限定8組ご招待!絵本の読み聞かせがもっと楽しくなるイベント開催

なかなか思い通りにいかない絵本の読み聞かせ…。正解はないと知っていても、もっと子供と絵本を楽しみたいと思うママを対象に、ママリが絵本の読み聞かせイベントを開催します!イベントでは、えほん教育委員会会長であり、49年間で423万人に絵本教育を実践してきた浜島代志子さんが読み聞かせを行ってくれるほか、読み聞かせのコツや年齢別の絵本の選び方などをお話ししてくださいます。迫力ある浜島さんの読み聞かせをお子様と一緒にお楽しみください!応募は記事末尾から。

amana images

絵本の読み聞かせが上手にできない…

絵本の読み聞かせは、ママの願いがたくさん詰まっているもの!

「言葉を覚えるきっかけになってほしい」「感受性が豊かに育ってほしい」「生活習慣を身につけてほしい」「親子でコミュニケーションをとりたい」など、絵本には多くを期待してみるものです。

しかし、思ったように読み聞かせができないこともあるのではないでしょうか。

こんばんは!いつも、回答ありがとうございます♪

読み聞かせについて教えてください!


毎日1冊は、絵本の読み聞かせをするようにしてます!が、見てくれなかったり……(^o^;)こんなもんですか?
うちの子が、集中力ないんですかね💦💦


回答よろしくお願いします
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

こちらのママは、ゆっくり物語を読み進めていきたいと思っていても、すぐに子供が次のページに進みたがってしまったり、興味を示してくれなかったりすることがあるようです。そしてそういったことが、子供の集中力が足りないのか…と心配になってしまうこともあるでしょう。

読み聞かせに悩むそんなママたちを対象に今回実施するイベントでは、これまで49年間で延べ423万人に絵本教育を実践してきた「絵本ばあちゃん」浜島代志子さんに、子供と絵本についてお話いただきます!

イベントに応募する

423万人に絵本の魅力を語ってきた浜島さんが話す「読み聞かせのコツ」

絵本 PIXTA

浜島さんは絵本の魅力を「心の食事」と語ります。

子供の成長において、絵本を読むことは心が食事をすることです。読めば読むほど、心が豊かに育っていきます。

では、うまく読み聞かせができないとき、どのように絵本を読み聞かせすれば良いのでしょうか。

インタビューの中で、浜島さんは「絵本は絵と文字がありますが、文章を読もうと思わないことが大切です」と話します。絵本を読むとき、大人は文章から入りますが、子供は最初に絵から入ります。大人が子供の感覚に合わせることが大切です。そのために、浜島さんは、「読み聞かせをするときに文章を隠してしまうと良いでしょう」と提案しています。

文章を隠して、まずは絵だけの状況で見せてあげます。そこから、「これは何?」と絵や図形について子供とやりとりを楽しみましょう。物語のような抽象的なものは、幼児期の子供には難しいので、できる限り具体的に楽しむことが大切なのです。

子供の想像力は豊かなので、絵を見て会話をするだけでも色々な世界が広がり、心の栄養となっていきます。

出典元:

ママリと浜島さんの絵本イベントで読み聞かせとお悩み相談!

座談会 PIXTA

絵本イベントは、浜島さんの新しい著作『1日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる!』(すばる舎)の発売記念!ママリ読者のみなさまをイベントにご招待し、お子様と一緒に浜島さんの読み聞かせライブを楽しんでいただきたく思います。

読み聞かせ後には、浜島さんを囲んで、読み聞かせ方法から絵本の選び方など、日々のママの悩みについてお話しましょう!

お子様との絵本の時間が今まで以上楽しくなること間違いなし!限定8組のご招待ですので、ご興味のある方は、ぜひ応募してみてください!

イベントの詳細情報

  • 開催日時:2017年8月29日(火)13時〜15時
  • 会場:こどもの本専門店ブックハウスカフェ(東京都千代田区神田神保町2-5北沢ビル1F)
  • 費用:無料
  • 応募締切:2017年8月20日(日)
  • 募集人数:親子8組まで

応募フォーム

「浜島代志子」「絵本」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!