家族4人で1日3,000円、年間貯蓄100万円!kaasankakei365さんの家計管理

ママには悩ましい家計管理の問題。色々試してみてはいるけれど、なかなか続かなかったり、自分のライフスタイルに合った方法を見つけたりするのは難しいものですよね。インスタグラムで家計管理術を投稿しているkaasankakei365さんは、4人家族。1日3,000円以内の予算で、年間貯蓄100万円を目指しています。自営業だそうですが、一般的な家族構成で、この予算設定は私たちも参考にできそうな予感!kaasankakei365さんの家計管理のコツをご紹介しますね。

画像:www.instagram.com

「1日3,000円以内」を徹底。kaasankakei365ってどんな人?

インスタグラムで日々、家計管理に関する投稿をしているkaasankakei365さん。30代半ばのご主人と 9歳の息子さん、4歳の娘さんとの4人家族です。

自営業のためボーナスや昇進がなく、年金などの面から老後も心配とのこと。そのため、将来などに備え年間100万円の貯金を目標にしています。kaasankakei365さんの家計管理はいたってシンプル。面倒な費目分けをせず、1日3,000円以内で生活をするよう心がけているのです。

インスタのプロフィール欄には、「現状把握!現実直視!お金は浪費、消費、投資のこの3つ! 浪費を減らし、うまく消費し、投資も少しずつ!」と、家計管理に関するご自身のモットーが挙げられています。

家計簿は超シンプル!1日の支出合計額を書くだけ

「づんの家計簿」など細かい項目分けをした家計簿もインスタ上では人気ですが、kaasankakei365さんの家計簿はとてもシンプル。1日あたり使った額を記録し、週ごとに実際に使った金額と残った金額を書いています。面倒な食費や雑費といった費目分けがないため、まねしやすいですね。これだったら、家計簿ではなく手帳でも代用できそう!

月々9万円以内におさめたいという理由から1日3,000円という予算を設定していますが、日々使う金額はマチマチ。週ごとに帳尻が合えばOKとしています。

欄外の「カード内訳」部分をみると、クレジットカードは主に光熱費や通信費、保険などの固定費に使っているようですね。カード払いは固定費に限定する、というのが浪費を防ぐコツなのかも!

食材は献立を決めた上でまとめ買い。無駄遣いを防ぐ

kaasankakei365さんは食材の無駄買いを防ぐため、買い出しを週2回くらいにまとめてしているそうです。肉・野菜等の生鮮食品と、グラタン・はるさめ等、保存食にもできるものまでバランスよく選んでいます。

最近は、目に見えて増してきている息子さんの食欲に頭を抱えているようですが、それもまた、節約のやりがいにつながっている様子です。

またお米はふるさと納税などを利用し、お得に手に入れているそうですよ。食欲旺盛なお子さんがいて、お米の消費スピードが早い家庭には助かりますよね。皆さんも参考にしてみてはいかがでしょうか?

平日5日分の献立を事前に決める

毎日「今日のご飯は何にしようかな」と考えるのは大変で、時間のロスになることもありますよね。kaasankakei365さんは平日5日分の献立をあらかじめ決めてから買い物をしています。

メニューをまとめて決めてしまい、材料を割り出しておけば、過不足なく食材を買い揃えられますね。「この食材で絶対に5日間を乗り切ろう」とイメージがつき、週の半ばで無駄な買い物を防ぐこともできそうです。

年間100万円貯めるために月10万円以上を確保

年間100万円の貯蓄を目指しているkaasankakei365さん。児童手当は手をつけず、月にして平均10万円を貯金しているそうです。また今後は車のローンや奨学金が完済するため、その分も貯蓄にまわし、さらに4.5万円の増額を目指しています。

自営業だからこそ老後資金も今から準備

kaasankakei365さんご夫婦は自営業。国民年金保険料をクレジットカード払いにしており、貯まったポイントは商品券に交換してやりくりにあてているといいます。

クレジットカードはともすれば無駄遣いにつながりやすいものですが、国民年金保険料のように「必ず払わなければいけないもの」に使うのなら、現金で払うよりもポイントの面でお得と見ることができますね。

また、kaasankakei365さんは老後への備えとして、インスタ上で同じ自営業のフォロワーの方々から教えてもらったという「小規模企業共済制度」に加入。小規模企業共済制度は、個人事業をやめたときなどの生活資金等を、あらかじめ積み立てておくための共済制度です。

共済で老後を迎えるまでに2,000万円を目標とし、他に保険や年金、自分たちで貯める分も合わせて「60歳までに6,000万円」を目指しています。

気になる教育費は子供別に計画!

貯蓄で大きなウエイトを占める教育資金。読者のママたちも貯金は主に教育費のため、という方は少なくないでしょう。

子供ふたりを大学まで進学させるとなると、その金額はかなりのものに。大学入学までに貯めるべき金額を設定し、残りの年数で割ればおのずと年間・月間で貯めるべき金額がわかります。その金額をもとに、息子さんの教育費は現金で、娘さんの教育費は投資信託で貯めることを決めたそうです。

少額投資にも挑戦中!

最近では投資にも興味が出て、こちらの投稿にある初心者向け投資本を購入。楽天証券に口座を開いて、3,000円という金額で少額投資を始めたといいます。

インスタ上でも日々、投資仲間とのコメントのやりとりが活発に!個人でできる投資も世の中に広まってきたとはいえ、ママたちにはまだまだハードルが高いイメージ。kaasankakei365さんも日々悪戦苦闘しているようですが、「お金を管理する事から、どうお金を大きくしていくかに目が向き始め、憂鬱だった家計管理が楽しいものに!」と、新しい視点を持って取り組んでいるようです。

出典元:

知るほどにハマる!kaasankakei365さんの家計管理

自営業のため定時がなく、ご自身も仕事をして夜遅くまでかかることもあるというkaasankakei365さん。それに加え、育ち盛りの子供たちの育児と、家事、家計管理までこなすのはさぞかし大変なことだと思います。

しかしkaasankakei365さんの投稿を見ていると、忙しさの中にも家計管理のおもしろさにハマり、やりくりを楽しむポジティブさが伺えます。同じ家計管理仲間とアイディアを交換したり、励まし合っているのにも要注目です。

日々のやりくりと貯蓄、教育費、マイホーム購入計画など家計管理の投稿がメインですが、他にも食事内容や、ご主人のことなどの見どころも満載!kaasankakei365さんのインスタで、ぜひチェックしてみてくださいね。

「家計管理」「インスタ」「家計簿」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧