手のひらをゴシゴシするだけじゃダメ!子供と一緒に楽しく正しい手洗いを学ぼう

子供と手を洗うとき、皆さんはどのように洗っていますか?食中毒や感染症予防の基本ともいえる手洗い。その大切さはさまざまな場面で耳にします。子供には、きちんと手洗いの習慣を身につけてもらいたいと思っているお母さんも多いと思いますが、いつも行っている手洗いが実は不十分な可能性も。手のひらをこすり合わせるだけでは、正しい洗い方とは言えないんです。小さいときから身につけたい、正しい手洗い方法をご紹介します。

PIXTA

毎日の手洗いを楽しく、きちんと身につけましょう

毎日の手洗い、どうしていますか?石けんを使ってきちんと洗っているつもりでも、手のひらを洗うだけでは実は洗い方としては不十分なんです。

手洗いで大切なのは、汚れや菌をしっかりと落とすこと。手のひら洗いだけでは、目に見えない菌やウイルスが爪や指の間、手首などに残っているかも。手を洗うときは、すみずみまでていねいに洗うことが大切です。正しい手洗いは、風邪などの感染症や食中毒の予防にもなります。

手洗いは、子供が小さいうちから身につけてもらいたい生活習慣のひとつ。とはいえ、子供はまだ上手に洗えず、面倒がってしまうこともありますよね。

そこで、手洗いの時間を楽しい時間にしてみるのはどうでしょう。ママと一緒に楽しくできれば、子供も進んで手を洗ってくれるようになるかもしれません。正しい習慣をきちんと身につけるためにも、手洗いを楽しく覚えましょう。

正しい手洗いを家族で覚えよう!

手洗い PIXTA

子供に手洗いを教える際には、手洗いのタイミングを教えることから始まります。手を清潔に保つには、実は洗いすぎるのも禁物なんです。

どんなときに手を洗う必要があるかを知り、この機会に家族全員で正しい手洗いのしかたを覚えましょう。

こんなときは手を洗いましょう

いただきます amana images

こんなときには、必ず手を洗いましょう!

  • 外から帰ってきたとき
  • トイレの後
  • 虫や動物などを触った後
  • おやつや食事の前
  • 料理をする前
  • 咳やくしゃみをして手で押さえた後

手洗いは大切ですが、汚れを気にして洗いすぎるのも考えもの。私たちの体には、もともとウイルスや細菌などの侵入を防ぐ、バリア機能が備わっています。過剰な手洗いは肌を傷め、このバリア機能を低下させる原因になることも。

バリア機能の低下は、手荒れや感染などにもつながります。手を清潔に保つためには、適切なタイミングで洗うことが大切です。

出典元:
兄弟がいる家庭あるある?兄弟同士の風邪のうつし合い。どうしたら止められる?

関連記事:

兄弟がいる家庭あるある?兄弟同士の風邪のうつし合い。どうしたら止められる?

1人が風邪をひくと、どうしても他の兄弟にうつってしまいがちです。だいたい…

実践!正しい手洗い方法

手洗い PIXTA

  1. 手を洗う前に、指輪や時計などははずします
  2. 流水で手を洗います
  3. せっけんをつけてしっかりと泡立てます
  4. 手のひら、手の甲をこすります
  5. 両手を組むようにして、指の間を洗います
  6. 親指を反対の手で包み、ねじるようにして洗います
  7. 手のひらの上で指を立て、指先をこするようにして、指先、爪の間を洗います
  8. 手首を反対の手でつかみ、ねじるようにして洗います
  9. 最後に、流水でせっけんと汚れをしっかりと洗い流します
  10. 清潔な乾いたタオルやペーパータオルで水分を拭き取ります

正しい手洗い方法を書き出してみると、これだけの手順になるんですね。

20秒以上の時間をかけて洗うのが良いと言われていますが、一つ一つしっかりと洗うことを意識すると、自然に時間もかかります。食中毒や感染症などが流行している時期には、特にていねいに洗いましょう。

ちゃんと洗ったつもりでも、指先や指の間、手首などには意外と汚れが残りがち。子供は何でも手で触って確かめます。そしてそのまま目や口に指を入れてしまうことも多いので、特に注意が必要です。

また、泡立てるのが苦手な子供は、手洗いを簡単に済ませてしまうことも。泡で出るタイプのハンドソープなどを使うと、泡立てる手間が省けるので、子供にも洗いやすくなります。

厚生労働省のサイトでも、手の洗い方を示した啓発ポスターなどが公開されています。手の洗い方が、わかりやすくイラストで説明されています。

厚生労働省の手洗いポスター

出典元:

タオル交換も忘れずに!

タオル PIXTA

湿ったタオルでは、細菌や病原体が繁殖しやすくなります。

一旦湿ったタオルは、長時間放置することで細菌が増殖し、乾いた後でも細菌が残っている場合があります。繰り返し使っているタオルには、細菌が増殖している可能性も。

せっかく手をきれいに洗っても、細菌が増えたタオルで拭いてしまっては逆効果です。きれいになった手に細菌がうつらないように、タオルはこまめに取り換えることが大切です。

洗濯しても臭う…部屋干し衣類の雑菌臭を防ぐには?

関連記事:

洗濯しても臭う…部屋干し衣類の雑菌臭を防ぐには?

夏、雨が続くと洗濯物を部屋干しする方は多いですよね。そこで気になるのが…

手洗いを親子の楽しい時間に

親子 笑顔 PIXTA

手洗いのタイミングや方法を教えるには、ママが一緒にやってみてあげるのが大事です。最初はうまくいかなくても怒ったりせず、上手にできたときにはほめてあげましょう。

習慣というものは、一朝一夕では身につきません。時間をかけて繰り返し教えていくことが必要です。けれど退屈な作業の繰り返しでは、子供は嫌がってしまいますよね。何度も注意するのでは、ママにもストレスとなってしまいます。

インターネットで検索すると、かわいらしい手洗い歌や動画がたくさんあります。歌や映像に合わせてなら、手洗いだってストレスなく覚えられそう。この夏はぜひ子供と手洗い歌を覚えて、歌いながら実践してみてください。

子供にとっては、ママと一緒に楽しく習慣づけできるのがいちばん。手洗いの時間を、親子で楽しく過ごす時間のひとつにしてしまいましょう。

ライオン「キレイキレイ手洗いのうた」

日本学校保健会「てあらいサンバ 」

「手洗い」「正しい方法」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧