みんなどうしてる?幼稚園のお弁当と必要な栄養素について

幼稚園に通うようになって初めて親元を離れて食事をするというお子さんも少なくありません。特にお弁当は「お母さんのいない場所でお母さんの作った食事を食べる」という特別な体験です。お子さんの為に一生懸命作っても食べてくれない…そんなことのないように、残さず楽しく食べて、栄養もばっちり取れるお弁当作りのコツをご紹介します。

幼稚園児の栄養バランスのとれたお弁当とは?

大切なお子さんが食べるお弁当には真心を込めて作りたいですよね。見た目もよくて、栄養バランスもあって…って考えると面倒に感じてしまいますが、そこまで難しく考える必要はありません。

そもそもお子さんにとってどのような食べ物を詰めれば理想的なお弁当になるのか、必要な栄養量と参考にしたいポイントをまとめました。

お弁当に必要な栄養素の分量は?

お子さんの食べるお弁当には主食やおかずなど、どのくらいの量をつめたらよいのでしょうか?

  • 全体量:1日に必要な栄養量の1/3
  • 主食(ごはん・パン):お弁当の1/2
  • おかず:お弁当の1/2
  • タンパク質(肉・魚):おかずの1/2
  • その他(野菜・いも類):おかずの1/2

ついつい、たんぱく質や炭水化物などに偏ってしまいがちですが、お弁当も普段家で食べている食事をお弁当箱に詰めるだけだと考えれば、献立も立てやすくなるのではないでしょうか?

見た目にこだわリ過ぎて栄養が足りていないのはお子さんにとっては痛手となってしまいます。お子さんが嫌いな食べ物でも、お弁当となるとすんなり食べてくれる場合もありますので、いろんな工夫を試して一番いい方法を見つけましょう。

栄養バランスのいいお弁当づくりのポイント♪

苦手なものや野菜を残さず食べてくれるかな?栄養に偏りがないかな?と、ついつい考えこんでしまうお母さんために、お弁当づくりのポイントをまとめました。

食べやすさ

お箸やフォークを使わずに、気軽に手で食べられるお弁当は、お子さんも自然と手が伸びやすいようです。揚げ物はピックに刺す、おにぎりやサンドイッチは一口サイズに!

また、おかずとおかずの間は適度な隙間を空けて、指でつまみやすい空間を作ってあげることで形を崩さずに食べることができるので心がけたいポイントですね。

栄養満点だけどちょっと苦手…という食材は、細かく刻むなど食べやすく工夫してあげることでお子さんの「食べてみようかな?」というチャレンジする気持ちを刺激してみましょう。

お子さんのお弁当ってどのくらいの量を詰めればベストなのか迷ってしまいますよね。家ではたくさん食べていたとしても、同じ量を幼稚園で食べてくれるとは限りません。むしろ環境が変わった状況では食べものがのどをなかなか通らないといった場合も考えられるでしょう。

お子さんに幼稚園での生活に早く慣れてもらうためにも、たくさんの量を無理矢理食べさせようとするのではなく、ちょっと少ないかな?というぐらいの量が最適です。

食べられなくて残してしまった罪悪感を抱かせてしまうより、食べきったという満足感をお子さんに与える機会にしていければいいですね。

見た目

今流行りのキャラ弁。幼稚園時期のお子さんは、お弁当の見た目の可愛さも「食べたいかどうか」を決める重要なポイントになります。お子さんがお弁当を残してしまっては、せっかく考えた栄養バランスが偏ってしまいますので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

色合いが鮮やかなお弁当なら、見た目も美味しく栄養も取れて、お子さんも喜んで食べてくれそうですね。どうしても彩りが足りないときは、お弁当箱やカップ、ピックで彩りを取り入れるとお弁当がぐっと華やかになりますよ。

冷めても美味しい

美味しいお弁当のポイントは「五味五色」です。五味とは、

  • 酸味
  • 苦さ
  • 甘さ
  • 辛さ
  • 塩味

五色とは

  • 白(糖質)
  • 緑とオレンジ(緑黄色野菜)
  • 白と黄(淡色野菜・果物)
  • 赤とピンク(タンパク質)
  • 白と灰色(カルシウム・鉄)

一つのお弁当の中に五味五色がそろっていると、食べた方は満腹感と満足感を抱くそうです。さらに黒と茶(ミネラルと食物繊維)が加われば、体調が整って快適な生活が送れると言われています。

苦手な野菜

苦手な野菜は肉巻きにしたり、おにぎりに混ぜることでカモフラージュができます。また、カレーやパウダーやソースなどの調味料で味を変えてあげても効果大です。

視覚に訴えるキャラ弁などにしても、食べてもらいやすいでしょう。

お花見のお弁当レシピ!簡単でおしゃれな作り方おすすめ8選

関連記事:

お花見のお弁当レシピ!簡単でおしゃれな作り方おすすめ8選

春の陽気が漂う3月。桜の開花が気になる季節となりました!そろそろみなさん…

みんなのお弁当をご紹介!

実際にお母さんがお子さんのために作ったお弁当を画像付きでご紹介します。

1.みかん狩り遠足のお弁当

本日 幼稚園では「みかん狩り」~♪夕べのドシャブリも、今朝にはすっかり上がり^^元気にお弁当と水筒持って行きました! 出典: riesan.exblog.jp

ヘタの部分になっているピックが食べやすさと色合いをプラスしてくれていますね。「早く食べて遊びたい!」というお子さんの気持を汲み取り、おかずも食べやすい大きさにカットされています。

色合いもカラフルで可愛いお弁当ですね♪お母さんの愛情と工夫がいっぱい詰まったお弁当です。

2.15分でできる!ペンギンおにぎりのお弁当

今日は俵オニギリでペンギンを作ってみました。簡単にできるのでおすすめですよ^^ 出典: www.recipe-blog.jp

キャラ弁というと、細かくて時間がかかるイメージがありますが、15分で簡単にできると忙しいママにとっても嬉しいですね。お子さんも、お弁当箱を開けて可愛いおにぎりを見たら喜ぶのではないでしょうか♪

3.運動会にお勧めDRAGONBALL&おかず色々

クリリンのうどん稲荷 めんつゆはジュレにしてかけます^^ 出典: yorokobukao.blog92.fc2.com

お子さんが好きなキャラクターをお弁当にするなんて素敵ですね。お子さんもいつも以上にお弁当を食べたいという気持ちが湧くのではないでしょうか?つい周りの友達にも自慢したくなりますね。

お弁当作りを楽しみましょう☆

料理

幼稚園に入園すると、初めて家族と離れてお友達と一緒に食事をするようになり、お子さんはドキドキワクワクの気持ちでいっぱいですね。家族のいない環境で食べる、大好きなお母さんの手作りのお弁当は、お子さんにとってもお母さんにとっても特別な存在です。

慣れない作業に、始めのうちは難しく考えて緊張してしまいがちですが、そんなときは、見えない場所でわが子がお弁当を食べている姿を想像しながら作ってあげてくださいね。

「幼稚園」「お弁当」「栄養」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!