監修:清水なほみ 先生

できれば自然分娩したい!赤ちゃんが逆子のときにママができること

おなかの中で日々成長している赤ちゃん。突然、逆子だということが判明して、大きな不安を抱える妊婦さんも少なくありません。逆子といえば帝王切開というイメージがありますが、できれば自然分娩で産んであげたいと思う方もいるでしょう。ですが、逆子のときの自然分娩による出産は、通常の30倍ほどのリスクをはらんでいると言われています。そのため、自然分娩で出産をしたい場合、逆子をなおすというのが最善の方法だと言えるでしょう。赤ちゃんが逆子だと判明したとき実践できる対処法を、妊娠時期別にわけてご紹介します。

プレミアム記事

プレミアム記事を読むには?
こちらの記事は、アプリをダウンロードしてママリプレミアム(月400円[税込])に登録するとお読みいただけます。
アプリをダウンロードする

「逆子」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧