「あるある!」思わず笑いながら叫んじゃうヤマダモモコさんの育児マンガでストレス解消

毎日の家事や育児に疲れ切っていませんか?自分のことなんてかまっていられない、髪を振り乱し、ただ一日一日を過ごすだけで精いっぱい…。そんなママたちもホッと一息できる、今インスタで話題の、ヤマダモモコさんの育児マンガはご存知でしょうか?たった1コマで濃い内容。きっとあなたも経験したことのあるできごとが載っています。そのときはつらかったかもしれないけど、このマンガを読むと思わず笑っちゃいますよ。

画像:www.instagram.com

あなたも共感してしまうヤマダモモコさんの世界とは?

以前もママリで紹介した、自虐ネタや共感ネタに思わずクスッとしてしまうヤマダモモコさんのインスタをご存知でしょうか?とても面白くてほっこりすると評判なんです。

昔からの幼馴染みだった旦那さんであるヒデさんと、2016年4月に誕生した息子さんのリュウくん、そして猫のチコとの3人+1匹暮らしの中で、次々に巻き起こる「あるある」なできごとがコミカルなマンガで描かれています。

仕事復帰もされ『自虐特化型アラサーワーママ』と自らを銘打つにふさわしい作品の数々。フォロワー数も100万に届くかというほど人気の育児マンガを紹介します。育児に疲れたママも笑って気分転換しちゃいましょう。

自虐的、でも心当たりが…な作品10選

ヤマダモモコさんの自虐ネタの数々。よそのおうちの話のはずなのに、なぜか心当たりがあるエピソードがいっぱい。

数々の面白い作品の中から、思わずママが共感してしまう厳選した10作品を紹介します。たった一コマのマンガの中に笑える要素がたっぷり。読んで笑ってすっきりしてくださいね。

①私のことも褒めて~!

子供を褒められたのがうれしくて一瞬聞き流してしまいますが、喜んでおくべきなのかどうかとりあえずツッコミをいれたいところです。

今は育児疲れでやつれているから。目の下にクマもできてるし…肌もボロボロだし…本来の私の姿じゃないの…。私だってその気になれば、きっとね…。

なんて、思わず言いたくなってしまいますね。

②あなたも最近失いましたか?

毎日顔を見ていたあの人が今はもういない…。そう、今年の春全国のママたちに流行した病、「だいすけロス」。

子供たちに大人気の番組『おかあさんといっしょ』。だいすけお兄さんの卒業に涙したママも多いのではないでしょうか?

最近はドラマやバラエティにも登場するようになったことと、新しいゆういちろうお兄さんの活躍で寂しさも少し和らぎましたね。

③おいしいものを食べたのはいつだったか…

柔らかくおいしい部分はすべて子供の物。「もし残したら少しは食べられるかも」なんて思っていても、おいしいものは子供だってちゃんとわかっています。ママの願いに反して残らないんですよね。

焼き肉や寿司とまではいわない、せめてたまにはパンの白いところも食べたいぞ~!ママにもおいしいものを食べさせろ~!

④現実逃避してもいいですか?

産後育児の過酷さと授乳のためにやせたはずだったのに、なぜか元に戻っている体形。「あれ?まだおなかに赤ちゃんいたっけ?」と思いきや、妊娠中とは違いたるんでいるおなかの肉が現実に引き戻します。

自分の脳内体形と鏡にうつる姿のギャップに身もだえする毎日。かといってダイエットは「明日から」が続くんですよね。

⑤今年の夏、あなたの車内はどうでしたか?

乳幼児を連れての長距離移動は過酷です。とりあえず荷物は多いし、子供のぐずり対策のおもちゃは投げられ散らばり放題。

「カオス」な車内は今年の夏も各地で見られる光景だとおもわれます。くれぐれも、投げられたとき運転手のパパに影響のないおもちゃをお選びください。

⑥あなたの隣にもほら、「オムツマン」

ママのピンチにやってくる「オムツマン」。頼もしいんだか、なんなんだか…あなたのお宅にも登場しましたか?

我が家にもたびたび登場したオムツマンも今はどこにいってしまったのでしょう。オムツ卒業までしか登場しないレアキャラです。この時期を大切に温かい目で見守りましょう。

⑦そこは痩せたでもいいだろう?

育児に疲れたママを癒やす魔法の言葉、「痩せた?」。たとえやつれているだけだとしても栄養ドリンク100本分の効果があるんです。

目の下のクマ、いつもより深いほうれい線。自分でも自覚しています。それでも「痩せた?」と言いかけたのなら言い切ってしまっていいんですよ。

⑧世の中理不尽です

授乳の期間はおなかが減りやすくてたくさん食べましたよね。それでも授乳によって体重は増えず幸せな期間でした。

しかし、授乳が無くなってもなぜか減らない食欲。たるんだままのおなかのお肉にこれでもかというほど脂肪が詰まっていきます。

まさかこんなことになるとは、育児書には載っていなかったぞ?

⑨電池のもちは一番悪いです

子供のおもちゃって気がつくとONになりっぱなしで電池のヘリって早いですよね。あっちには鳴らない楽器、こっちには動かない電車。あちこちに転がる電池切れのおもちゃの数々。

なぜにそれらのおもちゃの電池が交換されないのか?それはママの電池も切れているからなんです。「誰か私の電池も替えて~!」多くのママたちの心の声ですね。

⑩ちょっと微妙…

有名人に似ているって言われるとちょっとうれしいですよね。旬な人ともなるとひときわです。でも、ブルボン…確かに有名人で旬だけど、失礼ながら微妙です。

ここはもう開き直って「キャリアウーマンです」って胸を張っていうしかないです。けっこう良い女になるかも?

ニコニコママには気分転換も大切

笑顔 PIXTA

ゆっくりマンガを読む暇すらないママたち。でも眉間にシワをよせて子供のお世話ばかりでは寂しいですよね。そんな中、さっと読めて爆笑できちゃう作品は貴重です。

思い通りにならない育児や、日々の生活の中で自虐的なヤマダモモコさんのマンガのように違った面でとらえると笑えちゃう。つらい、悲しいって思ってたことでも実は見方をかえると楽しい、笑えることなのかもしれませんね。

疲れたら今日もほんのひとときヤマダモモコさんの作品を見て爆笑。すっきり気分転換してニコニコママの復活。子供と素敵な一日を過ごしましょう。

「おすすめ」「インスタ」「育児絵日記」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!