全国待機児童NO.1の世田谷区が行っている対策について担当者に聞いてみた

保育園の合否時期に注目が集まる待機児童問題ですが、自治体は日々対策に励んでいます。都心部では新規開園するための土地を確保することが難しく、一筋縄ではいかないのが待機児童問題です。そんな中、全国でもっとも待機児童が多い地域とされている東京都世田谷区は「提案型設備手法」という新しい対策を取り入れています。この、民間が所有している土地を利用して保育園を開園するという対策は、区の厳しい状況下でどのように待機児童問題解に貢献しているのでしょうか。担当者に話を聞いてみました。

プレミアム記事

プレミアム記事を読むには?
こちらの記事は、アプリをダウンロードしてママリプレミアム(月400円[税込])に登録するとお読みいただけます。
アプリをダウンロードする

「世田谷区」「待機児童」「対策」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!