育児に一人で悩まないで。身近にいる専門家に相談しよう

出産という大仕事を終えると、間髪入れずに育児が始まります。産後の入院中に教えてもらえることはごくわずかですし、子供それぞれで違うことが多いので正解がないというのも子育ての難しいところ。子供を育てていると悩みはつきませんが、それを相談する相手はいますか?家族などの身近な存在でも、そうでなくても、誰かに相談するというだけで気持ちにゆとりが出るということがあります。一人で悩んでいる方がいたら、ぜひ誰かに相談する一歩を踏み出してほしいです。

PIXTA

育児での困りごと、誰に相談してる?

育児には悩みがつきものです。特に一人目の子供の場合、子供の成長に応じて次々と新しい悩みが発生しますよね。悩みや不安は誰かに相談して解決したいものですが、悲しいことに、誰にも相談できない人がいるという事実があります。

2014年に三菱UFJリサーチ&コンサルティングが行った子育てに関する調査によると、子育てについての相談相手として最も多いのが、「配偶者やパートナー」の73%、次いで「自分の母親」と答えた人が70%という結果でした(複数回答可)。

一方で、2.2%の人が「相談をしたりする人はいない」という回答をしています。2002年に行われた同調査では、その割合は0.1%だったことから、十数年で育児相談をする相手がいないと回答する人の割合が約20倍になっているということはとても驚きです。

育児の悩みは、そのときは深刻だと思っていても、人に話してみると「思っていたよりも大したことなかった」ということもあります。まずは、溜め込まずに誰かに話してみませんか?

出典元:

夫や実母だけじゃない、子育て中に頼りになる相談先

健診 PIXTA

上述の調査では、子育てについての相談相手の多くが夫や実母という結果が出ていますが、育児の相談ができる相手は身近にたくさんいます。身近にいる子育てのプロに、悩みを相談してみませんか?

気軽に相談できる相手がいない方にとっては、足を運んで直接相談すること自体が大変なことかもしれません。そういう方には、電話での育児相談がおすすめです。

市区町村のHPで育児相談を電話でも受け付けているところがありますし、無料で電話相談ができるエンゼル110番というところもありますよ。

エンゼル110番

地域の保健センター

検診 PIXTA

地域によって名称は異なりますが、子供の集団検診などを行う保健センターで育児相談を行っています。予約が必要なところ、予約不要でいつでも相談にのってもらえるところなどさまざまですので、お住まいの地域の保健センターのHPを確認してみましょう。

このような保健センターでは、以下のような方々に育児についての相談が可能です。誰に相談すればよいか分からないという場合でも、ひとまず話を聞いた上で、必要に応じて適した人につないでくれるので安心です。

助産師

助産師は、病院で勤務しているというイメージが強い方もいるのではないでしょうか。実は、病院や助産所以外で勤務している助産師もおり、そういった方々は地域に密着した活動をしています。

乳幼児健診などの際に助産師に相談することができますが、個人的に時間をとってもらった上でアドバイスをもらうことも可能です。相談の内容は、乳房ケアや育児全般と広く対応してもらえますよ。育児だけでなくママ自身の体調に不安や悩みがある場合の相談相手にぴったりですね。

保健師

保健師は、地域の人々が健康に暮らすことができるようにさまざまな活動を行う人。対象は乳児から高齢者まで幅広く、集団検診や家庭への訪問も行います。

育児全般や心の健康相談など、さまざまな相談にのってもらえますよ。保健師は普段から幅広い年代の方と接しているため、生活の知恵のようなものも聞くことができるかもしれません。

管理栄養士

管理栄養士は、栄養や食事についての豊富な知識を持った国家資格者。病院や保育園などの施設で勤務している管理栄養士は、病院食や給食の献立作りなども行います。

地域で活動する管理栄養士は、住民の健康づくりのために栄養相談などを行っています。管理栄養士に相談する内容は、何かと悩むことが多い離乳食や幼児食についてが適していますね。栄養があって食べやすいメニューを教えてもらえるでしょう。

支援センター職員

広場 PIXTA

子育て支援センターは、子供を自由に遊ばせることができるスペースがあり、施設によっては、身長や体重の計測や一時保育、育児相談なども行っています。

育児相談は、栄養士や看護師などの専門のスタッフに個別に相談することができるところが多いですが、事前に相談したい内容に適したスタッフがいるかどうか確認してみるとよいでしょう。

保育士

お住まいの地域にある保育園で、保育士や看護師、栄養士などに育児相談をすることが可能です。公立の保育園であればお住まいの地域のHP、私立の園であれば園のHPで詳細を確認し、問い合わせてみましょう。

既にお子さんが保育園に通っている場合は、送り迎えのタイミングで声をかけてみるということもできますね。日々子供に接している人たちなので子供のことを理解した上での答えをもらえるかもしれませんね。

小児科医

小児科 PIXTA

子供の体調不良で病院に連れて行くことはあると思いますが、病院によっては育児相談をすることができるところがあるのをご存知ですか?

育児のなかでも、特に発育などで心配ごとがある場合は小児科医に相談できたら安心ですよね。かかりつけの病院で育児相談をすることができるのか確認してみてもよいかもしれません。

先輩ママ

育児のことは、実際に育児を経験している人に聞くのがよいという方もいるでしょう。とはいえ、ママ友がいないという人には先輩ママと関わることが難しいという場合もありますね。そういう方は、インターネット上で先輩ママに相談してみてはいかがでしょうか?

妊娠、出産、子育てのQ&Aアプリ「ママリQ」で、育児に苦しむ人の声が投稿されていました。

育児が苦しいです

誰か優しい言葉が
ほしいです

お願いします
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

この投稿を見ると、投稿者が誰にも相談できずに苦しんでいる様子がうかがえます。この投稿に対して、共感や励ましの声がたくさん寄せられました。

育児辛いですよね。
私はあんなに望んで産んだ子どもだったのに、なかなかかわいいと思えませんでした。私は母親に向いてないと思いながら育児をしていました。
(中略)
今は苦しいの一言でいいです。何が苦しいのか吐き出すだけで。いつか親子で笑える日が来ると信じています。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

この投稿者は、「子供の泣き声を聞くたび辛いなんて、ダメな母親だ」と思ってしまい、自分を苦しめていたようです。しかし、投稿をみて共感した多くの先輩ママが、「あなただけじゃないよ」とあたたかなコメントをたくさん残しました。

こういった悩みは、面と向かっては言いにくいものかもしれません。しかし、名前も顔も分からないインターネット上であれば相談することができるという方もいますよね。直接話すことで安心する、直接は話にくいなど、考えは人それぞれ。あなたに合った方法で育児の悩みを解決しましょう。

出典元:

相談相手は意外とたくさん、一歩を踏み出しませんか?

笑顔 PIXTA

育児には悩みがつきもの。生まれた途端にいろいろな不安や疑問がでてきます。一つ一つは小さな悩みかもしれませんが、日々直面するママにとっては大きな問題ですよね。

相談する相手がいない、直接相談するのは気が引ける、という人は、電話やインターネット上でも大丈夫。一人で抱えるのは辛いので、どこかで吐き出してみませんか?人に話すだけで気が楽になって、一気に育児が楽しくなるかもしれません。

あなたは一人ではありません。相談にのってくれる人は意外とたくさんいますよ。

「子育て」「専門家」「相談先」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!