夜泣きに悩むママ注目!先輩ママが教えてくれた意外な泣き止ませグッズ

赤ちゃんはぐっすり眠ってくれるときもあるけれど、なかなか寝付かずに泣いてしまうことが多いもの。普段の家事育児や仕事で疲れているママやパパにとってはどうしても負担になってしまいますし、近所迷惑になっていないかも…と気になっていませんか?そんなママやパパのために、先輩ママがこれで少し泣き止んでくれた!という夜泣きに効いたアイテムを紹介します。

PIXTA

夜泣きがつらい…皆はどうしてるの?

毎日育児に奮闘しているママやパパが抱える悩みの一つ、夜泣き。まさに今悩んでいる方や手を焼いた経験がある方もいるのではないでしょうか。

妊娠、子育て、妊活中の女性向けアプリ「ママリ」でも、日々このような悩みが投稿されています。

黄昏泣きからの寝ぐずりがひどくて辛いです…😭
黄昏泣きで1時間くらい泣いて授乳したあと、寝ぐずりで1時間以上泣きます😭
みなさんどうやって乗り切りましたか😭?
これがずっと続くのでしょうか😭
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

合計約2時間も泣く赤ちゃんに奮闘するママの質問です。泣くのは赤ちゃんの仕事と言われますが、これが毎日続くと思うと途方に暮れ、ママもつらくなってしまいますよね。

そんな悩みを抱えるママへ、意外にもこんなアイテムが役に立ったよという泣き止ませグッズが紹介されていました。

意外と活用できる泣き止ませグッズ5選

泣き止む PIXTA

多くの先輩ママが教えてくれた、泣き止ませに便利だったアイテムを五つ紹介します。

意外なアイテムから定番の育児グッズである絵本まで、さまざまなアイテムがおすすめされていました。早速みていきましょう。

1.バランスボール

友達のおすすめでバランスボール買ったんですけど、大正解でしたよ〜😆
機嫌が悪い時とか寝る前にバランスボールに助けられてます💕これがなかったらずっと立ってゆらゆら抱っこと思うと…😭💦
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
バランスボール

4種類のサイズがあるバランスボールです。どの年齢層にも対応することが可能。カラーはブルー、ピンク、グレー、パープルの4種類。

誰でも楽しく、使う人を選ばないバランスボール。環境保護のため、無毒、無害、無味の素材を使っているので安心です。

出産する前、ダイエットやエクササイズのために使ったことがあるという方もいるかもしれませんね。

バランスボールの揺れで意外にも赤ちゃんが泣き止んだという先輩ママの声が。適度な揺れが赤ちゃんにとっても心地良いのかもしれません。ぜひ、持っているというママは試してみてくださいね。

2.クマイリー

うちの子の場合は効果ありましたよ!すぐ泣き止みました!

ただ、大泣きして騒いでるときはさすがに効果なかったです...(・・;)
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
赤ちゃんぐずり泣き対策 クマイリー

赤ちゃんの泣き止み神経回路を研究し、完成したぐずり対策用のくまの人形です。ママやパパの声を録音することも可能です。

厳正な品質管理、防腐剤などは一切使用してないので、安心して使用することができます。

うちの子はもうすぐ10ヶ月なのですが、虐待されてるかのように叫び泣きをします。
授乳しても、遊んでも、軽く冷房入れても、お茶を飲ませても、抱っこしても、服を着替えさせても、オムツを変えても、ベビーマッサージをしても、散歩をしても、部屋を移動しても、本当に何をしても泣き叫んでいて、正直参っていました。そんなわたしを見て母がクマイリーをプレゼントしてくれたんです。部屋・車・散歩・etc...いつも一緒に寝かせていたら、あんなに叫び泣きをしていたのに今ではぐっすり寝てくれています。そのおかげでわたしも自分の時間が作れるようになり毎日の子育ても楽しんでいます!母には本当に感謝しています。 ※1

泣き止ませ対策のかわいらしいくまの人形。先輩ママから「うちは泣き止んだ!」という声が、レビューなどにも投稿されていました。

防腐剤などは一切使っておらず、赤ちゃんでも安心して使えるのがうれしいですよね。また、インテリアとして飾っておけるデザインなのも魅力的。

売り切れていることがありますので、その場合は公式ショップでお買い求めください。

クマイリー 公式ショップ

3.ふかふかカフカ

キャンディ PIXTA

ふかふかカフカって曲と
子供が泣けば負けじと泣き真似!笑
キョトンとして泣き止みます(=´∀`)人(´∀`=)笑
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
うちも、ふかふかカフカの歌とライザップのCM音は大泣きしててもピタッと泣きやみます!
あとは、生後3ヶ月くらいまでは水道の流れる音を聞かせてたら泣き止んで、そのまま寝ていました(^^)
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

LOTTEのキャンディ「カフカ」のプロモーションとして公開された、「ふかふかかふかのうた」をご存知ですか。

「ふかふかかふかのうた」は先輩ママたちの言うとおり、子供が泣き止むと話題になった歌。日本音響研究所監修でつくられた、科学的根拠に基づいた赤ちゃんの泣き止む歌なんだとか。

ぜひ、まだ試したことがないというママは「ふかふかかふかのうた」と検索して探してみてくださいね。

出典元:
先輩ママのお墨付き!なかなか泣きやまない子供におすすめの曲8選

関連記事:

先輩ママのお墨付き!なかなか泣きやまない子供におすすめの曲8選

よく泣いてしまう子供たちに対し、ママたちはどんなことをしてあげています…

4.泣き止みメロディーえほん

友人からもらったメロディーが鳴る絵本が効果的でした。
トントントントンこぶ爺さん🎵などの音楽を聴くと不思議と泣き止みました(^^;;
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
赤ちゃん泣きやみメロディーえほん

赤ちゃんが泣き止む音をたくさん収録した、音の出る仕掛け絵本です。

メロディは胎内音、タケモトピアノのCMソング、シャッター音など赤ちゃんがリラックスできたり、楽しむことができたりするものばかり。

さらにボタンを押すと光り、振ると鈴の音がするのでおもちゃとしても遊ぶことができます。

母親のお腹の中にいたときに赤ちゃんが聞いていたとされる「胎内音」は、3ヶ月の娘に聞かせるとだんだん落ち着いてきて泣き止みます。再生の長さもかなり長くて、大泣き→メソメソ→涙を浮かべて目を閉じる→寝る の経過をたどるのに十分な長さです。

タケモトピアノの曲は、流れてくるメロディそのものというより、親が一緒に歌うとその姿がとても楽しようで笑ってくれます。
※2

最近は数多くの音のなる絵本が販売されています。その中には知育絵本だけでなく、このような赤ちゃんが泣き止むことにスポットを置いた絵本も発売されているんです。

本屋さんによっては体験できるものもあるので、ぜひ赤ちゃんに合った音のなる絵本を探してみてはいかがですか。

5.おしゃぶり

寝入りの時、よく使ってましたよ!
日中もグズった時使用していました。比較的頻度は多い方だったと思います。

今歯並び普通です(^。^)出っ歯でもないですし。寝入りくらいでしたら、問題ないと私は思います。もし、乳歯が歯並び悪くても永久歯に影響はないと歯医者さんが言っていました。

今はまず使うことはなくなりました。たまーに、本当に眠れず泣き叫ぶときは、かわいそうなので使いますが、ごく稀です。

卒業も子供がしちゃったり、後は親がしっかり卒業を決めれば、依存もしないと思いますよ!
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
テテオ

日本人の赤ちゃんの口内を研究して作られた、コンビのテテオ。

おっぱいを欲しがる赤ちゃんの気持ちを考えられており、乳首の中まできちんと洗えるので衛生的です。

日本の医師が推奨しているので安心して使っています。
以前1sizeを利用していましたが、子供が生後4ヶ月になり、サイズアップのために購入しました。
グリーンの色はリラックスできますし、中央のカラフルな色はポップでかわいいです。
赤ちゃんは口が寂しくて泣いちゃうときもあるみたいです。そのためか、これを渡すと、すんなり18時~19時には眠ることができます。
お昼寝も夜の睡眠もしっかり眠ることができると、赤ちゃんはとても機嫌が良くて、意欲的にお話してくれます。
眠るときにしっかり赤ちゃんが寝てくれると、親も休息を取れたり、作業をすることができるなど、気分転換もできます。
そのおかげで落ち着いて赤ちゃんと接することができます。 ※3

定番の育児グッズとして昔から発売されているおしゃぶりですが、使用すると依存してしまうのではないか、歯並びに影響はないかと悩むママもいるかもしれません。

そんなときは先輩ママの言う通り、ママ自身できちんといつまで使うかを決め、どうしても頼らなければいけないときだけ使うとよいのではないでしょうか。

泣き止ませグッズでママも笑顔になって

笑う 赤ちゃん ママ PIXTA

バランスボールを始めとした、意外なアイテムの数々がおすすめされていました。

ぜひ先輩ママの知恵を借りて、赤ちゃんの夜泣きやギャン泣き対策に効果的なアイテムを手に取ってみてくださいね。

赤ちゃんの泣き声はママやパパにとってつらく感じるときもあるもの。しかし、どんな手を使っても泣き止まない、赤ちゃんが「泣きたい日」もあるようです。

そんな日は、今日は付き合ってあげようかな…とママ自身も追い詰めないよう何か気をそらすテレビなども見ながら過ごしてみてくださいね。

「夜泣き」「寝かしつけ」「アイテム」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!