コウケンテツさんに聞く、俺の子育てルール

こどもの世話に手を焼いているお父さんはいませんか?一方、世の中には子育て上手なパパもいます。その差は何か?とっておきの秘訣があるのでは?「キッザニアの窓」では、育児に熱心なお父さんたちのマイルールをご紹介。料理家のコウケンテツさんにお話を伺いました。

3児の父、料理家・コウケンテツさん。

テレビや雑誌などで活躍されている料理家のコウケンテツさんは、小学2年生になる長男と、5歳の長女、そして生後3ヶ月の赤ちゃんを育てる3児の父。こども向けの食事のレシピや書籍も出されており、こども達への愛情が料理を通してひしひしと伝わってきます。「我が家では何よりも食事を大切にする」と語るコウさんが教えてくれたのは、ずばり、食に関わる3つのルールでした。

ルール1:朝食と夕食の時間を決める。

食事の時間って、こどもの世話に合わせて決めがちですよね。我が家では、朝食は7:15から、夕食は18:30からと決めています。これは何があっても動かしません。「どんなに忙しくても、みんなそろってこの時間に食べる」と決めてしまえば、この時間までに仕事を切り上げるようになります。

僕は自宅が仕事場で、妻も一緒に働いていますので、協力してテキパキと動くようになるんです。さらに我が家では、こどもも一緒になって料理を作ります。昨日は、長女にはきゅうりやセロリを切ってもらって、ピクルスを作りました。お手伝いというよりか、もはや戦力ですね(笑)。

僕は、食がど真ん中にある家庭で育ったんです。食事の時間がずれると父の機嫌が悪くなるし、おかわりをしたら母に褒められた。食べ物を残したり、食べながら遊んだりしたらすごく怒られて。そのくらい食事の時間を大切にしてきたんです。

けれど、そんな我が家にも悩みが…。最近の学校って宿題が多くないですか?夕食の時間までに終わらせるのが大変で…。僕がこどもの頃は、やった覚えがないんですけど。なんとか免除できないでしょうか(笑)。食事の時間をきちんと確保したいですから。

ルール2:食事は1時間かけて、ゆっくり食べる。

我が家の食事の時間は、それぞれが話をぶちまける時間です。

各自がその日にあったことを話し、思ったことを溜め込まずに吐き出してもらう。貴重なコミュニケーションの時間ですね。ですので、食事の時間は1時間くらいたっぷり取ります。「おしゃべりはいいから、ご飯食べようね」と僕が言うくらい、こども達もたくさん話します。

でも、こどもって気分屋で、日によってはあまり話さないことってありますよね。そういう日は、僕から話を振るんです。「今日は誰と遊んだの?」とか「鉄棒はどうだった?」とか。「学校はどうだった?」と抽象的な聞き方するよりも、なるべく具体的なトピックを投げかけてあげると、こどもも返しやすいみたいです。

中でも鉄板のネタは給食トーク。「今日の給食は何食べたの?」という質問から、話は広がります。おいしかったものに関しては、その料理をうちでも作って欲しいと言われることも。先日はシチューを作りました。

我が家のは食べないくせに、給食のはおいしいと言うんですよ。最近の給食ってレシピをもらえて、それを見るとすごく良くできてるんですよね!うちの子は、「量が少ない!」っていう苦情を言ってますが(笑)、そのくらいおいしいみたいです。

ルール3:2週間に1度は、外食を。

僕は、“手作り料理を食べさせよう”、といった活動もしているのですが、外食をしに出かける日もあります。2週間に1度くらいでしょうか。実は、もっと多くてもいいかもしれないとも思っています。

というのは、僕たち親も、日々の家事から解放される日を作ったほうがいいからです。手作り料理が義務となって、負担になったら楽しくないですから。出前やお惣菜を買うことも、僕はいいと思います。

よく外食に行く場所は、居酒屋です。こう言うと「えー、家族で!?」と驚く人もいるかもしれませんが(笑)。うちの子は和食が好きで、特に出汁を使った料理が好きみたいで。いわしの梅煮とか、大好きです!枝豆は食べるし、刺身も好き。こうなると、行き先はファミレスではなく、居酒屋になるんですよね。

実は僕、世の中の“お子さまランチ”に不満があって。なんで洋食しかないんだろう。和食をベースにしたものがあってもいいのになって。うちの子のように、洋食があまり好きではないお子さんがいたら、居酒屋も選択肢のひとつに入れると、外食の機会も広がるし、お父さんやお母さんも、よりラクになれるかもしれませんね。

コウケンテツ/料理研究家

大阪府出身。旬の素材を生かした簡単でヘルシーなメニューを提案し、テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍。プライベートでは3児の父親として日々子育てに奮闘中。著書は、『今日なに食べたい?』(新潮社)、『おやつめし』(クレヨンハウス)、『弁当』(講談社)、『コウケンテツのおやこ食堂』(白泉社)など多数。

記事提供:キッザニアの窓

今話題の記事

「コウケンテツ」「パパ」「イクメン」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!