ピクニック、お花見に!厚手でやわらかな大判レジャーシート4選

寒い冬もあと少しで終わりをむかえ、過ごしやすい春がやってきます。春になるとお花見やピクニックへ行く方もいるのではないでしょうか。そんなときに必要となるのがレジャーシート。レジャーシートは100均やコンビニでも売られていますが、厚手でふんわりとした大きなレジャーシートだと、思わず寝ころびたくなるほど気持ち良いですよね。ねんねやハイハイの時期の子供がいるママたちにとって、外出の際大活躍間違いなしです。

PIXTA

春は子連れピクニックをたのしもう

徐々に寒さもやわらぎ、だんだんと暖かくなって春が近づいているのを感じますよね。春と言えば桜が至る所で咲き始めますが、やっぱり外せないのがお花見です。会社の人たち、親戚、ママ友、家族と一緒にお花見をする人も多いのではないでしょうか。きれいな桜を見ながら食事をするのは日本ならではの風習ですよね。

そんなお花見に必要不可欠なものといえばレジャーシート。100均やコンビニなどで手に入るレジャーシートですが、買ってみると薄くて座ると痛かったという経験をした方もいるのではないでしょうか。

特に小さい子供がいるとハイハイをしたり寝転がったりするので、痛い思いをさせたくないですよね。子供がいる場合は厚手で大きめのレジャーシートだと助かります。今回は大きいだけではない、ふんわり気持ちよいレジャーシートの情報を集めてみました。

思わずレジャーシートの上でお昼寝をしたくなるほど気持ち良いアイテムに、ママも大満足間違いなしです。

大きいだけじゃない!ママも子供もうれしい厚手のレジャーシート4選

ピクニック PIXTA

ピクニックやお花見に使うレジャーシート、買ってみたけど思ったよりも座り心地がいまいちだったということありますよね。筆者もママ友とピクニックをしたとき、出先で購入したレジャーシートが薄くてお尻が痛くなってしまった経験があるので同じ思いをしたママもいるのではと思いました。

できるなら厚手で大きなレジャーシートを使ってたのしみたいものです。今回はママにおすすめの厚手なレジャーシートを紹介します。

1.洗濯機で丸洗いOK!『コンパクトレジャーマット』

コンパクトレジャーマット

洗濯機で丸洗いOK、コンパクトになるレジャーシートです。

まずは洗濯機で丸洗いができる『コンパクトレジャーマット』。お花見やピクニックで使うと食べ物や泥汚れがつきますよね。大きなレジャーシートの手洗いはとても大変で面倒ではありませんか?洗濯機でそのまま洗えば手間がかかりません。

カラーバリエーションが全11種類と豊富なのもうれしいポイント。断熱に優れたポリ塩化ビニルを使用しており、通気性、はっ水性もかねそなえたレジャーシートになっています。

ベビーカー下の荷物置きに入る大きさになるので、邪魔になりません。

2.模様がカラフルで気分を盛り上げてくれる『コンパクトレジャーシート』

コンパクトレジャーシート

お花見、運動会、遠足など、季節やシーンに合わせてレジャーで大活躍。

カラフルなデザインがピクニックやお花見をより一層盛り上げてくれるレジャーシートです。

レジャーシートの裏面は防水のコーティングを施しており、地面からの湿気を遮断してくれます。持っていくときや使い終わったときは簡単に折り畳めて、表面はマジックテープでしっかり固定し持ち運べます。

家族皆で広々使えるレジャーシートですよ。

3.ストラップで持ち運びが簡単『肩ひも付きレジャーシート』

肩ひも付きレジャーシート

こちらのレジャーシートも他の商品と同様水洗いができるので、汚れてもサッときれいになります。

裏地はアルミで保温性に優れ、地面からの冷えも防止できます。水ぬれにも強い素材のレジャーシートなので湿気もシャットダウン可能。

レジャーシート表面は手触りの良いブランケットのような質感で気持ちよく座ることができますし、ゴロゴロ寝転ぶのもOK。ポップなデザインが目をひきますね。

肩ひもをかけて持つことができるので、楽に運べますよ。

4.ふわふわなコストコの商品『PARASOL レジャーマット』

PARASOL レジャーマット

こちらは会員制スーパーでおなじみのコストコから販売されているレジャーシート。キルティング生地で作られたレジャーシートはふわふわで座り心地がとても良く、思わず寝転びたくなるアイテムになっています。

大きめで大人だけでも十分広く使えますし、春だけでなくオールシーズン活躍してくれる優れもの。畳んだ状態は他の商品に比べ大きいですが、ポケットがついているので小物をしまうことができます。

厚手レジャーシートを持って春のレジャーをたのしもう

ピクニック PIXTA

暖かい気候の中、おいしい料理を食べながら過ごす時間は家族にとって素敵なコミュニケーションの場です。

大きくて厚手のレジャーシートがあれば座り心地も良いですし、赤ちゃんも自由に動けます。荷物が多くても置く場所も確保できますね。

また機能性だけでなくデザインもカラフルで、気分を盛り上げてくれるのに一役買ってくれます。

筆者の子供はレジャーシートの模様を見ながら、何が描かれているのか楽しそうに教えてくれるのでコミュニケーションのきっかけにもなっていますよ。

今回紹介した商品以外にも厚手レジャーシートはあるので、ぜひお好みのものを探してみてください。

今話題の記事

「レジャーシート」「花見」「ピクニック」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧