小児科?皮膚科?赤ちゃんの肌トラブルはどっちに行けばいいの?

お肌のことに限らず、赤ちゃんを病院に連れて行くなら小児科がベスト。ここでは、その理由と、赤ちゃんにありがちなスキントラブルについて紹介しています。ほとんどの赤ちゃんが一度は経験すると言われるスキントラブル。きちんと理解して上手に付き合っていきましょう。焦りや自己嫌悪は禁物ですよ!

赤ちゃんのことは小児科へ

小児科は赤ちゃんのスペシャリストです。赤ちゃんのスキントラブルで病院にかかるなら、皮膚科ではなく小児科で診ていただきましょう。

また、皮膚のトラブルに限らず、お子さんの体について心配なことがあったら、迷わず小児科へ。さらに詳しい検査などが必要な時は、皮膚科など適切な科へ紹介してくれるので大丈夫。

小児科は、病気のことだけではなく、予防接種や子育てのアドバイスもしてくれる心強い存在です。

どんなスキントラブルがあるの?

赤ちゃん 肌

赤ちゃんのお肌はとってもナイーブ。トラブルを起こしやすく、特に湿疹は、ほとんどの赤ちゃんが経験すると言われています。以下に代表的な赤ちゃんの湿疹について挙げていきます。

  • 新生児ニキビ
  • 乳児脂ろう性湿疹
  • あせも
  • アトピー性皮膚炎
  • 食物アレルギーによる湿疹

それぞれの症状について紹介します。

新生児ニキビ

その名のとおり、赤ちゃんにできる「ニキビ」です。生まれてすぐの赤ちゃんの体内には、まだママのホルモンが残っており、その影響を受けます。皮膚の脂分が作られ過ぎてしまうのが原因です。

乳児脂ろう性湿疹

赤ちゃん 肌

ちょっと難しい名前ですね。こちらも新生児ニキビ同様、ママのホルモンの影響を受けるためだと考えられています。黄色くてうろこのように見えるのが特徴で、ピークは生後1~2か月です。

あせも

赤ちゃん 肌

赤ちゃんは汗をかきやすく、暑い時期に限らず一年中あせもができやすいです。かゆみやひどくなると痛みもあるので、汗のかき過ぎには注意してあげましょう。

アトピー性皮膚炎

赤ちゃん 肌

強いかゆみを伴い、良くなったり悪くなったりしながら長期的に症状が続きます。さまざまな原因が考えられていますが、メカニズムなど現在でも分からないことだらけです。

食物アレルギーによるもの

アレルギー症状のひとつに湿疹があります。消化器官もまだまだ未熟な赤ちゃんは、食物アレルギーも出やすいです。通常は痒がる程度ですぐ落ち着きますが、強いアレルギー反応の場合、命にかかわることもあるので注意が必要です。

ママ、自分を責めないで!

赤ちゃん 肌

「赤ちゃんのお肌はしっとりすべすべが当たり前!」と思っていませんか?スキントラブルに苦しむ赤ちゃんを見て、必要以上にご自分を責めてしまうママさんも居られるかもしれません。

ですが、実は意外と多い赤ちゃんのスキントラブル。そして、ほとんどが、原因不明だったり、ホルモンのせいだったり、ママにはどうすることもできないものなんです。

対策&ケアはもちろんですが、冷静になってじっくり付き合っていくことが大切です。

「小児科」「皮膚科」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!