『いないいないばあっ!』第3弾とDVDが発売決定!人気曲や新曲も盛りだくさん

NHKのEテレで月〜金曜日に放送されている子供向け人気番組『いないいないばあっ!』から、待望のDVD第3弾が発売されることになりました。ワンワンやゆきちゃん、うーたんの歌やダンスがたっぷりと入ったDVDは子供だけでなくママやパパも夢中になってしまいます。楽しい音楽を聞きながらトイレや歯ブラシの練習もできるので、子育て中のママには必須アイテムです。新たに発売されるDVDについてご紹介します。

PIXTA

人気番組「いないいないばあっ!」のDVD第3弾が発売決定

ママやパパになると一度は見たことがある『いないいないばあっ!』。犬のワンワンや愛らしい衣装を着た女の子ゆきちゃん、小さな音楽の妖精うーたんが繰り広げる音楽の世界は子供たちを魅了します。

そんな人気番組『いないいないばあっ!』から第3弾となるDVDの発売が決定しました。放送時間だけでなく好きな時間にワンワンたちと会えるのは子供だけでなくママもうれしいですよね。

もちろんワンワンたちだけでなく、ジャンジャンやジャンコも登場します。いないいないばあっ!ファンにはたまらない1本になっていますよ。人気曲はもちろん、2017年の新曲もたくさん収録されているので見逃せません。

筆者の長女は6歳になりますが、今もいないいないばあっ!を見ては一緒になって踊ったり、歌ったりしています。何歳になっても子供を夢中にさせるいないいないばあっ!は、ママの強い味方なのです。

ロケ収録の人気コーナー『おそとであそぼ!』

いないいないばあっ! 画像:prtimes.jp

普段のスタジオ収録ではなく、ゆきちゃんやうーたんが外に出て遊ぶ「おそとであそぼ!」は子供たちに大人気。家の中ではなく外ならではの遊び方を教えてくれるので、普段の外遊びに飽きてしまったというときにとても役立ちます。

段ボールで作られた器の中で、木の葉や木の実を混ぜて料理をしているゆきちゃんの姿は、子供と一緒におままごとをするときぴったり。ゆきちゃんとうーたんのやりとりもかわいいので注目です。

DVDでしか見ることができない特典映像&未公開シーン

いないいないばあっ! 画像:prtimes.jp

DVDには特典映像やテレビでは放送されなかった未公開シーンが収録されているので、いないいないばあっ!ファンは見逃せません。ワンワンたちの友だち、ジャンジャン&ジャンコと一緒に玉入れをしている映像やワンワンのお散歩カメラが入っているのです。

テレビでは放送されなかった貴重なシーンにわくわくしますね。DVDでしか見ることができないので絶対に購入したい1本ですよ。

ゆきちゃんの魅力が詰まった『ゆきのまほうのへや』も見れちゃう

いないいないばあっ! 画像:prtimes.jp

今回のDVDはゆきちゃんの魅力が詰まった『ゆきまほうのへやスペシャル』の名作選が入っている大満足間違いなしの1本になっていますよ。

こちらのコーナーは、ゆきちゃんが大きな星がトレードマークの「まほうののり」を使って工作をする様子が見られますよ。一体どんなものを作るのか気になりますよね。

その内容はDVDを見てからのお楽しみです。

商品詳細

  • タイトル:『いないいないばあっ!ほめられちゃった』
  • 発売日:2018年3月21日(水)
  • 定価:3200円(税抜き)
  • 収録内容:げんきげんき、のりものステーション、おにぎりぽんなど
  • 特典:歌本付き、歌詞表示機能付き

2018年もいないいないばあっ!を子供と一緒にたのしもう

いないいないばあっ! 画像:prtimes.jp

とても充実な内容で定番の人気曲だけでなく新しい曲もあり、飽きずに最後まで見ることができます。そしてかわいいキャラクターたちはもちろん、カラフルな背景やテンポ良い曲は子供たちが夢中になるポイントです。

テレビ放送だけでなくDVDならではの楽しみがあるので、ぜひ家族みんなで見てくださいね。筆者の子供たちもいないいないばあっ!にくぎ付けなため、こちらのDVDを購入したいと思います。

DVD以外にも2018年3月7日にはCDも発売され、2017年12月27日(水)からは『NHKいないいないばあっ!がんばれ がんば!』が配信スタートしていますので、チェックしてみてくださいね。

2018年もいないいないばあっ!を見て家族で元気に過ごしましょう!

「DVD」「わんわん」「いないいないばあっ!」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧