アウトドアの季節到来!フェスファッションでママもおしゃれにゆるカジコーデ

気温がぐんぐん上昇するこの季節、フェスやアウトドアのシーズンが到来!今からワクワクしているママもいるかと思います。実はフェス&アウトドア向けコーデは動きやすく機能性がばっちりなため、普段あまり縁のない方や、子育て中のママにもぴったりなファッションなんです。ママにおすすめな、普段着にも使えてハイセンスに見えるゆるカジコーデを紹介したいと思います。

オトナが着るフェスファッションのコツ

フェスという響きを聞くと、イベント内容だけではなく、服装まで若々しいイメージを思い浮かべるかもしれませんが、機能性がばっちりな上、子育て中のママ世代でもとってもハイセンスにアイテムを着こなせるんです。そのためのコツを簡単に3つご紹介します。

女性らしいアイテムの投入

動きやすさ重視でスポーティー一辺倒になりがちなアウトドアファッションですが、例えばそこにレースのアイテムだったり、花柄アイテムだったり、女性らしいアイテムを取り入れることで、急に大人っぽい印象になります。メンズライクなアイテムと組み合わせることで、抜け感が生まれ、こなれた雰囲気になりますよ。

ヘルシーな肌見せ

今季はオフショルトップスが流行っていますよね。フェス&アウトドアファッションでも、上手に肌見せすることで、女性らしく魅せることができます。暑いからといってあまりに露出度が高いものは、マイナスなイメージを与えがちですが、デコルテや足首、チラっと肩見せなど、少しだけ肌を見せることで、いやらしくなりすぎず、ヘルシーでアクティブなママを演出できます。

色使いやアイテムにこだわる

アウトドアやフェスファッションというと、派手でROCKなイメージが強いですが、ママ世代が着るならROCK調アイテムや鮮やかな色を差し色に1点取り入れるのがおすすめ。また逆に、あえてシンプルなモノトーンやベージュ、カーキなどの落ち着いたカラーや上品な風合いでまとめるのも大人っぽく見せるポイント。

フェスやアウトドアな雰囲気を盛り上げる、ボヘミアン調アイテムや柄物を取り入れると、いつものコーデもワンランクアップした着こなしになりますよ。派手派手しく見せずに、なおかつアウトドアっぽさを取り入れておしゃれを楽しみましょう。

日常でも使える!こなれたゆるカジフェスファッション

ネルシャツ amana images

今回は、ママ達の夏ファッションにおすすめな、ゆるカジフェスファッションをご紹介したいと思います。ありがちなアウトドアファッションだけでなく、トレンドも重視したハイセンスなファッションがたくさんあるので、是非参考にしてみてくださいね。

カラフルなアロハ柄が夏気分

鮮やかなアロハ柄トップスが可愛らしく、季節感のあるこちらのコーデは夏らしさ満点。全てPAGEBOY(ページボーイ)のアイテム。こちらのトップスの袖には、シャーリングがあしらわれていて、デザインが素敵ですね。さらに、ワイドパンツのウエストと裾にあしらわれたフリンジが、ボヘミアンな雰囲気とフェスらしさを演出しています。

ワイドパンツにトップスをインすることで脚長効果も期待でき、オレンジのバッグも差し色になっていて良いですね。

ROCK Tシャツ×花柄ガウン

フェスには外せないROCK Tシャツに今季トレンドの花柄ガウンを組み合わせることで、アウトドア感とリゾート感のどちらも感じられるコーディネートになっています。Tシャツはママに人気なプチプラブランドのGU(ジーユー)。どちらも流行のアイテムなので、トレンド感満載かつおしゃれなママに見えること間違いなし!

夏だからこそ、鮮やかなカラーを着たくなりますよね。真っ赤なガウンがインパクト大でセンス抜群。足元のスポーティーサンダルも今季のトレンドアイテムなので、ママに重要な動きやすさはもちろん、流行をしっかり取り入れていますね。

クールに見えてさりげない女性らしさも

黒やネイビーで一見メンズっぽく見えるこちらのコーデですが、ワンピースのスカラップレースがクールかつ女性らしさを感じさせています。こちらはRay BEAMS(レイビームス)のアイテムで、ドロップショルダーや低めのウエスト位置でビッグシルエットとなり、ルーズに着こなすことが可能。アウトドアの雰囲気にぴったりです。

レースから透けて見えるクラッシュデニムもおしゃれですよね。キャップにサングラスでまさにアウトドアコーデなのですが、レースアイテムを取り入れることで絶妙な甘さが出て、いいアクセントになっています。 

シンプルなゆるカジスタイル

ママの動きやすさとファッショナブルさを同時に叶えるアイテムの1つ、サロペットを使ったコーデです。トップス・サロペット共にhaco!(ハコ)のアイテムで、シンプルな色使いなのですが、ゆるっとしたシルエットに。しっかりと女性らしさを感じさせます。

カモフラ柄のヘアターバンが可愛くもあり、ワンポイントにもなりますね。メッセンジャーバッグも、フェスやアウトドアでよく見かけるアイテムですが、両手が使えるのでママにもおすすめ。このように着こなせば、アウトドアな雰囲気はあまり感じさせませんよね。

フリンジバッグがアクセント

Tシャツにデニムの定番コーデですが、フリンジバッグがアクセントになっていますね。いつもの定番アイテムばかりで物足りないなという時には、小物にこだわってみると一気にハイセンスコーデへ変身しますよ。

こちらのコーデにはもう1つおしゃれなポイントがあります。それは、足首にまいたカラフルな紐。こちらは靴紐なのですが、足首にカラフルなポイントを持ってくることで、レベルの高い小技が効いています。

また、カルバンクラインのデニムは自分でカットオフ。オリジナリティのあるデザインや絶妙な丈感を上手に取り入れていますね。パンツではなくスカートなのもメンズっぽくなりすぎないポイント。一見普通に見えて、細かなこだわりがおしゃれ上級者です。

チェック柄でも大人可愛く

こちらのコーディネートは、チェック柄が際立つ可愛い仕上がりに。幼く見えてしまいがちなギンガムチェックですが、ネイビーで落ち着いたカラーなのでオトナ女子にも使いやすいです。OLD BETTY'S(オールドベティーズ)のガウチョパンツがフレアなシルエットでスカート風に見え、動きやすさとガーリーさを両立しています。

トップスはChampion(チャンピオン)なのですが、このアイテム、実はワンピース。そのままでも可愛いのですが、大柄なアイテムと組み合わせることで、フェスっぽいコーデになっています。スポーツブランドなのでボーイッシュになりがちですが、ワイドパンツにインすることでウエスト周りがすっきりし、女性らしさを感じられます。ヘアターバンがコーデに可愛さをプラスしていますね。カーキ×ネイビーは大人っぽい組み合わせなので、ガーリーな雰囲気が苦手な方も挑戦しやすくなっています。 

個性的なスカートが可愛い

アウトドアファッションでは、派手な柄物を取り入れると可愛いですよね。こちらも、grn(ジーアールエヌ)の蝶々柄スカートが可愛く、ウエストのデザインが個性的でハイセンス。ミニスカートですが、ユニクロのバレエネックトップスのシルエットとつば広帽がエレガントで、スポーティーになりすぎず上品さを感じられます。

ミニスカートと素足にスニーカーがアクティブでヘルシーですが、肌見せに抵抗のある方はソックスと合わせてもいい感じに決まりますよ。帽子とカラーを合わせたフリンジバッグもコーデのポイントになり可愛いですね。

レースが可愛いゆるカジスタイル

アウトドアにぴったりなカーキのトップスに、レースワンピを重ねたゆるカジスタイルになっています。1点レディーなアイテムがあるだけで、カジュアルなだけでなく、可愛らしい印象になりますね。こちらのワンピースは、ガーリー×古着MIXがコンセプトのChille anap(チルアナップ)のもの。大人のフェスファッションにぴったりですね。

RODEO CROWNS(ロデオクラウン)の淡いカラーデニムとグレーのニット帽が上手くマッチ。ニュアンスカラーなので柔らかな雰囲気になっています。普段着に1点ガーリーアイテムを加えると、ラフに見えて、おしゃれには気を抜いていない感じに仕上がります。

ゆるっとワンピースでリラックス

こちらで着用しているのはLOWRYS FARM(ローリーズファーム)のシンプルワンピース。前から見ると普通なのですが、バックは編み上げデザインになっていて、さりげないおしゃれが気取らないリラックススタイルを作り上げています。ぴったりとしない大きめのシルエットなので、動きやすく、カジュアルな印象になりますね。

ワンピースがグレーなので、足元にネイビーで濃い色を持ってくるとコーデが引き締まります。ゆるめにまとめた髪も、リラックスコーデによく似合っています。荷物の多いママには、リュックが定番アイテムなので、きちんと似合うコーディネートになっているのもポイントが高いですね。

鮮やかな黄色がおしゃれ

ビタミンカラーがよく似合う季節、特にセンス良く見えるのは黄色です。鮮やかな黄色が可愛いこちらのワンピースはトレンドの刺繍アイテム。GU(ジーユー)のテーパードパンツをロールアップし、絶妙な丈感に仕上げています。シンプルな組み合わせですが、色使いでハイセンスコーデに早変わり。

お団子ヘアは手が込んでいそうに見え、動きやすいのでママにも人気のヘアスタイルですが、ターバンを巻くとさらにこなれ感が出ますね。大振りなピアスも顔周りの良いアクセントになり、小顔効果もありますよ。

普段着にフェスファッションを取り入れて

ファッション amana images

フェスファッションと言っても、最近は都市型フェスも人気が高く、動きやすいけどおしゃれな組み合わせが増えいます。まさに、ママのためのファッションといってもいいぐらいですね。見るからにアウトドアな感じではなく、少しアウトドア感のあるアイテムを取り入れたファッションを楽しんでみてくださいね。

動きやすさを重視したフェスファッションは、普段着にもぴったり。いつものコーデも、ほんの少し意識するだけで、「あのママ、センス良いな」と感じさせる仕上がりになりますよ。

「フェスファッション」「ママ」「カジュアル」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!