家事の時短に大活躍!Tシャツを一瞬でたたむ方法

ママが毎日欠かさずやらなければいけない家事。そのうちの一つである「洗濯」は、夏場は暑くて干すのも一苦労なうえ、そのあとの乾いた物をたたむ工程も時間がかかりますよね。小さな子供がいるご家庭では、せっかくたたんだ洗濯物に子供がダイブしてイライラしたり、なかなかすぐに終わらなかったり…とにかく毎日が大変。早く済ませたいのに時間ばかりかかる洗濯物畳みに悩んでいるママへ朗報です。超簡単に一瞬でTシャツをたたむ方法をご紹介します。

amana images

「洗濯物たたみ」は憂鬱な時間

毎日の家事で、地味に大変なのが「洗濯物たたみ」。一つ一つ手作業で進める必要があるため、なかなか時間のかかってしまう作業ですよね。

さらに夏になると、汗をかいたり、水遊びをしたりして、着替える頻度も多くなり、その分洗濯物は増えます。そうなると、さらに時間がかかってしまいます。

その上、せっかくきれいにたためたのにも関わらず、子供にぐちゃぐちゃにされたら、また最初からたたみ直さなければいけません。毎日繰り広げられる洗濯物たたみ戦争には、ママのストレスも絶頂に。洗濯の時間が憂鬱になってしまいますよね。

そんなときに使える、Tシャツを一瞬でたたむ画期的な裏技があるのです!

Tシャツを超簡単にたたむ方法

洗濯ものたたみにストレスを感じているママ、家事の時短テクニックを探しているママ必見。

一瞬で洗濯ものをたたむ方法のご紹介です。


しかし、動画だと早くてついていけない、何度見ても途中で見落としてしまう…裏技に興味があって挑戦してみたいのにモヤモヤしている方も多いのではないでしょうか?

これから、写真と文章を使って少しずつ説明していきます。

1.Tシャツを広げる

Tシャツを一瞬でたたむ方法 mamari_tv

では、始めましょう。まず、Tシャツを広げて置きます。

身丈の半分・身幅4分の1の目安を目で確認しておきましょう。

2.身丈の半分と身幅4分の1が交差する部分を左手でつまむ

Tシャツを一瞬でたたむ方法 mamari_tv

先ほど目で確認した位置(①)を左手でつまんで確認します。これは簡単ですね。

3.同線上にある肩の部分を右手でつまむ

Tシャツを一瞬でたたむ方法 mamari_tv

次に、左手でつまんだ位置からそのまま上にいって、肩にあたる部分(②)を右手でつまんで確認。

4.右手で肩の部分をつまんだまま、同線上の裾部分をつまむ

Tシャツを一瞬でたたむ方法 mamari_tv

ポイントはここです!

少し分かりにくいかもしれませんが、右手は肩の部分をつまんだままにして、その部分の同線上にある裾の部分(③)を左手でつまみます。

ここさえクリアできればゴールはすぐそこです。

5.軽く振り払い、袖を入れ込む

Tシャツを一瞬でたたむ方法 mamari_tv

つまんだまま、Tシャツを持ち上げて軽く振って、袖を織り込むようにしてたたみます。

Tシャツを一瞬でたたむ方法 mamari_tv

そのまま下に置くと…

6.あっという間にできあがり

Tシャツを一瞬でたたむ方法 mamari_tv

「1.2.3」で完成。本当に一瞬できれいにTシャツがたためましたね。

これなら子供に邪魔されずに素早くTシャツがたためそうです。ぜひ、今日から早速お試しください。

子供服も同様に

Tシャツを一瞬でたたむ方法 mamari_tv

子供のTシャツも同じ方法でたたむことができます。

夏の洗濯もので1番多いと言っても過言ではない子供のTシャツもスピーディーにたためるのは最高です。

この方法を使ってパパや子供にも手伝ってもらおう

洗濯 PIXTA

はじめのうちは理解するのに時間が掛かってしまうかもしれませんが、慣れれば簡単にたたむことができます。

家事の時短に繋がることで、ママのイライラも減り、良いこと尽くしですね。

このたたみ方なら、パパだって簡単にTシャツをたたむことができるかもしれません。一緒に挑戦してみるのも良いですね。家事を手伝ってくれるきっかけにもなりそうです。

誰がたたんでも同じ形に仕上がるのも高ポイント。たまに手伝ってくれても、いつものたたみ方と違って収納できずたたみ直し…というトラブルを回避できますね。

夏休みの始まった子供たちと、洗濯物たたみの裏技を遊び感覚で挑戦してはいかがでしょうか。これを機に自ら率先してお手伝いしてくれたらうれしいですね。

「Tシャツ」「たたみ方」「裏技」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!