食費の節約術大公開!今日からできるコツまとめ!

ちまたでは増税するだのしないだの、値上げだのなんだの景気も回復しないのにと国民の生活は苦しさを増すばかり…。でも子ども達や旦那さんにはおいしいご飯を食べさせてあげたいですよね。ママたちのがんばりと愛でおいしく楽しく食費を節約していきましょう!

食費節約術

一言に食費を節約!と言ってもまずなにから始めればいいのかわかりませんよね。

食費を節約するためにはどうすればいいのかをよく理解してできることから始めて行きましょう。

1:食材は捨てない!冷凍テクニック

特売でどんなに安く野菜を購入しても腐って捨ててしまうようでは本末転倒です。

食材はめんどくさがらずに買ってすぐに冷凍しておきましょう。下処理をきちんとして冷凍しておけば調理する時に手間もはぶけます。冷凍できる食材は意外に多いんです!

ママの声

夏の大雨、灼熱太陽で野菜の値段にびっくりですよね。安い野菜にであったらフリージングしましょう。 出典: ameblo.jp
5分で作る時短料理は冷凍保存にポイントあり! 出典: yoneshio.blog16.fc2.com

冷凍する際に惜しんではいけないのは時間と手間です。購入したその日のうちにきちんとした冷凍を行えば無駄なく食材を利用できますし、その後の食事の準備が楽になります。

野菜やお肉を冷凍するポイントやコツがわかるお役立ちサイトを参考にしてくださいね。

ニチレイフーズ 冷凍保存のキホン

2:コスパ食材を使いこなす

コストパフォーマンスのよい食材を理解し、有効に利用することで食費は格段に減らすことができます。コスパのよい食材を知りましょう。 

コスパが特によいとされている食材は以下のものです。

  • 鶏胸肉
  • 挽肉
  • 豆腐
  • もやし

ママの声

「食費の節約のために活用したい食材」を聞いたところ、1位は「モヤシ」 出典: kumiko-jp.com
目標が「節約」のあなた!経済的な豆腐を徹底的に活用すべし! 出典: cookpad.com

コスパのよい食材でもお店や産地が違えば価格も変わります。

季節によって価格が変動する物は少ないですが、お店の特売の時期や底値をきちんと知っておくと購入する際に損をしません。

3:献立は1週間分組み立てる

1週間の予定と献立をしっかりと組み立てましょう。

1週間の献立を組んでそれに必要な食材を上手に買えば食材を無駄にすることなく使うことができ、節約だけでなく時短にもつながります。

ママの声

予算を決めると、あれもこれも買うということができなくなるので買いすぎて使い切れずに腐らせることがなくなります。 出典: uchisetsu.com
1週間の食材を全部余ることなく使い切るので無駄が一切ありません。 出典: xn--qckyd1cy29m9ymvg1c23b.jp

節約献立レシピ集を参考に1週間の献立を組み立ててみてください。

節約レシピ

4:買物に行く回数を減らす

買物は1週間に1~2回が理想的です。買物に行くと無駄なものを買ってしまいがちです。

必要なものを必要なだけ購入することをきちんと決めておきましょう。

ママの声

買い物回数を減らしたら財布にも時間にもゆとりが出来ました 出典: www.akya7.com
妻はかなりの浪費家にもかかわらず食費の管理はバッチリで、この10年一度も予算オーバーをしたことがありません。 出典: kakeibot.doorblog.jp

スーパーに行くとついおいしそうなものが目に入ってしまい、誘惑に負けてしまうことも…。なるべく誘惑に負けないようにスーパーに行く回数を減らすことが重要です。

5:目標を立てて家族で協力

どんなこともつらいと思うと続きません。1ヶ月でどの程度食費を減らすか考えて家族にも協力してもらいましょう。

家族の協力があれば1人でがんばりすぎずに続けることができます。

ママの声

うちは生活費では足りない欲しいもの、やりたいこと、必要なお金は事前に紙に書いて優先順位を考えて用途別に積立てています 出典: ameblo.jp
“人生の大半はどうにかなるけれどお金だけはどうにもならない”貯めるのはとてもとても長い時間がかかるけど使ってしまうのは一瞬。
出典: 39.benesse.ne.jp

家族のための節約ですから家族の協力は不可欠です。

ですが家族のためだと言って同じメニューを何日も続けてしまわないようにしましょう

楽しく節約しましょう!

育児に家事、時に仕事とママってほんと大変です。さらに節約までなんてしんどい!と思わずにゲーム感覚で楽しみましょう。

今月は○万円浮いた!と家族と一緒に喜べるといいですね。そして時には家族に内緒で美味しいスイーツなど、自分にご褒美を。

我慢のしすぎや自分を追い込みすぎないように気をつけましょう。

「食費」「節約術」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!