子育て中の就職、転職の条件は?ママたちが考える「理想の職場」とは

子育て中の就職転職は心配ごとが多いですね。子供の体調不良による早退や欠勤、また保育園の保育時間による働く時間の制約など、ママ自身の気持ちだけでは同僚と同じだけ働くことはできないため、負い目を感じたり、働きにくさを感じたりする事例があるようです。新たな就職先や転職先を探すときには、自分がどのように働きたいのか理想をはっきりさせ、それを実現するために必要な制度が整っていて、さらに実際に活用されている職場を探すようにしましょう。

PIXTA

子育て中の就職、転職は悩みが多い

職場の環境が悪く、転職しようか悩んでいます。
子供が1歳と0歳なので、病気で休むことが多々あるのですが、それでも転職できるような仕事はあるのでしょうか??
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
小さい子供がいるけど、転職活動の末、広告営業でとある会社に受かりました。
その会社は、ママにも理解がありと書かれており、急な早退や半休にも理解をしめすと書かれておりました。
しかし、入社してから直属の先輩に「アポが入って熱とかで呼び出しがあったらどうするの?」とか、「営業にママは今までいないからわからない」とか「残業多い会社なんですけど」とかちくちくと言われてます。ちゃんと、受かったのにママ歓迎会社に入ったのに、なんで嫌な思いをしなきゃいけないんだろう。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

子育て中に仕事を変えたいと考えるママはいるかと思います。また、一度出産で退職したものの、働き始めたいと考えるママもいるでしょう。

しかし、子育て中の就職や転職は、働ける時間の制約や、子供の熱による欠勤など、やむを得ない事情がある中でどのように進めていけば良いか、悩みが深いものです。

また、転職後に「このようなはずでは…」と後悔してしまったという事例もあるようです。

子育て中のママが望む職場とは?

仕事 電話 PIXTA

ママたちが働きやすい職場とは、どのような職場なのでしょうか。先輩ママたちが望む職場についてまとめました。就職、転職時の参考にしてくださいね。

産休育休が取得できる

私の職場はオーナーが子育てしてるので、産休育休取得も全く嫌な顔されませんでした。保育園の慣らしも当然あるから気にしないでって言ってくれました。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

産前産後休暇、育児休業制度はママにとってうれしいものです。すでに子供がいる場合でも、もう一人生みたいと考えたとき、産前産後休暇や育児休業が取得できなければ仕事を続けることはできません。

また、制度はあっても「使う人がいない」「妊娠したら退職している人が多い」という職場では、制度を活用しにくいかもしれません。転職や就職を考えていて、また子供を生む可能性があれば、産前産後休暇と育児休業の制度があり、既に使っている人がいるかどうか確認してみると良いでしょう。

子供の急な発熱で早退しやすい

冷えピタ PIXTA

子育て中でも雇ってもらえて、子どもの急な熱とかでも早退しやすい環境が理想的です
結構、働いてる人がママさんばっかりだと、お互い様って感じになって働きやすいよって聞きます
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

子供は頻繁に、急に発熱するものです。仕事の区切りや繁忙期に関係なく、仕事を早退したり、休んだりしなくてはいけないかもしれません。そのような時にも周囲が温かい目で見てくれて「お大事に」と言ってくれたらどれほど救われるでしょう。

休みやすさは入社前にはわかりにくいですが「子供の発熱で早退や休暇をいただくことがあるかもしれません」と、事前に伝えておくようにしましょう。また、職場内にそのような形で早退や欠勤をする人がいるかどうか、確認してみると安心できそうです。

周りに気を使わなくてよい仕事配分

同僚 女性 PIXTA

子どもがいない方にしわ寄せ?がいかないような仕事配分、残業が当たり前の雰囲気にならないようにする、等ですかね。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

早退や欠勤があったり、残業ができなかったりすると、他の人にしわ寄せがいくような仕事では、肩身が狭くなってしまいますね。

「私がもっとやらなくては」「子供が少し体調が悪いけれど、会社にいかなくては…」と、だんだん無理をするようになってしまいます。

仕事配分に多少余裕があり、周囲にも自分にも無理を強いない仕事量を望んでいるママはいるようです。「子供が小さいうちは子供を優先」と、ある程度仕事を調節できる職場だと良いですね。

託児所がある

託児所 PIXTA

託児所は絶対だと思います。業種によっては24時間保育が望ましいと思います。
欲を言えば病児保育があるといいと思います。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

保育園に入れないと言われるこの時代。企業内に託児所を求めるママの声があります。お迎えの時間に縛られずに仕事をこなすことができ、仕事が終わればすぐに迎えに行ける企業内の託児所には魅力がありますね。

また、風邪の治りかけの時や、出席停止の病気になった時にも通える場合がある「病児保育」を望む声も。働きたいのに子供を預ける先がないと考えているママにとって、託児所や病児保育はぜひ整えてほしい企業の制度です。

子供の行事で休暇が取れる

運動会 PIXTA

理想で言うならば、誕生日休暇だけでなく子どもの誕生日休暇などもとれたり、運動会や受験等の子持ちの休みが被りそうな時でも取りたい人みんなが休めるような、子どもの行事に合わせた勤務なら嬉しいです。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

子供の誕生日や運動会の予備日など、平日でもお休みしたいという場面はありますね。そのような時も気兼ねなく「お休みします」と言える職場なら、より子育てとの両立がしやすくなるでしょう。

いつも保育園で頑張っているから、お誕生日くらいはお休みさせてあげたい、と思った時「おめでとう、お休みしていいよ」と言ってくれる職場はママたちの理想です。

ママでもバリバリ働ける

仕事 電話 PIXTA

妊婦、ママでもバリバリ働ける、責任ある仕事ができる職場がいいです。
とはいえ、時間の融通はきかせてもらえないと厳しいのが現実なので、、、

フレックス制または時間休あり
在宅勤務でもスカイプ会議などである程度の仕事を回せるしくみ
働く人の理解ある雰囲気

が揃っているといいですね。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

ママだからといって仕事の幅を狭めたくない、時間に制限はあるけれど、その時間内でバリバリ働きたいというママには、働き方が豊富な会社が理想のようです。

フレックス勤務や1時間単位での休暇が使えることで、限られた時間の中で最大限、育児と仕事の時間を効率的に割り振ることができるでしょう。とはいえ、こちらの制度も、制度があるだけではなく、同僚の理解が不可欠でしょう。

就職や転職を考える時には、制度と合わせて職場内でその制度を使っている人はいるか、理解されるかという点を考慮してみましょう。

まずは自分の理想を考え「どう働きたいのか」整理しよう

考える メモ amana images

働き方の理想はライフステージによって変わります。三菱UFJリサーチ&コンサルティングが2014年11月21日~11月25日に実施した「出産・育児等を機に離職した女性の再就職等に係る調査研究事業」の労働者アンケートの結果をご紹介します。

出産・育児等を機に離職し、その後再就職した女性2,061人に「出産前後でのキャリア意識の変化」を聞くと、2,061人中479人は「仕事以外の生活を充実させたい」という意識に変化したといいます。

意識が変化したと答えた人に利用したい育児と仕事の両立支援制度につい聞くと以下のような結果となりました。

  • 短時間勤務制度:28.4%
  • 子の看護休暇制度:30.3%
  • 始業または終業時間の繰上げ・繰下げ:22.8%
  • 休日勤務の免除:16.1%

出産前と後では生活が一変し、以前と同じような働き方ができないと感じている方はいると思います。そのような時は、上記のような制度の有無を確認したり、身近な働くママに相談したりして、自分の理想の働き方について一度考える時間を取ると良いでしょう。

できる限り理想に近い職場に就職、転職するには、まずは自分の理想を知ることが大切です。

出典元:

情報収集とオープンな相談で、後悔のない就職、転職を

面接 PIXTA

ママが就職、転職をするときには、自分のことだけではなく家族に負担がかからないか心配になったり、家事、育児と仕事の両立について不安になったりするでしょう。「家族を大切にしながら働きたい」という前向きな気持ちと、「できるだろうか」という心配な気持ちが同時に出てくるかもしれません。

そのような時は、まず自分が「どのように働きたいか」を整理し、身近な人やハローワークなどの窓口で相談してみましょう。

また、企業に出向くときには、自分が希望する条件をはっきりと伝えましょう。ママの子育ての状況を受け入れ、内定をくれる会社に就職することが、後悔のない働き方の一歩になると思いますよ。

「子育て」「転職」「就職」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧