キッズラインが新登場、 プチプラブランドD HOLIC(ディーホリック)をチェック

ママにとってプチプラブランドは、いまやファッションの定番。コスパの良いアイテムを買うために、色々なショップや通販を参考にしているかと思います。自分の物はもちろん、すぐに成長してしまう子供のファッションにもコスパは重要ですよね。ファッション性の高さとお値段どちらも重視したい…そんなママに今回は「D HOLIC(ディーホリック)」から新たに登場したキッズラインをご紹介します。今すぐチェックしてみましょう。

D HOLIC(ディーホリック)ってどんなお店?

D HOLIC(ディーホリック)は、安くて可愛い商品を多数取り扱っているネットアパレルブランドです。韓国系のアイテムが豊富で、旬のトレンドアイテムはもちろん、いつでもどこでも着まわせるベーシックアイテムまで、さまざまなアイテムがプチプラで手に入るお店なんです。

ネットショップの良いところは家に居ながら手軽に購入できるところ。子育てや家事で忙しいママにはぴったりですね。会員登録制で、購入額に応じた割引特典やバースデークーポン、新着商品の10%OFFサービスといった特典が利用できるのも嬉しさ満点。

リアル店舗も新宿、名古屋、大阪などに続々と出店しており、人気を拡大しています。 

ファッションアイテムが何でも揃う!

D HOLIC(ディーホリック)で取り扱っているのは服だけではありません。コスメから、靴やバッグなどの小物、アクセサリーまで幅広く取り扱っていて、ファッション全般の物がここ1店舗だけで揃えられてしまいます。

さらに、レディースアイテムだけではなくメンズアイテムも扱っているので、ママと一緒にパパのアイテムも買えちゃいますよ。

D HOLIC(ディーホリック)にキッズラインが新登場!

ネットショップ PIXTA

そんな大人気ショップに新たな魅力が加わりました。2017年、待望のキッズラインが登場したのです。韓国子供服らしい、ハイセンスなデザインがたくさん。シンプルで大人っぽいデザインが多いので、普段使いにも良いですが、ちょっとおめかししてお出かけしたいときにも使えます。

サイズ展開も豊富で、物にもよりますが0歳から小学校低学年ぐらいまでを対象年齢としたアイテムが揃っています。女の子向けのアイテムが多いのですが、パンツやタンクトップなど、男の子が使えるアイテムも。

新たに登場したキッズライン、どんな商品があるのか見てみたいですよね。今から使えるおすすめのプチプラアイテムを10個ご紹介したいと思います。

1.レディなレースワンピで上品に

パンチングフラワーレーススリーブレスワンピース

こちらのワンピースは、パンチングフラワーレースが可愛い一枚。子供服とは思えないようなエレガントな装いです。1歳から8歳ぐらいまでのサイズ展開なので、よちよち歩きの子から小学生のお姉ちゃんまで着られます。

背中のファスナーで、着替えも簡単。コットンの裏地付きなので肌触りはもちろん、白でも透けることなく安心です。お呼ばれにも使える上品さと、長めにカットされたレースの裾がハイセンス。爽やかで夏にぴったりですね。

2.キュートなフリルヘムディテール

バックボタンフリルヘムリネンスリーブレス

フリルヘムディテールが可愛らしいトップス。袖のないスリーブレスなので、暑くなるこれからの季節にぴったりです。生地にはリネンが使用されているので、涼しく着られますよ。

ボトムスにパンツはもちろん、スカートを合わせても可愛く着こなせます。黒とグリーンのクールなカラー展開なので、子供っぽくなりすぎません。カッコよくきめるのもいいですね。

3.トレンド意識のワイドパンツ

バックゴムワンタックリネンパンツ

こちらは、フリルヘムトップスとのセットアップも楽しめるタック入りリネンパンツです。今季トレンドのワイドパンツで、ママとのリンクコーデも楽しめそう。

前から見たシルエットはスッキリしていますが、ウエストの後ろにはゴムが施されているのでサイズ調節が可能。Tシャツをインして着れば、トレンディなハイセンスコーデの完成です。

4.パフスリーブトップスで可愛く

2TYPEパフスリーブブラウス

ママのお洋服でもオフショルダーや、ボリューム袖が流行していますが、同じようなデザインが、キッズラインにもあるんです。襟、袖、裾にゴムを通してふんわりとボリューミーなフォルムが魅力的。肩を落としてオフショルにしても着られそうです。

コットン素材なので涼しく、肌触りも柔らかいので子供の肌にも安心。爽やかな白と、青系の小花柄の2種類で、白はポコポコとした生地、花柄はさらっとした生地。

それぞれ見た目が違うので、色違いで使い分けるのもいいですね。パンツにもスカートにも合わせやすい万能トップスです。

5.個性的なルックスで元気にスカートコーデ

ペイントパターンウエストゴムフレアスカート

元気いっぱいな女の子におすすめなのが、こちらのスカート。ペイント柄が個性的で、カラフルでアートな印象です。ふわっと広がったフレアシルエットなので、女の子らしさ満点。

Tシャツやブラウスと合わせても、下にレギンスを履いて合わせても、とても可愛く着こなせますよ。ウエストゴムなのでどんなお子様にもぴったりフィット。なかなか見かけないデザインで、インパクト大!

ガーリーなアイテムとコーディネートしてカジュアルダウンするのがおすすめです。

6.サルエルパンツなら男の子でも

ウエストゴムリネンサルエルパンツ

ゆったりとしたシルエットでゆるカジスタイルが楽しめそうなサルエルパンツです。

D HOLICは女の子向けアイテムが多いですが、こちらのサルエルは、色も渋めのグリーンとキャメルなので男女兼用で使えます。男女MIX兄弟のお揃いコーデにも使えますね。

ウエストゴムなので履かせやすく、リネン素材の風合いが夏らしいです。1歳~4歳までのサイズ展開で、ゆったりシルエットなのでオムツの赤ちゃんにもよく似合いますよ。

リラックス感のあるユニークな形は、ボリューミーなトップスと合わせてゆるくコーディネートすると、大人顔負け、おしゃれ上級者の着こなしに。

7.ドレッシーな2wayワンピでモデル気分

バッククロスストラップオフショルダーワンピース

たっぷりのフリルが優雅で可愛いオフショルダーワンピースです。カラフルな2色の肩紐は、細めで大人っぽく、バッククロスデザインで細部までこだわっています。

ふんわりした袖に手を通すとオフショルワンピとして、通さず着ると胸元のフリルデザインが個性的なワンピースとして、どちらもハイセンスな着こなしに。

トレンディなのに斬新なデザインで、とても2000円以下には見えません。ドレッシーな高見えワンピースでキッズモデル気分を味わえますよ。女の子らしいピンクなどではなく、鮮やかなグリーンなのがまたクールで格好良いですね。

8.チュールとレースでとびきりガーリーに

パンチングレースチュールキャミソール

とびきりガーリーに着こなしたいときは、こちらのキャミソールがおすすめ。ボリューミーなふりふりチュール生地の内側には、パンチングフラワーレースが透けて見え、涼しげで可愛らしいアイテム。カラーは淡いピンクとブルーで、どちらも清楚で可憐な印象。

2歳~9歳ぐらいまでのサイズ展開ですが、赤ちゃんならシンプルなインナーTシャツにブルマなどと合わせて、ワンピースのように着るのも可愛いですね。

女の子らしさ満点なので、ママ友との女子会に連れて行けば注目の的に。ボリュームたっぷりなので、シンプルなデニムやショートパンツとの相性が抜群です。

9.足元のワンポイントも忘れずに

アンクルベルクロストラップサンダル

夏の足元は、サンダルがよく似合います。大人のサンダルがそのまま小さくなったようなこちらは、ストラップがマジックテープになっているので、お子様でも簡単に脱ぎ履きできますよ。

シンプルなレザー調ボディなので、どんなコーディネートにもマッチ。使いやすいカラー展開なので服装を選びません。メタリックカラーをコーデのポイントに使うとハイセンスな着こなしに。

10.コーディネートのワンポイントに

ミニマカロンタッセルモチーフネックレス

シンプルなコーディネートに合わせたいのが、こちらのネックレス。子供用のアクセサリーは、大人っぽい服装には似合わなかったり、敏感な肌を傷つけないか心配だったりしますよね。こちらのチェーンはローズゴールドのカラーがフェミニンな仕上がり。

可愛いカラーのマカロンとタッセルというチャームの組み合わせも、大人可愛くて素敵ですよね。無地のトップスや物足りないコーデのアクセントに、ぜひ使用してみたいアイテムです。

ハイセンスなキッズラインで差をつけよう

いかがでしたか?D HOLIC(ディーホリック)のキッズラインは、大人顔負けのセンス抜群なアイテムが多数揃っています。ママのファッションアイテムだけではなく、キッズアイテムのチェックも欠かせませんね。

D HOLIC(ディーホリック)のファッションアイテムなら、「それ、どこで買ったの?」なんて他のママからも注目を浴びそうです。シンプルで大人っぽい服装が好みのママは、ぜひD HOLIC(ディーホリック)のキッズラインでお気に入りを探してみてください。

この夏は他の子と一味違う、差をつけたファッションを楽しみましょう。

「D HOLIC」「子供服」「ディーホリック」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧