妊婦が暑い夏を乗り切るために。助産師からの6つのアドバイス

は、妊娠していなくても暑さが身に染みますよね。それが妊婦さんともなると、少し家事をしただけで汗がだらだら出てくるという方がいるのではないでしょうか。「妊婦は体は冷やしてはいけない」と耳にする事があるかもしれませんが、そうは言っても暑くて眠れなかったりあせもができるなど、暑さによる悩みはたくさんあるかと思います。妊婦健診や助産師外来で聞こうとしても、聞くタイミングを逃してしまうということもありえますよね。そこで、妊婦の悩みごとについて、助産師の柴田星子さんにお話をお伺いしました。

PIXTA

冷えが気になる…靴下や腹巻は必要?

妊婦がエアコンとか扇風機ってよくないですか?
逆子治すために下半身冷やすなと言われ靴下履いたり腹巻巻いたりしてます
(中略)
結局、扇風機とかエアコンつけてしまいます。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

柴田さんによると、エアコンや扇風機はどちらも使い方次第でよいとも悪いとも言えるとのこと。エアコンの温度設定は、じっとしていれば汗はかかないが、家事などで動くと少し汗ばむくらいの温度設定が、冷えすぎずによいそうです。

靴下や腹巻も、その時の体の状態で、お腹を触ってひんやりすれば腹巻をつける、足を触ってひんやりしているならば靴下やレッグウォーマーを履くなど、体の状況に合わせて調節するようにしてください。

むくみが気になる…何かできる対策はある?

お風呂 PIXTA

妊娠後期や臨月の皆さんはひどいむくみになりましたか?
また、むくみ解消方法や原因をご存知でしたら教えてください。
(中略)
指を曲げると痛いし、目の血管もむくみで網膜に水が溜まって見えにくくなるし、水を飲むだけで体重もどんどん増えていきます…
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

必要水分量は体格などによって異なるため、一概に一日何リットル飲むとよい、ということは言えないのだそう。しかし、一度にたくさん水分をとったり、飲み物が冷たすぎたりすると、体に吸収されずにむくみにつながりやすいと言います。のどが渇く前に少しずつ、すぐに手が届くところに水分を置いておいて、一口ずつ飲むとよいでしょう。

また、体が冷えているとむくみが出やすいそう。夏でも夜は湯船につかるようにしてみてください。

あせもが痒くてつらい…できることはある?

汗 PIXTA

あせもに悩んでいます(;_;)
元から汗っかきだったこともあり、最近の猛暑続きで足や手にあせもができてしまいました。なるべくかいたりしないように注意してはおりますが、痒すぎて仕方ありません。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

あせもは、汗が長時間肌についていることでおきるので、朝起きてすぐ、汗をかいた後など、こまめにシャワーを浴びるのが一番とのこと。

ビワの葉エキスを使うなど、自然なものでまずは対処してみるのがよいそうです。お出かけの時は、凍らせたタオルを持ち歩いて、手足などはこまめに拭くといいでしょう。

食欲がない…赤ちゃんのためにもきちんと食べるべき

夏野菜 PIXTA

出産予定日まで18日です。
臨月になると食欲わくとおもってたのですが、全然逆です、、、
この気候のせいでしょうか(。-_-。)
真夏の臨月のみなさんちゃんと食べれてますか?
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

「栄養バランスのよい食事が理想ですが、トマトやキュウリの夏野菜など、食べられそうなものから少しずつとれば大丈夫」と柴田さんは言います。

また、一日3食決まった時間に食べるのではなく、お腹が空いてから食べるようにすることもおすすめだそう。無理に食べようとしないことで、少し食欲を感じやすくなるかもしれません。

臨月近くに食欲がなくなるのは、お腹で胃が圧迫されていることが原因の一つです。肋骨から骨盤までの距離を長くするようなつもりで、一日に何回か伸びをしてみてください。それだけで胃腸の負担が軽くなることがあります。

暑さで寝苦しい…エアコンをつけて寝ても大丈夫?

家族で私だけ暑い!!妊婦なので特に暑くて‥
この湿度で汗かいててエアコン急いで入れて、寝たいけど
眠れない!!!
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

柴田さんによると、頭を冷やすだけでもだいぶ暑さは解消されるため、氷枕を利用するのがよいそう。タオルを巻きつけることで、冷えすぎを防止することができます。

エアコンの設定温度は高めに設定して、扇風機を天井に向けて部屋の空気を動かすだけでも体感温度は変わってきます。起きたときに皮膚がひんやりする感覚があるなどは、冷えすぎの目安になるそうです。

海水浴やプールに行っても大丈夫?

夏 妊婦 PIXTA

妊婦のときに海水浴行かれた方いますか?
テントにいると大丈夫ですか?
海には足しか入らないつもりです
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
妊娠中にプールには行きましたか?
9月に出産予定ですが、8~9ヶ月辺りで上の子と市民プールに行きたいと考えています(^^)
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

柴田さんによると、妊婦さんは普段よりも体調が悪くなりやすかったり、熱中症になりやすかったりするそう。さらに、海やプールにいる間は疲れや体調の変化にも気がつきにくいかもしれません。

海水浴やプールはお子さんと行けば、自分だけ休むというのも難しく、疲れたから早く帰るということがしにくいため、無理をしやすい環境にあります。

もし行くならば、いざという時は自分がちゃんと休めるように、事情をくんでくれる大人の引率者がもう一人いたほうがよいでしょう。

工夫次第で、暑い夏を少しでも快適に

夏 妊婦 PIXTA

妊娠中、腰痛に悩まされたり、体がだるく感じたり、マイナートラブルと付き合いながら生活している人は少なくないでしょう。それに加えて、お腹に赤ちゃんがいる状態での真夏は、本当に暑いですよね。

筆者も真夏に出産したうちの一人ですが、妊娠後期はお腹に湯たんぽを入れているようだと感じていました。常に汗が出て、非常に不快だったことを覚えています。

今回柴田さんにお伺いしたことは、日常生活で簡単に取り入れられることばかり。少しでも快適に過ごせるよう、ぜひ実践してみてくださいね。

<取材協力:助産師/セルフケア整体指導師 柴田星子先生>
日赤医療センター未熟児室助産師、福岡市立こども病院ICU看護師として勤務。女性の身体を知るために整体を学んでいるときに妊娠。体を整えながらの妊娠生活が、以前流産した時と明らかに違って快適であることに衝撃を受け、産前産後の身体の使い方を伝える活動をしている。現在、2児の母。

助産師ほしこのセルフケア整体

「夏」「妊婦」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!