時間が無くても大丈夫!5分で完成、おいしい簡単おかずレシピ8選

育児、家事、仕事と毎日忙しいママ。時間が過ぎるのはあっという間ですが、予定を組み立てても思うように進まないことも多いですよね。特に食事作りは時間がかかってしまい、お腹が空いた子供たちを待たせてしまうなんてことも。そんなとき手間いらずでおいしいおかずがあれば、ママも子供も大満足すること間違いなしです。今回は時間が無くても大丈夫!5分で完成する、おいしい簡単おかずレシピ8選をご紹介します。常備菜としてもおすすめです。

PIXTA

ママは毎日やることがたくさんあって大忙し

朝早くから夜遅くまで、あれよあれよと家事、育児、仕事に追われ、ママは大忙し。とくに家事の中でも時間がかかるのは食事作り。

献立作成、食材買い出し、準備、食事作り、後片付けとやることがたくさんあるので、効率よく済ませたいものです。しかし、栄養面や味は手を抜きたくないですよね。

そこで今回は、頑張っているママへおすすめしたい5分で完成するおいしいおかずレシピをご紹介します。

手間いらず!5分で完成おいしいおかずレシピ8選

食事 PIXTA

忙しいママ、料理が苦手なママ、料理をしたことがないパパでも簡単に作ることができるお手軽レシピをピックアップしました。

どこのスーパーでも手に入る身近な食材を使ったレシピなので、特別な材料は必要なしです。多めに作って冷蔵保存をすれば、常備菜としても活躍してくれます。

お弁当のおかずとしても食べられるのでおすすめです。では、さっそくチェックしていきましょう。

1.ふわふわ甘いだし巻き卵

朝ご飯やお弁当のおかずとして定番の玉子焼きですが、甘い味、塩味、しょうゆ味とバリエーションを豊富に増やせるおかずです。今回は甘いだし巻き玉子をご紹介したいと思います。

家で作る玉子焼きは、硬くなりすぎてしまうというママもいるのではないでしょうか。そこでお店の玉子焼きのように、ふわふわ玉子焼きになるコツも教えます!

今までの玉子焼きが格段においしくなりますよ。

材料(2~3人分)/所要時間約5分

  • 卵:2個
  • 和風顆粒だし:小さじ1
  • 砂糖:小さじ1
  • サラダ油:大さじ1

作り方

  1. ボウルに卵、和風顆粒だし、砂糖を入れて箸で空気を含ませないように15回ほど混ぜる。空気が入らないように混ぜることで、ふわふわな玉子焼きになります。
  2. 玉子焼き用フライパンを温める。サラダ油をペーパーに含ませて拭き、1を少し流し入れて半熟のところを巻く。
  3. 再度、サラダ油を含ませたペーパーでフライパンを拭き、1を流し入れて半熟のところを巻く。これを繰り返し行い、完成。

2.暑い日にぴったりな納豆キムチ冷ややっこ

暑い日になると、できる限り火を使わず料理をしたいですよね。そんなときは冷たい豆腐に載せるだけの簡単冷ややっこを作りましょう。

これなら料理をしたことがないパパでも手軽に作ることができます。夏バテで食欲減退なときでも、冷たくのどごしのよい豆腐は食べやすい食材。

豆腐だけでは寂しいので、キムチと納豆を合わせてボリュームアップしました。子供には納豆のみを乗せ、大人はピリッと辛いキムチでアクセントをつけましょう。

また、レタスやキュウリなどの野菜と一緒に盛り付けて、サラダとしてもおいしくいただけます。

材料(2人分)/所要時間約5分

  • 絹ごし豆腐:1丁(約300g)
  • 納豆:1パック
  • キムチ:適量
  • しょうゆ:少々

作り方

  1. 絹ごし豆腐を半分に切り、器に入れる。
  2. キムチ、納豆を混ぜ合わせ豆腐にのせ、しょうゆをかけて完成。

3.カレーの香りがたまらない!厚揚げカレーチーズ焼き

豆腐よりも食べ応えのある厚揚げに、スパイシーなカレー粉、チーズをかけた簡単1品料理です。夏になると無性に食べたくなるカレーですが、今回はカレーライスではなく厚揚げをカレー味にしてみました。

弾力のある厚揚げに、トロトロチーズがからんで絶品おかずに大変身。火を使わずに、トースターで焼くため、暑い夏でも汗をかかずに調理できます。

カレー粉の辛さが苦手な人は、チーズのみを載せて焼いてもOKです。味に飽きてしまった場合は、しょうゆをかけて食べるとおいしいですので、試してみてください。

材料(2人分)/所要時間約5分

  • 厚揚げ豆腐:2丁(約250g)
  • カレー粉:小さじ1
  • 塩:小さじ1
  • ピザ用チーズまたはスライスチーズ:適量

作り方

  1. 厚揚げ豆腐にカレー粉、塩をふりかけ、ピザ用チーズまたはスライスチーズを載せる。
  2. 1000wのトースターで3分~5分焼いたら完成。

4.材料3つ!きゅうりの簡単漬け物

夏野菜の定番きゅうりは、お手軽料理にぴったりの食材です。筆者が頻繁に作る5分おかずの簡単漬物は、箸が止まらないおいしさ!

きゅうり、和風顆粒だし、穀物酢と材料が3つだけで少ないのもおすすめポイント。このレシピは子供に任せても大丈夫なほど簡単です。

いただいたもの、家庭菜園で育てたもの、たくさんきゅうりがあって困ってるなんてときに、簡単漬け物で大量消費しましょう。

材料(2~3人分)/所要時間約5分

  • きゅうり:2本(約200g)
  • 和風顆粒だし:小さじ2
  • 穀物酢:小さじ2
  1. きゅうりを5mm幅の斜め切りにする。
  2. 袋に和風顆粒だし、穀物酢、きゅうりを入れて揉みこみ5分放置して完成。

5.混ぜるだけの簡単中華ビーンズマリネ

市販のミックスビーンズ缶を使った簡単中華ビーンズマリネは、サッパリとした味に、ごま油のコクがおいしいやみつきレシピです。

材料を混ぜるだけなので、仕事から帰ってきて時間がなくても作るのが苦ではありません。ミックスビーンズが苦手な方は、水煮大豆で代用してもおいしいです。

5分もかからずできあがるので、忙しいママには助かるレシピになっています。

材料(2~3人分)/所要時間約3分

  • ミックスビーンズ缶:1缶(大)(約400g)
  • ごま油:大さじ2
  • しょうゆ:大さじ2
  • 穀物酢:小さじ1~2
  • 白ごま:大さじ1

作り方

  1. ミックスビーンズ缶をザルにあけ、水気を切る。
  2. ボウルに1、ごま油、しょうゆ、穀物酢、すり白ごまを入れて混ぜたら完成。

6.味付け一つ、ピーマンのみそ炒め

味付けはみそ一つでOK。千切りピーマンをサッと炒めて、みそで味付けするだけの簡単炒め物です。筆者はピーマンのみそ炒めにナスを加えたものをよく作りますが、今回はピーマンのみのレシピにしました。

ピーマンの苦みを抑えるために、繊維を切らないよう縦の千切りにします。横に切ってしまうと苦みがでてしまうので注意しましょう。

緑ピーマンだけでなく、赤ピーマン、黄ピーマンを入れると色鮮やかになります。

材料(2~3人分)/所要時間約5分

  • ピーマン:5個(約250g)
  • ごま油:大さじ1
  • みそ:大さじ1

作り方

  1. ピーマンの種を取り除き、縦千切りにする。
  2. フライパンを温め、ごま油を敷く。ピーマンをサッと炒めたらみそを加えて味付けし、完成。

7.電子レンジで簡単コーンクリームリゾット

夏のおいしい味覚であるとうもろこし。蒸した生とうもろこしをかぶりつく方も多いかもしれませんが、冷凍コーンも負けていません。

甘いコーンと牛乳を合わせ、電子レンジで簡単コーンクリームリゾットを作ってしまいます。材料を耐熱容器に入れて電子レンジで加熱するだけ!

お疲れなママも甘いコーンクリームリゾットを食べて、心も体もホッと休みましょう。

材料(2人分)/所要時間約5分

  • ご飯:2膳分(約300g)
  • 冷凍コーン:60g
  • 塩:小さじ1
  • 牛乳:1カップ
  • バター:10g
  • 粉チーズ:適量

作り方

  1. 深めの耐熱容器にバターと粉チーズ以外の材料を入れて混ぜ、ラップをし600wの電子レンジで4~5分加熱する。
  2. 一度混ぜたらバター、粉チーズをかけて完成。

8.和食の定番、豚のショウガ焼き

時間がなくてもガッツリメニューを作りたいという方に、ササッとできる豚のショウガ焼きをおすすめします。市販のすりおろしショウガチューブを使えば、おろし金ですりおろす必要なしです。

ショウガ焼きというと豚ロース肉が多いですが、豚こま肉を使えば火の通りが早く時短になります。ショウガとしょうゆの香りが食欲をそそり、ご飯がすすむこと間違いなし。

子供もパパも大満足な一品です。

材料(2~3人分)/所要時間約5分

  • 豚こま肉:300g
  • すりおろしショウガチューブ:2~3㎝
  • しょうゆ:大さじ3
  • 酒:小さじ2
  • サラダ油:大さじ1

作り方

  1. フライパンにサラダ油、すりおろしショウガチューブを入れて弱火にかけ香りを出す。
  2. 豚こま肉を炒めて、色が変わったら酒、しょうゆを絡めて完成です。

上手に手を抜いて料理を楽しもう

料理 PIXTA

料理が苦手な方、料理をしたことがないパパでも、簡単に作ることができるレシピばかりでした。少しでも調理時間が短くなれば、時間が空き、ママも好きなことができます。

電子レンジやトースターを使うと上手に時短することが可能になりますし、ずっと見てる必要もないので便利です。そして特別な食材、器具も必要ないので今すぐに簡単でおいしいおかず作りができます。

5分以内で完成する簡単おかずですが、ご飯もすすみ何度も作りたくなるレシピばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

毎日頑張るママも上手に手を抜いて、料理を楽しみましょう。

「簡単」「おかず」「スピードレシピ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧