保健師に聞く「私の仕事」、ママの思いに寄り添うサポーター

保健師とは、地域や企業にいて、そこにいる人々の健康をサポートするための仕事をする人たちです。母子にとっては新生児訪問、乳児健診で会うことが多いでしょう。中野区で働く保健師の土屋優恵さんは、4年間母子の健康を見守る部署で仕事をしてきました。ママたちを見守る中で土屋さんが大切にしていることは「ママの思いを尊重する」「ママも赤ちゃんも一番」ということ。保健師としての土屋さんの考えや、ママたちへの思いを聞きました。

プレミアム記事

プレミアム記事を読むには?
こちらの記事は、アプリをダウンロードしてママリプレミアム(月400円[税込])に登録するとお読みいただけます。
アプリをダウンロードする

「保健師」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧