子連れで楽しめる!8月に開催、都内おすすめイベント8選をピックアップ

プール、お祭り、BBQなど、子供にとって楽しいことがたくさんある夏休み。さらにお盆休みを取り、家族皆でどこかへ出かけたいと考えているママとパパもいるかと思います。8月になると子供だけでなく、家族で満喫できるイベントも盛りだくさん。今回は子供連れで参加できるものや、親子で楽しめる都内のイベントを8選ご紹介します。長期休みを利用して、ぜひ足を運んでみませんか?夏休みの宿題に役立つイベントや、小さい子供が遊べるイベントもあるので要チェックです。

PIXTA

夏は家族で楽しめるイベントが盛りだくさん

あっという間に7月が終わりもう8月ですが、まだまだ夏は続きます。すでに夏休みの思い出作りも兼ねて、家族でおでかけをしている方もいるかもしれませんが、8月も皆で楽しめるイベントが盛りだくさん。

旅行も良いですが、遠出が厳しい方や泊りがけで出かけるのが難しい方は、近場で親子一緒に満喫できるイベントへ遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

遊ぶだけでなく、保育に悩むママのイベントや昆虫について学べるものなど、さまざまな体験・勉強ができるので要チェックです。

夏休みを利用してたくさん家族とコミュニケーションを取りましょう。

親子で満足できる8月都内イベント8選

イベント 夏 PIXTA

各地でいろいろな親子イベントは行われていますが、その中でも今回は都内で楽しめる8月のイベントを紹介します。

田舎へ帰省するのも良いですが、近郊におじいちゃん、おばあちゃんが住んでいる方は、一緒におでかけするのもおすすめです。ドキドキ、わくわくする素敵な思い出ができますよ。

旅行と比べ、近場イベントなら低コストで満足できるので、お財布にも優しいです。さっそく、覗いてみましょう。

1.プレママ・プレパパも楽しめる「こそだておうえんフェスタ」

子供 PIXTA

今年初開催のこそだておうえんフェスタは、池袋サンシャインシティで行われる親子イベント。開催内容はまだ公表されていませんが、プレママ・プレパパも楽しめるイベントになっているようです。

展示構成は、ベビー&キッズゾーン、ファミリーゾーン、ママ&プレママ応援ゾーン、パパ&プレパパ応援ゾーンの4つに分かれるので、一日中楽しむことができます。

ワンワンとあそぼうショーが行われるので、子供が夢中になること間違いなし。

これから少しずつイベント内容が公表されると思うので、見逃さずに要チェックですよ。

イベント詳細

  • イベント名:こそだておうえんフェスタ
  • 日時:2017年8月11日(金・祝)/8月12日(土)午前10時~午後5時
  • 場所:池袋サンシャインシティ展示ホールC(文化会館3F)
  • 参加費:無料
  • 主催:こそだておうえんフェスタ実行委員会

イベントホームページ

2.遊ぶ、つくる、学べる「ラ・フェンテ★ママフェスタ」

妊婦 PIXTA

遊べる、つくる、学べる「ラ・フェンテ★ママフェスタ」は、家族だけでなくプレママ、プレパパも満喫できるイベントになっています。

プロのカメラマンが撮影するファミリーフォト撮影&体験、お昼寝アート撮影会、マタニティペイント&ファミリーペイント体験、手形・足形ワークショップなど、家族みんなで楽しめる催し物がいっぱい。

参加無料のものと有料のものがあるので、事前に確認しておくと良いかもしれません。遊び疲れたら休むことができるリラックススペースも完備されているので安心です。

ホームページで事前予約をすると、当日スムーズに参加できます。入場は無料です。

イベント詳細

  • イベント名:ラ・フェンテ★ママフェスタ
  • 日時:2017年8月26日(土)午前11時~午後5時(最終受付午後4時30分)
  • 場所:ラ・フェンテ代官山
  • 参加費:無料(入場) ※一部有料
  • 主催:ラ・フェンテ

イベントホームページ

3.電車好きにはたまらない「プラレールフェスティバル」

プラレール PIXTA

TAKARA TOMY(タカラトミー)が主催する東部博物館「プラレールフェスティバル」は、電車が大好きな家族にぴったりなイベントです。

展示ゾーンにはプラレールやトミカがいっぱい飾られます。アトラクションゾーンは、プラレール釣り、プラレールルーレット、乗って楽しいプラレール、プラレールで遊べるプレイランドなど。

見て、遊んで、イベント記念品やおもちゃを購入できるショッピングゾーンもあるので、お土産を買って帰ってから楽しむことも可能。たくさんのプラレールにわくわくすると思います。

イベント詳細

  • イベント名:プラレールフェスティバル
  • 日時:2017年8月19日(土)~8月27日(日)※21日(月)は休館日
  • 8月19日~26日は午前10時~午後4時、8月27日は午前10時~午後3時 ※開館時間は午前10時~午後4時(入館は午後4時まで)
  • 場所:東武博物館 デハ1形5号電車前・他 〒131-0032 東京都墨田区東向島4-28-16 東武スカイツリーライン 東向島駅 下車
  • 参加費:無料(入場) ※一部有料
  • 主催:一般財団法人 東武博物館

イベントホームページ

4.たくさんの本に囲まれて「こどもと本が出合う場所」

絵本 PIXTA

ポプラ社とブックカフェが、創業70周年を迎えた今年「子供と本との出会いをもっと応援したい」という願いのもと開催した「こどもと本が出合う場所」と題したイベントです。

7月15日(土)から神保町で開催しており、本の世界に触れられる企画展示のほか、毎週開催される著者のトークイベントなど、親子で楽しんでいただける企画がたくさんあります。

赤ちゃんと絵本を通してコミュニケーションがとれる「のびのび読み」のコーナー、しかけ展示や複製原画を通じて「絵本の世界」が楽しめるコーナー、歴史コミックや図鑑の、楽しく学べる大迫力のパネル展示などさまざまな体験ができます。

他にも8月6日(日)にはサトシンさんと羽尻利門さんのトークショー、12日(土)はナカオマサトシさん、ドーリーさんによるおたのしみトークショーもあります。関西出身のお二人による、楽しいトークショーです。

本の世界にたっぷり触れられるイベントとなっています。

イベント詳細

  • イベント名:こどもが本に出合う場所
  • 日時:2017年7月15日(日)~8月21日(木)午前11時~午後5時
  • 場所:神保町ブックハウスカフェ2F
  • 参加費:無料
  • 主催:ポプラ社

イベントホームページ

5.初めてのオペラはこどもオペラに決まり「魔法の笛」

舞台 PIXTA

家族皆で見る初めての舞台は、こどもオペラがおすすめです。こどもオペラ「魔法の笛」は手遊びあり、童謡あり、クラシックの名曲あり、元気いっぱい親子で楽しめるコンサートになっています。

なんと0歳から入場可能なので、周りを気にせず思い切り楽しむことができます。オムツ交換室、授乳室、ベビーカー置き場も用意されているので安心。

本格的なオペラに比べ、子供向けとなっていますが子供だけでなく、ママ、パパも夢中になってしまいますよ。

チケットは事前に購入するか、窓口で購入することができます。家族皆でこどもオペラを満喫しましょう。

イベント詳細

  • イベント名:こどもオペラ「魔法の笛」
  • 日時:2017年8月19日(土)午前11時開演(開場午前10時30分)
  • 場所:世田谷区民会館
  • 参加費:大人1,800円、子供800円(3歳以上中学生以下)、 親子ペア2,000円(大人1名、子供1名)※親子ペアは窓口販売のみ
  • 主催:株式会社マネジメント・オブ・アーツ世田谷区民会館指定管理者株式会社世田谷サービス公社

イベントホームページ

6.子供の好奇心をくすぐる「大昆虫展in東京スカイツリー」

虫 PIXTA

東京スカイツリーで行われる「2017大昆虫展inスカイツリー」は、親子で楽しめる企画満載で、自由に触れられるカブトムシが200匹以上集結。

世界の昆虫標本が100箱以上、身近な昆虫から世界最大の危険蜂「オオスズメバチ」の生体まで多数展示しています。他にもニュースで話題になっているヒアリの展示もはじめたそうです。

行く日により体験できるイベントが異なるため、遊びに行く日に何がやっているのかチェックしてみましょう。

夏休みの自由研究にも役立つイベントなので、ぜひ参加してみてください。

イベント詳細

  • イベント名:大昆虫展inスカイツリー
  • 日時:2017年7月15日(土)~8月23日(水)午前10時~午後6時(最終入場は終了時間15分前)※最終日は午後5時終了
  • 場所:スカイツリー東京ソラマチ5F
  • 参加費:大人(高校生以上)1000円、子供(4歳以上)700円、親子券1500円
  • 主催:大昆虫展実行委員会

イベントホームページ

7.働くママ、パパのお助けイベント「保育園のこと話そう」

保育園 PIXTA

働くママとパパにとって、保育園は大きなお助けマンです。しかし、子供のため本当に必要な保育って?保育の質ってなんだろう?保護者がどうしたら良い?など、話し合ったり、情報交換したりするイベントになります。

保育関係のプロである、保育事故の専門家弁護士、私立保育園園長、保育園に預けている保護者がパネラーとしているので、ママやパパの悩みを解決してくれます。

普段なかなか聞けないこと、家での育児についてや将来のことなど、これを機考えてみませんか?

イベント参加中は有料ですが、子供を見てもらうこともできます。定員制で先着順になります。

参加するには予約が必要なので、ホームページをチェックしてみましょう。

イベント詳細

  • イベント名:こんな保育がほしい、こんな保育がしたい ~保育園のこと話そう!~
  • 日時:2017年8月5日(土)午後2時~4時30分
  • 場所:東京ウィメンズ・プラザ 第一会議室(JR等・渋谷駅 宮益坂口から徒歩12分/東京メトロ・表参道駅 B2出口から徒歩7分)
  • 参加費:1世帯500円(会員無料)
  • イベント中の保育可。定員あり。先着順。1人目1000円、2人目以降500円
  • 主催:保育園を考える親の会

イベントホームページ

8.事前登録で入場無料、一日楽しめる「ママキッズフェスタinMAKUHARI2017」

子供 PIXTA

小さな子供がいるママとパパにおすすめしたいのが、ママキッズフェスタinMAKUHARI2017です。

幕張メッセで開催されるイベントで、事前予約をすれば参加可能な赤ちゃんハイハイレース、制限時間に脱出できるかドキドキする段ボール迷路、キャンプ用品メーカーのコールマンが提供するキャンプ講習会など、家族で楽しめるブースが盛りだくさん。

ステージでは、小学校でお馴染みのピアニカを使った演奏会があります。他には、ファイナンシャルプランナーによるトークショーも。教育資金、老後資金、お金に関して気軽に学べます。

体験コーナーでは、手作り大好きママさんたちが作るハンドメイド品の販売や、親子で楽しめるアクセサリー作りも行われます。

ここでは紹介しきれないほどイベントがあり、事前登録で入場無料になりますので、ホームページをチェックしてみましょう。

イベント詳細

  • イベント名:ママキッズフェスタinMAKUHARI2017
  • 日時:2017年8月5日(土)/8月6日(日)午前10時~午後5時
  • 場所:幕張メッセ
  • 参加費:事前登録で入場無料 ※登録無しの場合は1000円がかかります。
  • 主催:ママキッズ・住まいフェスタ in MAKUHARI 実行委員会

イベントホームページ

家族皆で都内イベントに行って思い出をつくろう

おでかけ PIXTA

夏の定番イベントから新たなものまで、家族皆が満足できること間違いなしのイベントばかりでした。

遠出の旅行ではなくても、体験型、展示物、観劇とさまざまな楽しみ方ができるイベントがたくさん。もしかしたら、子供よりもママとパパの方がはしゃいでしまうかもしれません。

一人1000円以内で遊べるイベントもあるので、リーズナブルな分いくつもイベントを楽しむことができますよ。

家族みんなで都内イベントヘ足を運び、素敵な思い出を作りませんか?

「イベント」「夏休み」「子連れ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧