赤字の原因になりうる「特別支出」には年間で予算を組もう

自分なりに節約をしてきちんと家計を管理しているのに、なぜか給料日前になるとお金が足りなくなってしまう。自動車や家にかかる税金、遠方の実家へ帰る費用などはボーナスで支払うから貯金がちっとも増えない……という声をよく耳にします。そんな人たちに共通しているのが「特別支出」という予算を組んでいないことです。家計は月単位で考えがちですが、毎月かかるわけではない臨時出費も含め年単位で予算を立てることが、赤字家計に陥らないための第一歩。特別支出にはどんなものがあるのか、どう備えたらいいのかを考えてみましょう。

amana images

毎月の家計から支出するお金以外にも必要なお金がある

毎月の収入から支出する一般的な家計費の項目というと、家賃や住宅ローンといった住居費、水道光熱費、通信費、保険料、食費、日用品費、交際費、交通費、教育費、医療費、服飾費、レジャー費、家族のこづかい、といったところでしょうか。

しかし1年を通じての支出を思い出してみると、これらに含まれないものもあるはず。それが「特別支出」です。支出によっては数万円に上るものもあり、準備しておかないと思わぬ赤字の原因になります。

毎月かかるわけではないお金=特別支出にはどんな出費がある?

家族旅行 PIXTA

特別支出とは、どんなお金を指すのでしょう。主なものには、

  • 固定資産税(持ち家の人)
  • 自動車税(自動車を所有している人)
  • 家族旅行の費用
  • 帰省費用
  • お中元やお歳暮
  • お年玉
  • 七五三
  • 家族の誕生日
  • 母の日や父の日のプレゼント
  • クリスマス
  • 正月準備

などがあります。ほかにも保険料やNHK受信料などを年払いにしている人は、それも特別支出に含めておきましょう。

金額にすると数千円から数万円、場合によれば10万円を超えるものもあります。これらについてのお金を準備していなかったら、赤字家計になってしまうのも当然だと思いませんか。

特別支出にはいつ発生するかわからないものもある

結婚式 PIXTA

さらに、特別支出には数年に一度やいつ必要になるかわからないものもあります。具体的にいうと、

  • 冠婚葬祭
  • 家電の買い替え
  • コートやスーツなどの大物衣料費
  • 車検(自動車を所有している人)
  • 住宅の更新料や引っ越し代(賃貸住宅に住んでいる人)
  • 子供費(受験や入学、修学旅行費用など)

があります。

たとえば、冠婚葬祭はいつあるかわかりません。遠方の場合は、ご祝儀やお香典だけでなく交通費などが必要になることもあるでしょう。コートやスーツなどを毎月の被服費から購入するのは、予算的に難しいですよね。

また子供にかかるお金も、毎月の塾代やおけいこごとの費用は家計費から出しても、入園や入学時に必要な制服や学習用品、修学旅行費用といったまとまったお金を毎月の家計費から支出するのは負担が大き過ぎます。

いずれも数年に一度ではありますが、金額が大きいだけに計画的に準備をしておく必要があります。

特別支出にはいくら備える?どうやって準備すればいい?

家計 PIXTA

では、特別支出のためにいくら準備しておけばいいのでしょう。まず過去1年の家計簿をもとに、毎月の家計に計上されていない支出を書き出します。家計簿をつけていない人は、預金通帳やクレジットカードの明細をさかのぼったり、振り込みの控えなどをもとにしたりすると、だいたいのことは分かるはずです。

この合計額が、特別支出に備えるお金として1年間で最低貯めておきたいお金。「最低」というのは、上でも説明した通り数年に一度しかない支出もあるからです。可能な範囲で無理をして、合計金額に少しでも多く上乗せした額を貯めておくと、将来のやりくりがラクになります。

毎月一定額を積み立てるか別口座に取り分ける

銀行 PIXTA

特別支出用のお金は、1年間に貯めておきたい金額を12で割り、その金額を自動積立定期預金で積み立てたり、生活費とは別の口座へ振り替えたりして取り分けておきます。ボーナスがある人は、半分を貯蓄、半分を特別支出とし、1年間に確保したい特別支出の金額からボーナス分を引き、残りを毎月の家計から取り分けましょう。こうすると毎月の金額が少なくなり、やりくりしやすくなります。

分けて貯めなくても使わなければ同じと思うかもしれませんが、貯蓄は住宅や車の購入、子供の大学時の教育費、老後資金といった百万円単位のライフイベントに備えるもの。特別支出のためにときどき引きだして残高が増えたり減ったりすると、貯めることへのモチベーションがアップしません。

貯蓄は残高が確実に増えていくと、うれしくなってもっと頑張って貯めよう!という気持ちになるものなのです。特別支出は、貯蓄ではなく支出の一部だということを覚えておいてください。

毎月の家計項目に「予備費=特別支出に備えるお金」をプラス

家計簿 amana images

家族の誕生日や父の日・母の日のプレゼントといった金額が小さい特別支出は、毎月の家計費の中に予備費や特別支出といった項目を作って予算化して備えるという方法もあります。

そもそも、年末年始や年度末、年度初めは交際費が多くなりがちです。ゴールデンウィークやシルバーウィーク、夏休みはレジャー費が増えるなど、毎月同じ金額でやりくりするのは難しいもの。これらの家計の波も含めて、吸収することができる余裕資金を確保しておくのです。

こうすることで赤字家計に陥るストレスからも解放されますし、いつ、どんな臨時の出費があるかを理解することで「今月は少し食費を節約しよう」といった意識が働くようになり、家計管理がうまくいくようになります。

余ったお金は絶対に家計へ組み入れない!

カレンダー amana images

一番のポイントは、特別支出や予備費として確保しておいたお金が月末や年末に残ったからといって、家計費に組み入れないこと。このお金は、特別支出としてずっと繰り越しを続けてください。

というのは上でも説明した通り、特別支出にはいつ、いくらかかるかわからないお金があるからです。たとえば、冷蔵庫やエアコンといった家電の買い替えは10数年に一度しかありません。もしかしたら突然、家族が病気やケガをして入院することになるかもしれません。そんな時に使えるお金が確保できていると、貯蓄を取り崩さなくて済むからです。

特別支出を計画的に確保しておくことが、家計管理をするうえで大きなポイントになることが理解できましたか。どんなことに、いくらかかっているのかを整理することから始めましょう。

「特別支出」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!