出産祝いにお年玉、児童手当…子供あてにもらったお金、どう貯める?

子供あてにもらったお金は、きちんと分けておかないと日々のやりくりに紛れていつの間にか使ってしまうかもしれません。出産祝い、お年玉、児童手当などのお金はどう管理していますか?FPの鈴木さや子さんによると、こういったお金を貯めるには、まず生活費と切り離して管理し、自動的に貯まっていく仕組みを作ることが大切だそう。「いつの間にか使ってしまった」ということを避けるため、貯金できる仕組みを作っておきましょう。

PIXTA

子供あてにもらう現金はどう管理するのがよい?

親戚や職場などから出産祝いとして現金をもらったり、お年玉をもらったり。子供あてに現金をもらえるのはありがたいものの、その管理方法は意外と困ってしまうかもしれません。きちんととっておこうと思っていても、日々のやりくりと一緒になって、いつの間にか使っていた……心当たりのある方はいませんか?

また、出産祝いやお年玉のような臨時収入だけでなく、定期的にもらうことができる児童手当の存在もあります。手をつけずに貯めておくことができれば、まとまった金額になって将来きっと役立つでしょう。

特に児童手当はもらえる総額が大きい

通帳 amana images

児童手当とは、中学校卒業までの児童がいる家庭に支給されるお金です。受け取ることができるのは、子供の父または母で、家庭で最も所得が高い人です。

子供の年齢および第3子かどうかによって異なりますが、月額10,000~15,000円が支給されます。所得制限があり、所得制限限度額以上の場合は、子供の年齢や第3子かどうかに関係なく月額5,000円が支給されます。

とはいえ、この児童手当こそ、日々のやりくりの中で無意識のうち使い込んでいて、気がつけばなくなってしまっているものかもしれません。

出典元:

手をつけたくないお金は置き場所を工夫する

貯金箱 PIXTA

所得制限が限度額未満の家庭で、第1子の場合は、中学校卒業までで総額にして約200万円が支給されるという計算になります(誕生日によって多少異なります)。この200万円をしっかり貯める方法を、ファイナンシャルプランナーの鈴木さや子さんにお伺いしました。

「児童手当や子供用にもらったお金は、まず生活費と分けて管理することが重要」だと鈴木さんは言います。生活費と一緒に管理しておくと、知らず知らずのうちに使ってしまう可能性があるため、どのような形でもよいので生活費と分けることが大事なのです。

子供のお金専用の口座を用意しよう

箱 PIXTA

お子さんが生まれたときに、子供名義で口座を作ったという方もいるでしょう。この方法でももちろんよいのですが、「どのような形であっても、子供のお金専用の『箱』を作ればよいのですよ」と鈴木さんはいいます。

必ずしもわざわざ新たに子供名義に口座を作る必要はありません。親名義の口座で普段使っていないものがあればそれでもOKです。

「ふだん使っていない口座の通帳の表紙に子供の名前を書くなどして、このお金は○○ちゃんのもの、などと意識するようにします。すると不思議と、そのお金に手を付けようとは思わなくなりますよ」(鈴木さん)

ただし、子供名義であろうと親名義であろうと、口座のキャッシュカードは持ち歩かず、引き出しにしまっておくなどの工夫が必要です。お金を引き出しにくい状況にすることで、子供用のお金の存在自体を忘れ、使ってしまうリスクを回避するようにしましょう。

(注)児童手当は、申請者本人の名義の口座でないと受け取れません

子供のお金を貯めておくのに便利な銀行口座・サービス

銀行 PIXTA

子供用のお金は生活費と分けて管理するのがよいと分かったところで、具体的に子供用のお金をどのようにためていくのがよいのでしょうか。鈴木さんによると、「自動で貯まっていくいく仕組みを作るのがよい」といいます。

具体的には、児童手当の振込先を、親名義の教育費専用口座にするということ。この方法であれば、お金を別の口座に移動する手間もかかりません。

他にも、いくつかの方法があります。

定額入金サービスを利用する

複数 PIXTA

定額入金サービスとは、本人名義で異なる銀行の口座から毎月一定額を取り寄せできる仕組みです。一度登録をするだけで、手数料無料で自動的にお金を移動することができます。

これを利用することで、児童手当の振込先が生活費と同一の口座であっても、手間をかけずに移動させて貯めていくことができます。

定額入金サービスはじぶん銀行のほか、住信SBIネット銀行やジャパンネット銀行などで取り扱っています。これらの銀行に口座を持っている方は検討してみてください。

目的別口座を利用する

目的別預金サービスとは、住信SBIネット銀行が提供しているサービス。口座開設の際に作成する代表口座の他に、自分で口座名をつけて管理するという仕組みです。

例えば、親名義の代表口座を児童手当の振込先にしておき、子供の名前をつけた目的別口座へ移して別途管理できます。代表口座以外は個別の口座番号がなく、ATMでお金を引き出すことができないため、うっかり使ってしまうというリスクがありません。

この方法のメリットは、口座自体は一つあればよい点。同じ名義とはいえ、複数の銀行や口座があると把握しにくいものです。同一口座の中身を目的別に色分けでき、管理が楽という側面もあります。

出典元:

児童手当だけでも自動的に貯金へまわす仕組みづくりを

銀行 PIXTA

子供の教育費をどのように貯金すればよいのかというのは、親にとって悩ましい問題です。まずは、支給される児童手当をしっかり貯金にまわすという仕組み作りをしませんか?

ご紹介した通り、児童手当を満額貯金すれば約200万円。中学校以降の教育費として、安心できる金額ではありませんが、いったん仕組みができればあとは自動的に貯まっていきます。生活を切り詰めるなどしなくても、「約200万円はある」と思うだけで少し安心できるかもしれませんね。

<鈴木さや子さんプロフィール>
1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP(R)・キャリアカウンセラー。家族が笑顔になれるための生活に役立つお金の知識を、主に女性向けに、セミナーやコラム記事などを通じて情報発信。保険などの商品を一切販売しないFPとして活動中。

専門は教育費・保険・住宅ローン・マネー&キャリア教育、確定拠出年金。女性の心に寄り添う個人相談にも力を入れている。企業講演の他、小・中学校や地域コミュニティなどでの講演やワークショップなど、保護者や親子向けイベントも行う。中学生・小学生の母。

また、女性に特化して相談・講演を行う「みらい女性倶楽部」も運営。同団体での活動は、加入サポートや相談など主にiDeCoに関する情報発信をしている。

mamaTanoマネーサロン

「子供」「貯金」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!