今年の秋に着たい、おなかが大きくてもきれいに着こなせるワンピース特集

妊娠後、おなかが大きくなってきても、やっぱり素敵なファッションをしたいもの。しかし、大きなおなかを自然にカバーしてくれる快適なマタニティウェアを見つけるのはなかなか難しいですよね。今回はZOZOTOWNで販売されているワンピースの中から、マタニティウェアとしても授乳服としても使える冬向けの便利でかわいいアイテムをご紹介します。お気に入りを見つけて、快適なマタニティライフを楽しんでくださいね。

PIXTA

秋のトレンド満載。大きなおなかでもきれいに着こなせるワンピース特集

妊娠後、おなかが大きくなってくると、今までの服が入らなくなったり足がむくんで靴まで買い替えたり、いろいろ大変ですよね。

でも、おしゃれだけは我慢したくない!そんなママのために、妊娠中にもおなかを締めつけず、しかもおしゃれに着こなせるワンピースをZOZOTOWNかセレクトしました。

秋のおしゃれを楽しみたい時期、すてきなワンピースを早めにゲットして楽しいマタニティライフを過ごしてくださいね。

妊婦さんにおすすめのワンピース&サロペット8選

妊娠中のファッションは、着丈や素材など、いろいろ気を付けないといけないポイントがあります。好きな物だけを着ることができないのって、ストレスに感じますよね。

そんなファッション大好きなママのために、妊娠中から授乳中も、その後まで長く着られそうなワンピースを選んでみました。お気に入りが見つかると、気分も上がって心も元気になります。

ママファッションを選ぶ参考にしていただけるとうれしいです。

1.まず選ぶなら、黒のきれい目の一枚を

リブインナー×サロペSET

深めのVネックで、おなかが目立ってくる時期にもきちんとした印象に着こなせる一枚です。授乳期にも簡単に肩紐を外して授乳ができそうです。

マタニティ用として売られているものではないので、産後の春秋ファッションでも使う事ができる万能な一枚になりそうです。

2.定番のボーダーは、ディテールにこだわって

バックリボンボーダー授乳チュニック

定番のボーダーは爽やかに着こなしたいもの。オールシーズン使える着心地の良い生地で、後ろについたサテンのリボンがかわいいアクセントに。

鎖骨がのぞくように計算された広めのラウンドネックや、襟元・袖のパイピング仕上げ、ふんわりしたパフスリーブなど、普通になりすぎないよう細かいところまで工夫されています。

フロントのタック下に隠れたファスナーを開くと授乳服に。ゆったりとしたシルエットなので妊娠中から産後の授乳服としても、長く着られます。

柔らかで動きやすく、しわになりにくいので一枚でも安心。小物使いにこだわって、自分らしく着こなしましょう。

3.秋色のカーキを便利な2WAYで

ミラノリブキャミソールワンピース

厚手のミラノリブを使い、温かさにこだわった一枚。

サラッと着るだけでトレンドのシルエットを叶えてくれる楽ちんアイテムは、ママの味方。長すぎない着丈は、スニーカーやブーツとの相性も抜群です。

ストラップは三段階に調整可能。おなかの大きさに合わせて、バランスよく着こなせます。トレンドのネイビーや秋冬に活躍するカーキなど、取り入れやすいカラー展開も魅力。

4.デニム素材を、トレンドのハイウエストで取り入れて

サスペンダー付き 2WAYロングデニムスカート

サスペンダーを付けてジャンパースカートとしてはけるほか、外すとすっきりとしたシルエットのロングスカートとしてもはける、着回し力抜群のデニムスカート。

ストンとしたシンプルストレートなシルエットに、ハイウエストのフリル使いでトレンド感をプラス。定番デニム素材で、シーズンを問わず着られます。柔らかなストレッチデニムは、動きやすく楽なはき心地。

ウエストのゴムは調整可能なので、おなかが大きくなっても快適に。産後まで長く着られます。

妊娠中も、トレンドのアイテムを取り入れておしゃれを楽しみましょう。

5.カジュアル派には、パーカーワンピースを

裏起毛 マキシワンピース

リラックス感のある柔らかなスウェット素材のワンピースは、一枚あると便利。裏起毛で暖かく、マタニティウェアに向いています。

ニットキャップやブーツなどの小物で季節感を取り入れて、個性的に着こなしましょう。プチプラなので、普段着としても活躍してくれそう。持っていて損はない一枚です。

6.大きなおなかをフェミニンに包んで

ワイドショルダーマキシ丈授乳ワンピース

フレアスリーブとハイウエストの切り替えで、細見え効果抜群のロング丈ワンピース。とろみ感がきれいな生地で、上品な雰囲気です。

優しいカラーがふんわりと大きなおなかを包み込んでくれます。長すぎない着丈なので、マタニティウェアとしても、産後の動きやすさ重視のファッションとしても安心して楽しめそう。

足元にスニーカーを合わせて普段使いをしたり、きれい目ぺたんこシューズでお呼ばれの席に着たりと、幅広く着こなせます。カシュクールをずらして授乳できるので、長く着られるのもうれしいポイントです。

7.きれい色のワンピースを主役に

フロントタックミニマキシ

秋冬に着たい、きれい色のワンピース。

足元が見える安心のマキシ丈とゆったりとしたシルエットで、大きなおなかをきれいにカバーしてくれます。

きちんと感のある生地は、オフィスや結婚式等、あらゆる場面に対応。サッシュベルトやアクセサリーとの組み合わせで、華やかにも演出でき幅広く着こなせます。

フロントタックに隠れたファスナーのおかげで授乳服にも。産後まで長く着られるうれしいアイテムです。裏地付きのストレッチ素材で、着心地が良いのもうれしいポイントです。

8.意外と使えるノースリーブワンピース

リネンノースリーブ ロングワンピース

夏の終わりまではそのまま一枚で着たり、秋にはカーディガンやジャケットを羽織って着たりもできるので、長く楽しめる一枚です。

前を開けてジレ風に着こなすのもトレンド。縦長のラインがスタイルをすっきりと見せてくれます。アレンジの仕方次第で何通りにも着こなせますよ。

リネンやコットンなど肌に優しい素材という点もママにはうれしいですね。

ウエストのリボンを調整してマタニティウェアにできますし、産後は前のボタンを開けると授乳もできるので、たくさん楽しめそうです。

マタニティから授乳期まで、いつでもおしゃれを楽しみたい!

マタニティウエア PIXTA

ママになると、妊娠中の快適さや産後の動きやすさを優先して、「自分の好きな服」「着ていて幸せな気持ちになる服」は後回しになりがち。

でも、最近はおうちにいながらパソコンやスマホで気軽に素敵な服を探せるようになってきました。マタニティウェアとして販売されていないものの中にも、おなか周りがゆったりしていたり、前が開くので授乳に便利だったり、ポイントを押さえて探すとママにとってうれしい服を見つけることができます。

おなかが大きくなる妊娠後期からは、ゆったりして着心地の良いワンピースが特に便利なアイテムです。かわいいワンピースがたくさんあるので、ママになってもおしゃれを我慢せず、毎日を素敵に過ごしたいですね。

「マタニティ」「コーデ」「秋」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!