〜4
  • メロン味かき氷シロップ …大さじ4
  • 粉ゼラチン…5g
  • 炭酸水…お好み量
  1. 鍋に水、砂糖、メロン味かき氷シロップを加えて火にかける。ふつふつ沸いてきたら火を止める。沸騰させてはダメです。
  2. 粉ゼラチンを加えて溶かす。粗熱が取れたら型に流し入れて冷やす。固まったらフォークで崩してグラスに入れる。炭酸水を注ぎ入れたら完成。

子供と一緒におやつを作って、美味しいコミュニケーションを取ろう

料理 PIXTA

今回ご紹介したのは、おやつを手作りしたことがないママやパパでも簡単に作ることができるレシピばかり。聞きなれない材料もあるなんて方もいるかもしれませんが、スーパーで手に入るものなので探してみてください。

子供と一緒におやつを作る時間は大切なコミュニケーションの場にもなります。どんな風にできるかな、美味しくできるかな、楽しいね!なんてお話をしながら作ってみませんか?子供もいつも以上に楽しく美味しく食べてくれること間違いなしです。

その他のおやつレシピはこちら

「子供」「おやつ」「レシピ」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!