赤ちゃんをお持ちのママも快適スマホライフを!おすすめスマホグッズ6選

出先で泣き止まない我が子を落ち着かせたり、忙しいママのちょっとしたお手伝いに今や欠かせない存在のスマートフォン。アプリなんかも充実していて子どもたちも興味津々ではないでしょうか?でもうっかり子供に渡してしまうととんでもないことになったりも。生活する上で欠かせないスマホ、ちゃんと守るためにも、ママ向けスマホアイテムを駆使して守っていきましょう。そんなママたちの快適スマホライフをお手伝いするグッズを紹介します。

PIXTA

スマホトラブルで困っていませんか?

ショッピングやレシピ検索はもちろんのこと、子供の具合が悪いときや不安なことがあるときに調べ物をする時便利なスマートフォン。でも、興味をもつのは大人だけではありません。

音楽が流れてきたり、ピカピカ光ったり、なによりも大好きなママがのぞき込んでいるあの四角いものはなにかしら?そう、赤ちゃんも興味津々なんですよね。

でも油断していたら、目をはなした瞬間に画面は指紋どころかよだれでベタベタ。落とされて画面が割れた~!なんてことはないですか?そんなトラブルをなんとか抑えたいですよね。

ママにおすすめのスマホグッズ

赤ちゃんはもちろんのこと、子どもたちがもたらすスマホトラブルからマイスマホを守るため、おすすめのグッズを6つ紹介します。参考にしてくださいね。

1.落とされても安心、耐衝撃ケース

iPhone 耐衝撃ケース

赤ちゃんの手に渡しておいて一番ドキドキするのが落とされること。下手すれば投げられちゃうこともありますよね。一度画面にヒビでも入ろうものなら次に軽くおとしただけでもバッキバキに!

そのドキドキを軽減してくれる頑丈なスマホケースです。とはいえ、100%割れません!とはいえないのでお気を付けを。

2.画面を守るフィルム

全面保護 ガラス フィルム

指紋やよだれでベタベタになった画面。あらあら…なんてうっかりティッシュなんかで拭いてしまうと画面に傷がついてしまうんですよね。

そこで画面にフィルムをはってはいかがでしょう?強化ガラスフィルムなので汚れがつきづらく、落としやすいんです。張りやすいのも忙しいママにはうれしいポイント。

3.防水もついたフィルム

iPhone保護フィルム 全面

食卓に置いておいたら子供がコップを倒して水が~!なんてなったらヒヤッとしますよね。防水の対応がされているスマホなら安心ですが、フィルムでさらに守っておきませんか?

傷がつきづらく防水効果もあり、汚れもさっと落とせます。子どもがつけたベタベタの指紋もさっと落ちて安心ですね。

4.電磁波をカット!

電磁波防止シール iphone android

子どもがスマホをいじるうえで心配なものに電磁波がありますね。どんな影響が起こるかは分からないけど、防げるものは防ぎたい…と思っているママもいるのではないでしょうか。

シールを張るだけで最大90%電磁波を吸収してくれるというのだから簡単でいいですね。しかも360度対応してくれるから、ママがいじっているときにも近くにいる赤ちゃんを守ってくれます。

5.ネックストラップで落下防止

モバイルネックストラップ

病院の待合室なんかで子どもをあやすためにスマホを渡しているママ、多いですよね。でも「あ~!」落下するスマホにママもびっくり。

そこでネックストラップはいかがでしょう?スマホは子どもの手の中でもママから完全に離れていないという安心感。たとえスルッといっても叫び声をあげることはなくなりますよ。

6.愛するものといつも一緒

最後に紹介するのはスマホクリーナー。ちょっとした汚れならこれでOK。しかもこのクリーナー、写真が入れられるんです。

愛娘や愛息子の写真でつくると愛着もわきますね。でも、もったいなくて使えなくなっちゃったりして。

未然にトラブル対策をしてストレスをなくそう

スマホ PIXTA

私も、つい先日息子のスマホ落下事故によって画面がバキバキになったばかりです。こんなにも簡単に画面が割れるものなんだとショックを受けたばかり。修理から返ってくるとすぐに対策に乗り出しました。

なによりも大切なのは我が子ですが、スマホは今や生活必需品。汚れたから、壊れたからと簡単に買い替えられるようなものでもありません。だから大切な子どもとストレスなくスマホライフが送れる品を見つけてくださいね。

「アクセサリー」「ママ向け」「スマホ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!