PR:mixi

利用者数No.1の実力!編集部ママが家族アルバム「みてね」を使ってみました

家族間での写真・動画の共有って、意外に手間がかかって面倒だな…と思ったことはありませんか?どこまでシェアしたか忘れてしまったり、誰に送っていないか把握しきれなかったりして、「もういいや!」なんて諦めてしまうことも。家族アルバムアプリ「みてね」を使えば、そんな悩みとはオサラバ!利用者数No.1の「みてね」の実力を、ママリ編集部ママが実際に試してみました。

PIXTA

毎日の子どもの様子をシェアしたい。そんなママに、アプリ「みてね」が人気

家族アルバムアプリ「みてね」をご存知ですか?

家族間で写真や動画を共有したり、それを見てコミュニケーションをとったりできる、家族専用の写真・動画シェアサービスです。

この「みてね」、なんと140万人のユーザーを誇る、利用者数No.1アプリなんです!使っているママ、まわりに多いのではないでしょうか?

たとえば、こんなママに「みてね」がおすすめなんです。

女性 スマホ PIXTA

  • 仕事が忙しい夫に子どもの表情や成長をもっとシェアしたい
  • 写真を選ぶ・送るをもっと手軽にしたい
  • 遠方に住む両親や義両親に子どもの成長を気軽に伝えたい
  • たくさん撮った写真を整理するアプリが欲しい
  • 動画も追加できる写真アプリはないかな…

そんなママの願いを叶えてくれるのが、アプリ「みてね」なんです。

CMで見て気になっていた、というママもいるかもしれません。

実際のところどうなの?という疑問に答えるべく、実際に「みてね」を使っているママから、その活用法や「みてね」を使っての変化などについて話してもらいました!

利用者数No.1!アプリ「みてね」って?

実際に「みてね」を使用している編集部ママにインタビュー!

ママリ編集部ママの「さやか」さんも、夫は平日は朝早く出て夜遅く帰宅、両実家は遠方のママの一人。

娘たちの写真を夫や両親にシェアするのに何かいいアプリがないかな、と探していて見つけたのが「みてね」とのこと。

2ヶ月ほど前から「みてね」を利用中しているさやかさんに、その魅力や自分なりの使い方について教えていただきました!

登録する家族は自分で選べる

「みてね」ではパートナーであるパパのほか、おじいちゃんおばあちゃんとその他親族まで登録設定することができます。

さやかさんはご主人と両実家を登録しているそう。

さやかさん:「写真をアップした後はみんなでチャットみたいにやりとりすることも。楽しかった思い出が写真とコメントでもう一回よみがえりますね。次回の帰省時に、仲の良い弟夫婦や義弟夫婦にも勧めてみようかなと思ってます!」

写真選びもスムーズ

複数選択が可能で、シェアしたい写真や動画を簡単に選ぶことができます。

もちろん無料で、容量も無制限!

さやかさん:「私が気に入っているのがこの写真や動画の追加が簡単なところ。今までは写真を選んだりアップロードしたりが手間だったのですが、『みてね』ではさくさくできちゃう。忘れてても一気にアップできるんですよね」

写真を気軽にシェア!「みてね」はこちらからチェック

自動で整理してアルバムを作ってくれる!

「みてね」では、写真をアップロードするだけで、撮影日ごとに整理してくれます。

さやかさん:「どの写真が何年・何月のものなのかが一目瞭然だけでなく、撮影時の子どもの年齢も分かるのがすごく助かっています。成長アルバム代わりとしても使っていますよ。あとは、画面をスライドする度に楽しませてくれる機能があるのですが…これはぜひ実際に使ってみて感動してほしいです!」

写真を介して新たなコミュニケーションが生まれる

写真を共有した人であれば、誰でも写真ごとにコメントを残すことが可能。写真を介してコミュニケーションが生まれます。

さやかさん:「これは我が家だけの使い方かもしれませんが…私は家の状況を伝えるのにも『みてね』を使います。例えば娘が体調を崩した時、パパに現状を伝えるため子どもの写真をアップしてコメントを付けています。電話やラインで説明するよりもダイレクトに伝わる気がします」

両親・義両親に見せるほどでもない写真は、シェアする人を選ぶそう。

さやかさん:「日常の何気ない写真や、両親・義両親に見せると逆に心配されてしまいそうな写真などは、夫婦のみにシェアしています。大変さを誰かにちょっと聞いてほしい時に、コメントを介して夫とやり取りできるのがいい。楽しかった時だけでなく、大変な時にも『みてね』を使って家族からのエールをもらえるのが嬉しいかな」

各自のタイミングで写真を楽しめる

写真をアップロードしたり、コメントをしたりすると、近況としてログが残ります。

さやかさん:「私が写真を整理して送れるのは大抵寝かしつけが終わった後なんです。義両親への生活リズムと合わないところもあって、送るタイミングに迷っていました。でも『みてね』なら、いつでも向こうの好きな時に見てもらえるので、気が楽です」

家族の思い出を「みてね」で保存

他にもいろいろ…さやかさんのお気に入り機能はこれ!

たまった写真や動画を活用できる、フォトブック制作や、1秒動画の作成サービスもあります。

さやかさん:「お気に入りは1秒動画のサービスですね。動画を20本以上アップロードすると自動的にサンプル動画が届くのが楽しい。私はよく動画を撮るので、娘の成長が動画になっていて、まるで結婚式のプロフィールムービーみたいでうるうるしちゃいます」

ただ写真をためていくだけでなく、振り返る機会もくれるから、写真・動画の撮りがいがありますよね!

セキュリティもしっかり

スマホ PIXTA

写真・動画は家族間でのみ共有されるので、セキュリティが気になるママも安心。

また、スマホをなくしてしまった!壊してしまった!というとき、アプリから写真・動画を復元できるのも、安心ポイントですね。

さやかさん:「いざというとき、大切な写真がなくなってしまったら悲しいです。写真・動画の保管庫としても活用したい!」

「みてね」をもっと詳しくチェック!

みてねを使ってどう変わった?

さやかさんはずっと、子どもが過ごす毎日を、見ている風景を、夫や両親たちにも感じてほしい!子育てを一緒に楽しんでほしい!と願っていたそう。

「私の願いを写真アプリが叶えてくれるなんて思いもよらなかったです。今日撮った子どもの写真をこんなにスムーズにすぐに家族に共有できるだけでなく、それを使うママや家族によっていろんな使い方ができるのもいいですね!」と感動していました。

使ってみてご自身で変わったところはありますか?との質問には

「私は写真とコメントで育児の大変さ、私の頑張りを夫により伝えられるようになったかもしれません。楽しかった時だけでなく、大変な時にも『みてね』を使って家族からのエールをもらえるのが嬉しいです!」と答えてくれました!

「みてね」は家族をつないでくれる

家族 PIXTA

遠くてもなかなか連絡が取れなくても、かけがえのない家族の「今」をもっと知りたいと思っているはず!

招待して、写真をまずはシェアする…そこからもう家族とのつながりは始まっています。

コメントがなくても、子どもや家族の日々の写真を見てくれることで伝わるものがきっとあるはずです。

利用者数No.1アプリ「みてね」を早速使ってみよう

ただ写真をシェアするだけでなく、家族が近くなる・家族をつなげてくれる…そんなきっかけをくれるのが「みてね」なんです。

「みてね」が気になったママは、ぜひインストールして使ってみてくださいね!

こちらから「みてね」をチェック!