出産時に慌てないために!妊娠中に心得ておきたいこと

臨月が近づいてくるにつれ、赤ちゃんとの対面が楽しみな一方、出産への不安が膨らんでくるママもいるのではないでしょうか。出産に伴う体験は本当に十人十色。ときには思いがけないハプニングが起こることもあります。心配しすぎてもいけませんが、出産時に起こるかもしれないハプニングを想定しておけば、いざというとき慌てずに済むかもしれません。出産を控えるママの準備に役立つ、先輩ママの体験談を紹介します。

PIXTA

出産にはいろいろなケースが。情報を集めて心の準備をしておきましょう

臨月になるといよいよ出産。出産を控えているママは、期待と不安の入り混じる頃かと思います。

特に初産の方は陣痛や分娩時の経験もなく、イメージがしにくいですよね。「痛いとはわかっているけれど、他にはどんなことがあるの?」「何をすればいいの?」そんな風に思って、事前に情報を集めているママもいるのではないでしょうか。

出産の経過は個人差が大きいもの。順調にすむお産もあれば、思いもかけない経験をすることもあります。誰かのケースが、そのまま自分に当てはまるということはありませんが、いろいろなケースを見聞きすることで、ママも心の準備ができるかもしれません。

いざ出産というときにパニックにならないためにも、出産にはさまざまな出来事があるということを認識しておきましょう。

初産は出産予定日よりも早まる?遅れる?初産婦の出産体験談と出産準備リスト

関連記事:

初産は出産予定日よりも早まる?遅れる?初産婦の出産体験談と出産準備リスト

初産は出産予定日よりも出産が遅れてしまいやすいとも聞きますが、実際は本…

先輩ママたちの経験から出産を学ぼう

出産 PIXTA

出産にまつわるエピソードは、本当に千差万別。予想外のハプニングを乗り越えての出産も、実は少なくありません。

妊娠、子育て、妊活中の女性向けアプリ・ママリQに投稿された体験談より、こんなこともあるの?という驚きのエピソードを中心にご紹介します。

先輩ママの経験から、必要な準備を想定しておきましょう。

頭が出たのに戻されて…

赤ちゃん 頭 PIXTA

上の子出産時ですが
頭半分出たのに
戻されて切開されて出産しました笑
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

こちらのママは、赤ちゃんが出てきた感覚も、戻された感覚も分かってしまったそうです。

なぜ途中で戻されてしまったのかは聞かれなかったそうですが、このままでは赤ちゃんが出てこれないというお医者さんの判断だったのでしょうね。

たくさんの赤ちゃんを取り上げてきた医師や助産師さんの経験はとても貴重なもの。出産には病院のスタッフさんとの信頼関係も大事です。

まだ身体が出てないですけど

産声 PIXTA

出産のとき、頭は出たけど肩から下がなかなか出なくて助産師さんが頑張って出そうとしてる最中に、ほぎゃ〜と産声を上げてビックリしました!!
産声って、取り上げて少し経ってやっと泣くものだと思ってたのに、え?!身体まだ出てないですけど!って思って、まだ出産は完全に終わってないのにみんなで笑っちゃいました!あと、すごくホッとしたのも覚えてます
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

赤ちゃんが産声を上げてくれないのは心配ですが、これは少々フライング気味?それでも元気な声で泣いてくれる赤ちゃんは、大変な分娩の瞬間を和ませてくれたんですね。

ホッとしたというママの気持ちは、同じ親としてよくわかります。ママが安心することで、出産も進みやすくなったのではないでしょうか。

陣痛に気づかず

出産 PIXTA

子宮口全開直前まで陣痛に気がつきませんでした…😅
危うく自宅で産むとこでした🤣
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

陣痛の痛みは人それぞれ。長い陣痛に苦しむ人も少なくないですが、中には直前まで陣痛に気づかないケースもあるようです。

痛みが少ないというのはうらやましくもありますが、病院に着くまでに出産してしまうようなケースは危険がありそうです。

陣痛から出産までの時間が短い人もいます。病院とすぐ連絡を取れるようにしておくことも必要ですね。

陣痛が弱まってしまうことも

妊婦 PIXTA

1人目は41w40時間の難産でした。
分娩台に上がっても陣痛が弱まって何回も降ろされてスクワットとか四つん這いにならされたり汚い話ですが赤ちゃんより先に大が出て旦那に見られたり…大変でした笑
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

陣痛が弱くなり、なかなかお産が進まないケースもあります。出産というのは赤ちゃんのタイミングが重要でもあるんですね。

ママもおなかが大きい状態でのスクワットは大変だったと思いますが、無事に生まれてきてくれた赤ちゃんの前では、そのつらさもきっと忘れてしまいますね。

奇跡の瞬間を迎えるために!辛い陣痛を乗り切る5つのコツ

関連記事:

奇跡の瞬間を迎えるために!辛い陣痛を乗り切る5つのコツ

女性にとって出産は嬉しいことでもあり、同時に不安も抱えがちなものでもあ…

レントゲンの結果で帝王切開に

帝王切開 PIXTA

予定日過ぎても産まれる気配がなくレントゲンを撮ってみたところ、私の骨盤が小さい&お腹の子の頭が大きいため自然分娩が不可能なことが発覚……。陣痛がきても絶対に出せないので当日入院、次の日に帝王切開で出産しました。

実母が同じ理由で帝王切開だったので、私ももしかしたら〜と思っていたのでそこまで驚かなかったです。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

自然分娩を予定していても、出産の直前で事情が変わってしまうことも少なくありません。

安全な出産には、ママの体調や赤ちゃんの状態などが優先されることもあります。パパ・ママの思いと共に、無事に出産を終えられるよう、優先事項を確認しておくことも必要です。

痛い場面もいろいろです

陣痛 PIXTA

途中赤ちゃんの頭がひっかかった?みたいで助産師に張りと同時に手をを入れられそれが痛かったです^^;11時過ぎには強い陣痛で助産師にあとどのくらいで産まれる?ってずっと聞いていましたw13時前子宮口前回になり破水させられ13時30分に産まれました♡
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

出産時に体験する痛みには本当にいろいろなものがあります。陣痛もつらいですが、こちらは想定外の痛みに耐えなければいけなかったケースですね。

赤ちゃんが途中で引っかかって出てこられなくては大変。そのためにも必死に介助してくれる助産師さんですが、手を入れられるとさすがに痛いですよね。

赤ちゃんが何事もなくすんなりと出てきてくれることは、すごく恵まれていることなのかもしれません。

いきなり逆子に戻ってしまい

分娩 PIXTA

二人目だったので途中まで順調にいき助産婦さんからもさすが経産婦と言われたのですが7センチまで開き分娩室行こうか言われたところで再度確認。
その後急に助産婦さんがなにか焦りはじめなに?なに?って思って恐る恐る聞いたところ赤ちゃんが急に逆子に戻ってしまったって言われすぐ分娩室へ……
院長先生と助産婦さんが協力し私のお腹を何回も押してはお腹を押さえながらまわしダメやなダメやなって……
こっちは痛くて泣きそうに
このまま戻らんかったらお腹切って出すわなって言われてました。
でも何度も何度も試してくれて赤ちゃんもようやく懲りたのか頭を下にしてくれました✨
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

出産はぎりぎりまで何が起こるかわかりません。分娩時、赤ちゃんの向きはとても重要。自然分娩の予定でも、場合によっては帝王切開に切り替わることもあります。

無事に赤ちゃんが出てきてくれるように、病院側でもさまざまなケースで対応してくれます。難しいお産を体験されたママは、こちらが想像する以上に痛くて大変だったと思います。加えて、先生方の慌ただしくも必死な様子が伝わってくるエピソードです。

臨月のお出かけは慎重に

妊婦 お出かけ PIXTA

臨月なのに休日旦那とドライブに出掛け、オナラをしようとしたら破水し、いきなり5分間隔の陣痛、いだーい!!!!と泣き叫びながら車に乗ってるのに、テンパった旦那が救急車に電話、走行途中だったため、住所分からずw
は!車で近くの病院行こう!と気付きなんだかんだで地元到着w
到着した頃には頭が見えててもう無理ー!!!!
って踏ん張ろうとしたら病院到着、先生や看護師さんが駆けつけた頃には産声あげていました♡
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

妊娠中の経過が良好であれば、お出かけなどもしますよね。しかし、知らない土地での急な事態には、やはりリスクを伴います。

すぐに病院にへ行くことができ、手当てを受けられて何よりだったと思います。無事に赤ちゃんが産まれてくれたからこその思い出話。やはり臨月にはいつも以上の注意が必要なようです。

学生さんの見学が…

分娩室 PIXTA

大学病院での出産だったので
さて分娩台に行こう!ってときに
助産師さんから
「学生、見学に入っていいですか?」
と聞かれ意識もうろうとしてる中
「わかりました…いいですよ…!」
と言うと6人くらい
ぞろぞろと入ってきたことです(笑)
さすがに「うそやん!めっちゃ多い!」
って笑いました(笑)
「はい、いきんでー!」
と言われていきむと
目の前にバインダーとボールペンを持って
一生懸命なにか書いてる学生が…(笑)
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

大学病院などの大きな病院では、学生さんの研修が行われていることもあります。

ですが、出産はママにとって人生の一大事。そこにぞろぞろと見学者がいるというのも、落ち着かないですよね。「いきんでー」と声をかけられた瞬間に、冷静にメモを取られてしまうと、そちらが気になって集中できなくなってしまいそうです。

貴重な出産の場に立ち会った学生さんたちには、しっかりと勉強を積んで立派なお医者様になってもらいたいものですね。

首にへその緒が巻いていることも

へその緒 PIXTA

破膜はしてませんが、首にへその緒が巻いていて真っ青で産まれましたよー。どーりてなかなか下がってこないはず。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

今は首にへその緒が巻いていても、自然分娩になることが多いようです。とはいえ、時間がかかるケースになることは想像に難くありません。赤ちゃんとママの頑張りに拍手です。

真っ青な顔の赤ちゃんを見て、心配されたのではないでしょうか。無事に産まれて本当に良かったですね。

出典元:

破水で始まった出産では

破水 PIXTA

寝ていて前触れなく破水しました。夜用ナプキンをつけて居ましたが、勢いが凄く歩くたびにダダ漏れでパジャマのズボンまで濡れました。
気付いてすぐ起き上がったので布団は免れ着替えてタオルを敷いて行きました。掃除をしなくてはいけない程では無かったので特に掃除せず病院に行きました。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

出産の前兆は陣痛だけとは限りません。こちらの方のように、いきなり破水から始まるケースもあり、破水後の量もさまざまなようです。すぐにそうとは気づきにくい、チョロチョロとした破水の場合もあれば、着ている服や布団まで濡らしてしまうような場合まで、実に多彩なケースがあります。

量が少ない場合は生理用のナプキンや産褥パッドなどでケアできますが、量の多い人は車のシートにタオルなどを敷いて、汚さないように工夫されているようです。

万が一のために日頃からタオルなどを用意しておけば、慌てずに済みますね。また、汚れたお部屋などの始末を、頼んでおける人がいると心強いです。

陣痛・破水・おしるしだけじゃない!臨月の出産兆候って何があるの?

関連記事:

陣痛・破水・おしるしだけじゃない!臨月の出産兆候って何があるの?

臨月に入ると、いつ出産になるのか、いざ出産する時はどんなことが起こるの…

心配しすぎず、自分と赤ちゃんを信じて乗り切ろう!

出産 PIXTA

出産前の心構えができるような、先輩ママの出産時のエピソードをご紹介しました。

出産は人生の中でも大きなできごと。ときには驚きのハプニングが起こることもありますが、多くのママがそれを乗り越え、かわいい我が子との対面を果たしています。

不安なのは誰しも同じ。それを恥じることはありませんが、心配のしすぎもストレスになりかねません。「案ずるより産むがやすし」との言葉もあります。

病院の先生やスタッフの方の手を借りながら、自分の力と赤ちゃんを信じて出産に臨んでください。

「体験談」「出産前」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!